木村カエラ / KAELA
【the reason for being】

KAELA
木村カエラ / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00065GZJ4



DEPAPEPEの時にも書きましたが、sakusaku好きです。最近はあんま見てないけど…
その番組のMCの1人にセブンティーンモデルでもあるカエラちゃんが出ているわけで、存在を知ったのはその番組から。ただ、モデルってのが先にあったから、初めて番組内で歌声が流れた時に驚愕しました。「メッチャ歌うまいやんっ!!!!」って。シングルはあまり買わない人間なので、アルバムが出るのを待ってました。
んで、ようやく手に入れたわけです。

ギターのディストーションサウンドが鮮烈な#1.untie。相変わらずの英語の発音の良さが、ロックに映えるね。続く#2.You know you love me?は、メロコア色が強いパンク。っと、軽快なロック炸裂のスタート。

#3.あの頃は、歪みとディレイをかけたギターで奏でられるゆっくりとした曲調だが、これが今までのいい流れを見事に断ち切ってるように感じられて残念。もったいないなぁ。シングルにもなった#4.happiness!!!。イントロギターからのハイハット1発がすごく気持ちいい。歌メロもいいし、無駄がとにかくない。全てがうまく収まってる名曲。クラップが気持ちいい#5.INVENTOR、昭和歌謡激ロックの#6.D.T.Sっと、佳曲が続いた後にくるキラーチューン#7.Level 42

鉄を切るようなギターリフが熱い#8.誰。カエラちゃんの声にエフェクトがかけられていて、新鮮だね。#2に続き全編英詞の#9.Because。それにしても発音がすごくいい。さすがハーフだ。哀愁全開のメロと力強いボーカルが素晴らしい#10.weak。後半のサビのパワーは圧倒される。
そして、そして、満を持して放たれるキラーチューン#11.Whatever are you looking for?っ!。ホントに素晴らしい。伸びやかなボーカルに、秋の青空のような哀愁メロ、男女の心のすれ違いとやさしさに、俺はなんだか泣きそうになります。アルバム全体のアウトロのようなまったりムードの#12.solaと、充実した内容。

1stアルバムとは思えない完成度だね。スタッフがカエラちゃんのいいとこをキッチリ理解して、いい楽曲を提供しているのがわかるし、ロックというフォーマットにカエラちゃん自身が映えに映えてるよ。
全編を通して歌詞を見ると、音楽がやりたいっていう気持ちが滲み出てるよね。もともとモデルとして芸能界にはいったわけじゃないから、自分の居場所をしっかり踏みしめてる感じがすごくするよ。the reason for beingっていうレビュータイトルにしたのも、彼女が自分の存在理由をしっかり見据えているから。自分のやりたいことは音楽だってことをね。

the reason for beingは存在理由って意味。

地方の音楽好きとかは「あんなんアイドルだ」とか言いそうだなぁ…
[PR]
by shimo_g | 2004-12-12 09:18 | 音楽
<< PSP騒動。 東京事変 / 教育 >>

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング