2006年に出会った音楽たち。
というわけで、今年も後1週間になりましたね。

まぁ、ホント個人的には色々あった年となりました。まぁそっちの話は今年最後の更新で書く事になるかと思います。

音楽関係について、色々綴っていこうかなと思います。購入しても紹介していないアルバムも結構ありますし。

今年の最初はアークティックモンキーズのアルバムでスタートって感じでしたね。洋楽新人バンドなんに日本であんなに話題になるとは思わなかったです。断続的にシーンに話題を提供していましたし、今後の飛躍に期待してますわ。

んで、ゼブラヘッド。彼らの新作は本当に素晴らしかったです。新ボーカルの影響が凄くてミクスチャー、メタル風味って感じの楽曲でも全体的にカラッとしたメロディは生きていて、長く聴けるいいアルバムでした。

春あたりからかなり良い音楽と出会う事が続きまして。Loonieとか夏に新曲出しているみたいなんですが、こちらはまだ聴けてません。唯一と言って良いほど好きなHip-Hopグループなので、アルバムが出たら欲しいなぁ。

ハイカラのアルバムも良かったです。未だにオレンジレンジの弟分的な扱いされてたりしますけど、彼らのメタルっぷりは最近の日本にはあまりないバンドですので、まだまだ飛躍できると思います。とりあえず、男のボーカルのシャウトやデス声をミックスで音量さげんなっ!っとだけ言っておきます。…ほんと勿体無い。

サンボマスターは一世一代の音楽って感じで、世間の緩い印象をふっとばすぐらいの名盤でした。ただ、今年の俺の精神状態的に聴いてると"しんどく"なってしまって。今、久しぶりに聴いてこの記事書いているのですが、"絶望と欲望と男の子と女の子"聴いてちょっと泣きそうになってますw。「生きろ!」ってこんな直接なメッセージはないっすよ。

個人的にかなり残念だったのが、レミオロメンのアルバム。正直"褒めるとこを見つける事ができない"ぐらい、自分にとってはガッカリでした。2ndの土臭い感じが好きだった自分としては、小林武史のプロデュース作品として、メジャー感アップになった新作は全体に温かさではなく、ぬるま湯的グダグダ感がありました。その中でも"粉雪"がロックを兼ね備えた名曲であった事が救いではありました。

レッチリのアルバムは言わずもがなでしたが、やっぱりもっともっとファンクして欲しくもありました。そんな中何気なく聴いたロストプロフェッツがかなりの当たりでしたね。贅肉削ぎ落としたハードコアって感じでメロディアスであり、攻撃的である良い作品でした。

後、紹介はしていないのですが、NOFXのニューアルバムも同時期に購入しています。こちらもベテランがしっかり頑張った良作でした。紹介しなかったのは単純に曲数が多かったからw。

7月にもの凄く色々欲しいアルバムが出て。チャットモンチーのメジャー1stはホント良かったと思います。個人的には椎名林檎の無罪モラトリアムが出たような感じのアルバムでした。locofrankもかっこよかったし。実は同じ日にアンドリューW.Kの新作も購入しているのですが、可もなく不可もなくで…w。まぁアンドリューの兄貴はある意味"別格"的存在なので、これからも買い続けるんだろうなぁ。

ダークホース的にかなり聴きまくったのが、実は"姫スカ"でした。ガールズポップスカ最高っ!って感じです。別に派手な技術なんていらないし、とにかく"楽しい"って事が精神的に楽でしたね。この後実はyum!yum!ORANGEのDVDを購入しております。凹んだ時とか結構見てましたw。

あ~あとMUSEの新作とかもね。良かったっすわ。なんか、毎回MUSEのアルバムは凄すぎて何も言えないって感じになってますが、良い具合にほぐれて来たら書きたいなぁっと思ってます。

秋ぐらいから、仕事が一段落付いて、今まで買ったCDを聴き漁る日々って感じでしたね。マキシマムザホルモンのDVDはかなり見ましたね。一緒に歌いましたw。

んで、ラストにELLEGARDENとマイケミの新作が出て。ELLEGARDENは一山越えたって感じがしますし、マイケミにおいては一気に3山越えたって感じで。もうホントにマイケミ、マイケミ、ELLEGARDEN、マイケミってヘビーローテーションしてました。今でもしてますしね。

マイケミのアルバムが凄く良かったので、今年はこのままCDを買わずに終わりそうな予感がします。というわけで、この記事を書いているのですが。

最近はかなりジャンルレスな選曲、購入が続いてますね。クラブジャズ系ももっともっと掘り下げて行きたいし、実は最近トランス興味持ってます。しかもパラパラとか踊れちゃう感じのやつ。なんか、ビートマニアとかやってたらそういうのもありになってきました。RAVEとかそっち系もいいですし。

ただ、基本的に"大盛り"という単語が似合う方の人間ですので、クラブ最先端とかはちょっと違う感じもしてて。だから、猥雑なポップトランスあたりから手始めに聴こうかなとか。でも、アルバムとかのジャケが凄いギャル向けなんばっかなんで、それをスーツのおっさんがレジに持って行けるのかが気になりますw。でも、そんぐらいの羞恥プレイが出来るぐらい聴きたいんだったらそれもありですわ。ネットに逃げませんw。

まぁ、なんとなく最終的に言いたい話に近づいてきたので。

伊集院光が"球漫"という野球漫画が好きで好きでしょうがないって本を出しているのですが、その中で、「マンガもゲームもテレビもラジオも、全てそうだ。大好きになって大好きになって好きで好きでしょうがないが故に突き詰めて、結果立ち尽くす。」って言っていて。さらに、「期待が大きいが故にがっかりすることもしばしば。その上、新しい楽しみの評論分析が始まり、ついにはアラ探しに発展。で、気が付けばもはや自分に向けて描かれたマンガなんてない状態に。目が肥えたなどというつもりはない。特殊な読み手になってしまっているということだ。」と書いていて。

これが、自分のロック、音楽に対する状態ととてもよく似ていて。基本的にとっちらかった音楽嗜好をしている自分は、既に特殊な聴き手になっている気がするのです。そもそも残念ながら27歳に向けた音楽なんてほとんどなくて、多くのロックはやはりティーンに向いているのでしょうし、30後半や40代になって行けばそれこそJAZZに傾倒していくという道があるのでしょうが、そこに行くにはまだ早すぎて。

そこまで攻撃性を失っているわけでもなく、かと言って世の中を皮肉っている事の無意味さも十分わかってしまった年代にいる自分が、何を持って音楽を聴く情熱を保っているのか自分でも良くわからなくなっているんですよね。そういう状態になると、大好きな気持ちが徐々に「昔はこうだった」とか、「ここでドラムのこの叩き方」はないだろうとか、アラ探しになっちゃう部分もあって。でも、当然そんな聴き方してても、何にもないんですわ。少なくとも自分にとっては。

それに今それを楽しんでいる人たちに、冷や水ぶっかけるような事なんてしたくなくて。
売れてるからって「あんなのはロックじゃない」とか、「ただのポップじゃん」みたいな事はホント言いたくなくて。だって、そもそも俺のような人間に向けられた音楽じゃねぇもの。

でも、自分に向けられてなくても、自分を楽しませてくれる音楽を大切にしたいんです。

やっぱ、とにかく音楽が好きで好きでしょうがないんすよね。もう、これは理由なんてなくて。
ってか、理由があってもそんなん関係なくて。好きという既成事実だけで突き進んでいるようなものです。

そりゃ、人なんで好き嫌いはありますし。良い悪いもあります。もっと良くなって欲しいと思って、自分なりの意見もするでしょう。でも、ホントそれを好きな人たちに冷や水ぶっかけるような批判や否定をしたくはないですね。

こうして今でも興奮させてくれて、涙を流せて、震える事の出来るものをこれからも大切にしていきたいなぁっと思います。ポップであれ、ロックであれ、それこそクラシックであれ音楽に違いはないのですから。

この年になって、新しく自分を楽しませてくれるものなんてほとんどないですしね。

来年は更なるジャンルレス化が進むと思いますが、「相変わらず無駄に熱いなぁ~」とでも思って頂ければw。

それでは~。
[PR]
by shimo_G | 2006-12-24 00:01 | 音楽
<< クリスマスっていいよね。 今の高校生がうらやましい。 >>

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング