WEEZER / MAKE BELIEVE
【帰ってきた問題児】

メイク・ビリーヴ
ウィーザー / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B0007WZULU



ったく、なんでこう"生きる"ことが下手なんだろうねぇ。この人たちは。
待ちに待った3年ぶりの5thアルバム『MAKE BELIEVE』を引っさげて我らがWeezerが帰ってきたっ!
前作4th『maladroit』をWeezerだから良いアルバムなんだよっと盲目的に肯定していたのがまったくもって懐かしいが、今回もそうだったら嫌だなぁっと思っていたわけです。
それでも、ロッキン・オンとか読んでたら結構好評な感じで。期待しつつ購入。



歪みのあるベースとバスドラ、クラップが印象的な、まさしくリヴァース節炸裂の大合唱ソング#1.BEVERLY HILLSの出来の良さにこれ以降の心配がまったくなくなってしまった。そして、イントロからメロが泣きまくりの#2.PERFECT SITUATIONっ!あぁ、Weezerだ。まさしくWeezerなんだ。Weezerが帰ってきたよぅ…っといきなり泣きそうになる。サビで入る「singing!」がライブで合唱を誘うんだろうなぁ。続く#3.THIS IS SUCH A PITYは、今までのWeezerにはあまり無いタイプの曲で新鮮。中盤までかたくなに続くギターミュートが印象的。
優しげなアルペジオのイントロから、「抱いて、僕を抱いてくれ」と歌うリヴァースが1stを彷彿とさせる#4.HOLD ME。「Oh~Ohoh~」という切なさこもったボーカルが印象的な#5.PEACE。タメの入ったギターイントロの熱さ、合唱必然のサビがたまらない今作で一番"ロック"な#6.WE ARE ALL ON DRUGS。物憂げなメロが印象的な#7.THE DAMAGE IN YOUR HEART。最初はあまり捉えどころのない印象なのに、後半になってグッと盛り上げる#8.PARDON ME。なんか2ndに通じるものがあるね。
打って変わって3rdのようなスカッと抜けた明るさが印象的な#9.MY BEST FRIEND。「君を抱きしめたいけど、僕ってそういうタイプじゃないからさぁ」って、もう腰砕け過ぎのリヴァースが目に浮かぶ#10.THE OTHER WAY。相変わらずクラップが印象的に入るなぁ。リヴァーヴを効かせたギターが心地良く琴線をなぞっていく#11.FREAK ME OUT。コントロールできない激情を歌う、なんだか"意味深"な#12.HAUNT YOU EVERY DAY

確かに、1st、2ndと比べてしまうとなぁ。っという印象はある。
ただ、今までのWeezerのように、キャリアとまったく違った作品というわけではなくて、1stから4thまでのWeezerをうまくブラッシュアップしたような印象が全体的にある。それに3rd、4thに比べて格段にリヴァースの歌声が感情的になってる。「YEAH~」とか「Oh~」という歌詞以外の部分がエモーショナルに聴こえるんだよね。
あと、全体的にスルメソングな印象。1回目より2回目って感じ。
個人的にはラインはまったく違うが3rdと同じくらいの出来栄えかなぁ。そこはもう好みの世界のような気がする。

それにしても、本当に不器用な人たちだ。だから、まぁ好きなんだけどね。
サマソニ来るなぁ。どうしよ~。
[PR]
by shimo_g | 2005-05-10 21:55 | 音楽
<< せいべえ 【新橋】 ELLEGARDEN / Pe... >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング