LINKIN PARK / HYBRID THEORY
【世界が渇望する男達】

ハイブリッド・セオリー
リンキン・パーク / / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B00005MG2Y


というわけで、LINKIN PARK。何で今更?って感じですが、5月にニューアルバムが発売とのことです。楽しみだなぁっと思って。久々に1stを聴き直しております。あまりに時代感を飛び越えているので、ご紹介。

まぁ、知ってる人の方が多いかもねぇ。

警告のサイレンのような単音ギターから、一気に爆発するギターリフ、飄々としたラップに悶絶ヴォイスで昇天する#1.PAPERCUTでの軽い挨拶に続き、一瞬でモッシュのタイミングがわかるギターリフを携えた#2.ONE STEP CLOSER。中盤のスクラッチとシャウトの掛け合いがやばいっすよ。さらに、ダスト・ブラザーズが作ったビートにのる破壊力のあるギターと哀愁メロで悶絶する#3.WITH YOU

完璧な序盤。

隙間のあるドラムを基盤としつつ、ギターリフでリズムを構築し、チェスターの悶絶ヴォイスをこれでもかと楽しめる#4.POINTS OF AUTHORITY。スペーシーな打ち込みから、感動的なまでに全てを内包するギター、哀愁漂うメロ、見事なボーカルワークの#5.CRAWLINGっ!そしてそして、ギターが鳴り出した瞬間にモッシュするしかねぇ#6.RUNAWAYっ!!!ベタなドラムパターンの威力が半端じゃないし、中盤のシャウトの連発も熱いっすよっ!ラストも完璧。さらに、イントロだけで完全に"イケる"#7.BY MYSELFっ!チェスターの絶頂シャウトに絡みつくマイク・シノダのラップが最高っすよっ!!!!

哀しげなピアノの音色から、焦燥感と絶望感をブレンドしたような凛としたラップパートに続き、達観したメロディの着地点が素晴らしいアルバム最重要曲#8.IN THE END

独特のリズムパターンに徐々に音を重ねて圧倒的な世界観を構築する#9.A PLACE FOR MY HEADっ!後半、ぶち切れるチェスターのボーカルがここでも素晴らしい威力を発揮してる。0.1秒で空間を歪ませるギターノイズのから、その歪みを正そうとするメロの戦いに終始圧倒される#10.FORGOTTENっ!インストの#11.CURE FOR THE ITCH。そしてそして、ラストは泣きメロ満載の#12.PUSHING ME AWAYっ!!!

いや~久々に聴いたけど、やっぱすごいっすわ。
もう7年ぐらい前の作品なのですが、全然古くないっすね。今でも全然楽しめます。音もいいし。

リンキンパークってすごくわかりやすいよね。聴いた瞬間にモッシュのタイミングもわかるし、無意識に体動かしてる時あるぐらい、DNAに訴求するというか、もうこれ人間に刻みこまれてんじゃねぇの?って部分にダイレクトでアクセスしてくる。
どの曲でも一音も無意識で鳴らしてないんだろうな。とにかく作り手の手を離れた音が一音もない。恐ろしいほどの完成度です。

一時期には沢山いたヘヴィロック、ミクスチャーバンドですが、今ではメインストリームにいるのは数えるほど。そうした中で、たった2枚のアルバムで生き残ったリンキンパーク。

次作はべヴィロックの在り方まで変える作品だとか。楽しみです。

オリジナルアルバム2枚で4,000万枚以上の売り上げ。
売れた枚数だけが全てじゃないけど。

売れ続けるのには、理由があるのです。
[PR]
by shimo_G | 2007-03-10 11:54 | 音楽
<< あぁ、幻覚が見えるぜぃ… 終わらない、ゲームブーム。 >>

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング