THE イナズマ戦隊 / 馬鹿者よ大志を抱け
【不器用でいいじゃないか】

馬鹿者よ大志を抱け
THE イナズマ戦隊 上中丈弥 白井良明 / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B0002VL6UA


「からくりサーカス」という大好きな漫画がある。その2巻の裏表紙の中に作者の藤田和日郎氏がこう書いている。

強い奴は見たいよなァ。
なんていったって男心が騒ぐものなァ。
きれーな女もいいよなァ。
でもそれと同じくらいにー
やせがまんする奴も、自分は好きだなァ。
色んなものを背負っちゃってへたりこみたいのにさ、まだよろよろ立ってる。
そんな奴に自分はホント魅かれっちまうなァ。
きっと世の中はそんな奴だらけなんでしょう。お疲れさま。

この言葉をそのまま音楽として体現しているのが、THE イナズマ戦隊だと思う。
荒々しくて、不器用で。バカバカしいのに、繊細で。
熱くて、熱くて、前しか見ないのは、後ろをみたら崩れてしまいそうな自分がいるからで。
例えそれが拙くとも、響くものは心にあるわけで。

初めて聴いたのは「応援歌」だったろうか。
体育館の中で力の限り熱唱する姿に、思わず目頭が熱くなったの思い出す。
それからずっとずっと引っかかっているものがあって、
もうこのアルバムが出てからもちょっとたっているのだが、
なんとなく手にとってみた。



「ナンバーワン、ナンバーワン、ナンバーワン」と繰り返す出だしに、初めて聴いた時は「うおぅw」と軽く引いたが、純度100%の男ロックに思わずにやける#1.バカ者よ大志を抱け。空回りする毎日だって「まだまだやれるだろっ」って、一緒に泣いて笑いながらガッツポーズする#2.パーダラ・ブギ~後悔するにゃ若すぎる~っ!印象的なホーンと、サビの情熱ボーカルがたまんない名曲ですよ、これはっ!
「俺は俺でいいよ」って自己肯定がこっちの胸をすっと軽くしてくれる#3.ロマンチックが泣いた。もう"らしいなw"とにやける#4.根性ロックスター。この段階でイナ戦の世界に完全どっぷりつかりまくって、肩まで入っちゃうよね。
口笛から、激情ロック全開の#5.嘘つきのバラード。いつだってホントの優しさに気付くのは、遅すぎるんだよ。都会に出てきて、いろんなモノを見失うけど、やれることをつらつらと続ける#6.背中に猫を飼っちまったんだ。宴会の席で感じる楽しさと、「また明日がくる」せつなさを歌った#7.飲んでゴーゴー。心を閉じてしまわぬように、ありのままを大切に、「小さな事にも感動を」と歌う、バイオリンが印象的な#8.後悔するなら反省を。っと、背伸びせずに等身大の世界がぐっと胸に染みこむね。
きっと男だって感じて変われる、恋のパワーを歌う#9.恋の馬力。ってか、この人たちがこれやるとなんかカワイイねw。印象的なアルペジオが、「大人になって落としていった何か」の切なさを誘う#10.月明かりの下。そしてそして、涙なしでは聴けない#11.のらりくらいで10年後。辛かったら辛いって言ってさ。調子悪かったら、ちょっと休んでさ。無理しなくていいから、のらりくらりで生きていこうと歌うその声に想いを重ねてしまう。
しんみりした気持ちに、出口がないトンネルはないって想いと、熱いロック魂がぐっとくる#12.陽はまた昇る!!。「1、2、3、ゴー!!!」の掛け声と、うねるベースがたまんない#13.三都物語っと気持ちいい本編の終了。
そしてそして、間髪入れずに続くボートラには名曲#14.応援歌っ!終始続く「ソーレっ!」の掛け声と、怒鳴り散らすようなサビが印象的だが、なんと言っても無骨でストレートな歌詞が胸に染みる。なんでも、ボクシングの夢を諦めてた友人が、またボクシングを始める時にできた曲らしい。こうして友人を思える気持ちのなんと熱いことか。楽曲にも、それが反映されていて気持ちいい。

演奏面はしっかりしていて、何気に手数の多いドラムとうねって歌うベース、ロックの醍醐味をしったアプローチをするギターと基本的には安心できるが、やはり全体に漂うストレートすぎるメロが若干気になる。もう少し捻ってもいいかな?と。
あと、歌詞は基本的に熱くて好きなんですが、似た語句がちょっと多いのも気になるところ。もう少し回り道して想いを伝えれるようになれば、無敵なんだが。
でも、その不器用さすら気に入ってしまうのが不思議なとこなんだがw

多分10人いたら、8人はあんまり、1人はいいねで、もう1人はサイコ-だぞこのやろぅっておもうんじゃないかな?ただ、#2.パーダラ・ブギ~後悔するにゃ若すぎる~#14.応援歌についてはロック好きなら、安心してオススメできます。

なんにせよ自分は大好きですよっ!

あっ、あと、からくりサーカスはメチャメチャおもしろいです。すでに40巻近くでていますので、なかなか購入はできないかと思いますが、漫画喫茶で3巻までとりあえず読んでくださいなw3巻読み終えた段階でもう止まらなくなるはずw
特に20巻あたりからの驚愕の事実は、ホントにすごいと思います。
[PR]
by shimo_g | 2005-07-05 23:09 | 音楽
<< 木村カエラ / 1st TOU... 1周年。 >>

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング