ANDREW W.K / I GET WET
【あ、兄貴っ~!】

アイ・ゲット・ウェット~パーティー・一直線
アンドリューW.K. / ユニバーサルインターナショナル



まず最初に、更新少なくてごめんねぇ~。
CDはいっぱいあるんですが…

というわけで、満を持して今回はアンドリューの兄貴の登場ですっ!
まさしく、バカか天才か紙一重の人間アンドリューW.K。こぎたねぇあんちゃんが、大量に鼻血を出しているジャケに完全に一目惚れして、発売してすぐ購入。2001年だったかな。

もうね、ほんとぶっ飛んだよっ!

#1.It's Time To Partyで、高らかに宣言するこれからの宴のはじまりに続き、「死ぬ気でパーティー!」と歌いきる#2.Party Hard。イントロ流れた瞬間暴れだしたくなるね。
爆音ギターに合わさるピアノがとても心地いい#4.Ready To Die。ザクザクと切り裂くようなリフが印象的な#7.She Is Beautiful。みごとな楽曲のスイングがたまらない#9.Fun Night。とまさに名曲につぐ名曲のオンパレードっ!
まさしく、笑い泣きの歌詞がとても心に染みる#10.Got To Do It。『運が尽きたってやるしかねぇ 不満だらけでもやるしかねぇんだ あきらめるんじゃないやるしかねぇんだ 好きなこと片っ端からさ』というサビのフレーズに泣きそうになる。
続くアルバムタイトル曲の#11.I GET WETは、これぞアンドリューっ!っと言った全開アドレナリン放出ナンバー。気が付くと一緒に歌ってるもんね。そして、どん尻に控えし、パーティーロックアンセム#13.We Want Funっ!もうほんとに何度聞いたことか。

音はなんて言ったらいいのかな。ハウスのようなはっきりしたバスドラの音に、エッジの立ったギター、そしてガンガン鳴り響くピアノ。っと、今まで聞いたことのないような音なんだよね。ラウドでポップで。
でも、何よりこの音楽に惚れるのは、やはりアンドリューW.Kという人間の人間性だと思う。ライブで客に負けずに暴れすぎて、頭を打って救急車に運ばれたり。ジャケ撮影で「ちょっとまって」って言って、自分の顔をパンチして鼻血を出す(血のりじゃないらしいよ。)あたりのぶっとんだとこもあれば、「誰かが5秒でも喜んでくれるなら、俺はそれを全力でやる」っていう、産まれながらのエンターテイナーっぷり。そして、何よりもポジティブな精神性。だから、日本ではアンドリュー兄貴って呼ばれるし、ファンのみんながまさしくその存在を愛してる。かくいう、俺もその1人。

とにかく楽しければいいじゃなくて、「全力で、死ぬ気で楽しむ」という姿勢は、まさしくロックそのもの。

絶対聴いて欲しい名盤。ほんとに素晴らしいですっ!
[PR]
by shimo_g | 2004-11-07 11:36 | 音楽
<< OCEAN COLOUR SC... GO!GO!7188 / 竜舌蘭 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング