GO!GO!7188 / 竜舌蘭
【オンリーワン】

竜舌蘭
GO!GO!7188 浜田亜紀子 / 東芝EMI



久々に邦楽を。

GO!GO!7188は独特の手触りをもったバンドであることは、音を聞いたことがある人なら誰でも感じるはずだと思う。
女2人+男1人の3ピースバンドはやはりあまりいないと思う。まぁ、めずらしいのはメンバー編成ではなくて。その独特のメロディ。GSやサーフロックを彷彿とする古き良きメロディやギタープレイが現代ロックと見事に融合し、確実にオンリーワンな存在になっているのは疑う余地もない。

かなりコンスタントに作品を発表している彼らが、メンバーのソロ活動を経て4thアルバムを発売した。今回も漢字のみのタイトル。

「世界はもう味がなくなって 惰性で噛んでるガムみたいだ」という詞から始まる、#1.赤い月に吠える夜で、今回は大人な雰囲気で行くぞっていう気概が感じられる。続く先行シングル#2.青い亀裂は、これぞGO!GO!節を感じる、サビのハモリがとてつもなく気持ち良い。イントロギターリフのエッジが効いていて、思わず頭を振ってしまう#3.バイオレットの空。千日紅を「赤いポンポン」と表現するあたりがGO!GO!らしい#5.千日紅。と、GO!GO!節が炸裂しつつも、前作2割増しのエッジ感がロックバンドとして、きっちり成長している手ごたえがある。
さらに、GO!GO!以外にこういう曲は絶対書けない#6.くのいち、爆裂ロック#7.タクシー。っと"らしさ"が十分に出た楽曲を経て、切なさ満載の#11.考え事、ノーテンキなメロに心を刺すような歌詞が印象的な#12.大人のひみつ。っと、相変わらず平均点の高い内容。

それにしても、今回は歌詞がかなりいいね。空想すぎず、あきらめてもない等身大の女の子が感じられる内容は、相変わらずいいけど、そこにちょっと刹那的な感じが入ってきて惹かれるものがあるよ。「君に勇気を出せないあたしがいる」なんて、すごくいいよ。
それに、リズム隊っ!相変わらずカッコイイっ!ターキーのドラムはホントに聞いていて気持ち良いねぇ。ベースは前よりも歪みが強くなっているけど、それが音の厚みにつながってるね。3ピースで、ほとんど楽器も重ねてないのが、すっきりしていて今までもよかったんだけど、音の厚みにちょっと不満だったから今回の全体に歪ませたのは正解だと思うな。

ん~あとはメロが若干弱くなったかなぁ。やっぱり歌としての強さは2ndが一番だと思う。

それでも、十分満足な内容です。数少ない邦楽の好きなバンド。これからも応援してきまっせっ!
[PR]
by shimo_g | 2004-11-01 23:22 | 音楽
<< ANDREW W.K / I ... やったーっ! >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング