Arctic Monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not
【4番でピッチャーの大型ルーキー】

ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット
アークティック・モンキーズ / Domino/Hostess
ISBN : B000E113SS


地殻変動のように徐々に噂が噂を呼んで、有名になるバンドがいる。
アークティック・モンキーズは去年の中盤以降では、かなり頻繁に聞くバンド名だった。本国イギリスではもの凄いことになってるとか、日本でのライブは即倒ものだったとか。

イギリスではなんと新人アーティストなのに、チャートでは初登場1位をかっさらったり、日本では異例の洋楽アーティストのシングル発売されたりもして、聞いてみたかったのだが、やはりアルバムが聞きたいと待っていた。

そしてようやく聞いたこのアルバム。

ホンモノだわ。これ。

タイトなドラムと、ノイジーなギター、性急なボーカル、シャッフルするリズムにもうやられてしまう#1.VIEW FROM THE AFTERNOON。後半のたたみかけるような勢いに息を飲む#2.I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOORっ!ファンクのグルーブから、ノイズギターの嵐に変わる#3.FAKE TALES OF SAN FRANCISCO。これでもかって感じで叩きつけるブレイクの心地良さに、我を忘れる#4.DANCING SHOES
もうこの段階で、彼らの世界にぐっと持ってかれてしまう。
前へ前へ打ち鳴らすようなダウンピッキングのリフから、印象的なメロディが頭から離れない#5.YOU PROBABLY COULDN'T SEE FOR THE LIGHTS BUT YOU WERE STARING STRAIGHT AT ME。イントロからの強烈なグルーブにくらくらする#6.STILL TAKE YOU HOME。消え入りそうな孤独な存在を暖めるような、やさしい#7.RIOT VAN
またもや永遠と繰り返されるリフに、頭ん中が溶けそうになる#8.RED LIGHT INDICATES DOORS ARE SECURE。クリアなカッティングギター、哀愁ただようギターソロの#9.MARDY BUM。ノイズを撒き散らすギター、ブーストするベース、破壊力のあるドラムが一丸となって、うちならすグルーブが圧巻の#10.PERHAPS VAMPIRES IS A BIT STRONG BUT…
そしてそして、泣きそうになるようなメロディから、レイジのような硬質ギターが打ち鳴らされる、#11.WHEN THE SUN GOES DOWN。それにしても、この曲はホントかっちょいいっ!リフもメロも最高ですわっ!
全編にわたる焦燥感全開のボーカルが熱い#12.FROM THE RITZ TO THE RUBBLE。ラストはドコドコなるドラムから、ブレイク、ブレイク、ブレイク、そしてするどいナイフのように緊張感と、哀愁ただようサビにぐっと聞き入ってしまう#13.A CERTAIN ROMANCE

「あっはっは、こりゃすげぇわぁw」ってのじゃなくて。
「あ、これすごいな」って言うような、地に足がついた迫力がある。
とてもメンバーは19,20歳とは思えないねぇ。

ギター2本、ベース、ドラム、ボーカル。使い古されたフォーマットだし、別段新しいって感じではない。ただ、どの曲もアークティック・モンキーズにしかできない緊張感というか、凄いバンドが出てきた時に感じる、そのバンド特有の空気感に圧倒される。

メロディが簡単でわかりやすいってわけじゃないので、あまり洋楽を聴かない方にはなかなか良さがわからないかもしれないが、聴いているとジワジワ毛細血管まで侵食されていって、ある日突然、脳内のシナプスに興奮物質が届いて反応するかもしれない。
多分そこまでいったら、もうこのアルバムから離れられないかもしれないねw

ジャケもカッコいいし。

自分にとっては、ストロークスが満たしてくれなかった物が確実に存在するバンド。
いや、あれはあれでいいんだけどさ。

イギリスNME紙では「アークティック・モンキーズはオアシス以来のこの国で最大のバンドになるだろう」っと大絶賛してるみたいですな。ちなみに、オアシスとは系統全然違いますけど。それだけのインパクトがあるってことでしょう。

確実にこれからの1,2年はこのアルバムが、世界の音楽界を揺さぶることになるでしょうな。今年の終わりは、多分このアルバムがいろんな賞を取ってるだろうなぁ。

現在進行形で世界を揺さぶっている音楽が聞きたければ是非にw

### 勢いで、TBを何件かしましたw 突然ですんません。 ###
### 13曲目の曲名間違ってました、すんません。 ###
[PR]
by shimo_G | 2006-01-29 20:42 | 音楽
<< お引越し計画中。 麺屋厨房 亜屋 【大森】 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング