THE MUSIC / THE MUSIC
【踊れ、踊れ。】

The Music [Enhanced]
The Music / Capitol



ポップミュージックの世界というのは、いわゆるイス取りゲームだと思う。消費される対象がなくなると、同じカテゴリに新しい消費材料が現れてくる。それを考えるとどの時代でも、人間の何%とかはメディアというものに作られた、カリスマというのを好むものなのかもしれない。

ただ、ロックの世界ではなかなかそうはならない。確かに産業ロックと言われるべき音楽もあるが(○ス○ッドなんて典型だ、そもそもアイドルなのかな?)、ロックというカテゴリに分類するしかないけど、確実にその幅を広げるようなバンドが数多く存在するからだ。

THE MUSICはロックという音楽の幅を広げるバンドであることは、聴いたことがある人なら納得できると思う。なかなかタイミングがなくてずっとチェックしていなかったのだが、新星堂の冬のセールをきっかけに手に取りました。

歪みに歪みまくったギターと、独特のリズムパターンで始まる#1.The Dance。伸びやかなボーカルフレーズに、ブリブリなり響くベースラインが完全に体をもってく。続く#2.Take The Long Road And Walk Itは、ドラムの裏打ちハイハットが恐ろしく気持ちいい。ノイズを撒き散らしながらも、時折印象的なフレーズを吐き出すギターが憎いね。ディレイの効いたギターがトランス感をあおる#3.Human。打って変わってタイトな音作りと歌をしっかり感じる#4.The Truth Is No Words、まさにグルーブ爆裂!って感じ。
ギターの弦を締め上げるような、印象的なチョーキングフレーズが脳裏に焼き付いて離れない#5.Floatっ!中盤のギターと共にスキャットするボーカルは鳥肌もんっ!「ザッピーポー!サッピ-ポー!」と力の限り叫ぶボーカルと、人力リズムマシーンフル回転の#7.The People。とにかく気持ちいいっ!ボーカルメロを前面に押し出して、またもや人力リズムマシーンフル回転の#8.Getaway。後半の4つ打ちバスドラと狼の雄叫びのようなボーカルが、ハウスと熱いロックの融合のようで、頭をガツガツ振ってしまうね。

っと、アルバム前面に押し出された、人力によって叩き出されるクラブミュージックのようなダンサブルなリズムが、機械には出せない圧倒的な熱量をバシュバシュと放出している。こういうバンドがぽこっと出てくるのがロックの面白いとこだよ。

既にこのバンドは2ndアルバムも発表しています。俺は試聴しただけなんですが、あまり凄まじさに試聴機の前で硬直してしましました。なるべく早く手に入れて、紹介できればと思っております。
[PR]
by shimo_g | 2004-11-30 22:57 | 音楽
<< 携帯直りました…でもよぅ… ボーダフォンのバカぁぁぁぁぁぁ... >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング