THE KBC / BOXED BEATS & SHELVED RHYTHMS
【シーンの本命か?】

ボックスド・ビーツ・アンド・ジシェルブド・リズムスEP
The KBC / メディアファクトリー
ISBN : B000GG4CI4



もうホントこれだけギターロックが乱立してくると、もう好みでしか判断できないのですが。
こう考えるとストロークスが与えた影響ってやっぱすごいんだなぁっと思ったり。まぁその前にもいろいろバンドはあったのですがね。

んで、ロッキンオンの10月号(8月発売号)にCDがついていまして、聴いてから「おぉ!これは!」と思ったバンドで、ようやくCD屋にてゲットした本作。

UKのプレストン出身の平均年齢21歳の3人組。
THE KBC。

日本でこういった企画盤が発売されるのもうなずける素晴らしいバンドです。

瑞々しいハイハットの鳴動と、ダンサブルなギターリフが印象的な#1.Pride Before The Fall。鮮烈なピロピロサウンドから、全てを飲み込むブレイクで一気にもってかれる、3分間アンセム#2.Not Anymoreっ!最小編成のシンプルさながら、キッチリ踊れる#3.Poisonous Emblem

っと、もうすごく簡素なのに、絶妙な"揺れ"があって素晴らしい。

徐々に輪郭を帯びてくるbeatが心地よい#4.Day Of Disillusion。裏打ちのハイハットと、絶妙なハウスサウンドが混ざり合って作り出すカオスをたたっきる硬質ギターが面白い#5.K.B.C。スペーシーな打ち込みと、シンプルなベース、ギターフレーズが聴き手の介入する隙を見事に作り出す#6.Trippin

ラスト2曲はRemixだが、#7.Not Anymore(The Whip Remix)は打って変わってアシッド(で、いいのかな?w)な感じに仕上げられ、#8.Poisonous Emblemは、不穏な低音が徐々に踊れるbeatを刻むのが非常に面白いですな。

別に歌や演奏がうまいってわけじゃないけど、曲に対するサウンドプロダクションが非常に秀逸かと思います。基本的に快感原則にのっとった音楽ですし、自分はかなりお気にですわw

最近のギターロックは何を聴いても、なーんも感じないんですがwこれはちょっとお薦めですね。来年初頭とアナウンスされている1stフルアルバムにかなり期待してます。

ただ、収録曲がかぶりそうだなぁ…。
[PR]
by shimo_G | 2006-10-10 21:03 | 音楽
<< もうやんカレー利瓶具 【西新宿】 マキシマム ザ ホルモン / ... >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング