痛み忘れるべからず。
惨敗。

まさしく日本のドイツW杯に対するもっともな評価だ。

悪夢のようなオーストラリア戦、後悔しか残らないクロアチア戦、舐められきったブラジル戦。どこをとっても明日に繋がる望みさえ絶たれたようなものだ。

日本のFWは残念ながら稚拙だった。稚拙だったが、やはり直接的な原因MFだと思う。間延びした中盤。ディフェンスに回るしかないFW。必然的に前線ラインは押されて、圧迫感がDFを支配していく。

自分の印象はどの試合もそうだった。

確かに気を吐き続けた中田。積極的なプレス、渾身とも呼べるシュート。しかし、彼はチームを決める「1人、ないしは2人か3人」には、最後まで成り得なかった。ワンプレーで流れを変えれる選手となりえなかった自分が悔しかったに違いない。

個人的にジーコの目標は嫌いではなかったし、コンセプトは間違っていなかったとは思う。ただ、あまりに極端だったのだろう。結局日本はある程度の統制を取らなければダメなチームでもあるから。
実は、トルシエジャパン時代に「このまま行って世界で通用するとは思えない」っとずっと思っていた。フィジカルが強くなることも大事だし、流動的な攻めができない限り、結局は中田、中村を潰せば怖いチームではなくなってしまう事が明白だった。

ただ、思うのはトルシエジャパンなら勝っていたとも思えない。ようはあの時から成長が止まっているように思える。それこそがジーコが犯した過ちなのだろう。

黄金世代と呼ばれた79年組。
このまま終わるのか、次に繋がるのかをしっかり見届けなければならない。

俺らの好きなサッカーをこのままにしておけるわけないだろうがっ!

だから、期待する。プレッシャーをかける。
この痛みを決して忘れることのないように。
彼らの人生が勝利で彩られるように。

そして、いつの日か。
W杯で日本が優勝するように。

-----------------------------------------------------------------------------

それにしても、毎日、毎日恐ろしいほどのベストマッチが続きますなw
仕事であまり見られないのが、残念ですが、本当に楽しい時間を過ごしてますわw
[PR]
by shimo_g | 2006-06-28 01:16 | 観察日記。
<< ラストダンスは終わらない。 LOSTPROPHCTS / ... >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング