Arctic Monkeys / Favourite Worst Nightmare
【隙間のカッコよさに気付いたのか。】

フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー
アークティック・モンキーズ / バウンディ
ISBN : B000O5B0Q4

1stが日本でもかなり売れたアークティックモンキーズ。
この2ndは4月発売で、自分は5月には購入していたのですが、自分の中で評価にすごく困ってしまいまして。物足りない気もするのですが、2ndの後に1stを聴くと、これはこれで1stが物足りなく感じてしまう部分もあったりします。

というか、方法論としてまったく別物のような気がするのですよね。

息を吸ったまま吐けなくなるように、スリリングなオープニングナンバーの#1.Brianstormに脳天をガツンとやられ、隙間のあるギターリフながら、溢れるような焦燥感が良い意味で居心地の悪さを感じる#2.Teddy Picker。そして、アンプのビリビリとした鳴動が眩暈を起こすような#3.D is for Dangerousっと、序盤から前作から踏襲した方法論を見つけるのが難しい。

音はまぁ近いけど、鳴らしている意識が決定的に違うような気がする。

前作と同じようなハイハットの鳴動と、性急なギターフレーズはあくまでアクセントであって、まったく別次元の力強さを表現している#4.Balaclava。そして、腰が砕けそうな緩いイントロギターフレーズが、徐々に体への浸透圧を少なくしていく#5.Fluorescent Adolescent。バイオリン奏法を利用し、幻想的でありながらも、突き放すように見据えた視線を感じる#6.Only ones who know

どこか達観している。

胸騒ぎのようなドラミングに、不安を旋律に変えたようなギター、悟りを説くベース、破裂する#7.Do me a favour。ヒステリックなギターフレーズが座りの悪い空間を作り出す#8.This house is a circus。そして、不安渦巻く心の内を見透かされたように鳴り響くギターの威力が恐ろしい#9.If you ware there, beware

収まりが悪いんだ。

その想い全てを0.1秒のブレスで吹き飛ばし、一気に世界を塗り替える#10.The Bad Thing。そして、地盤ごと世界を踊り狂わすような#11.Old yellow bricks。ラストは、一要素抜ければ全てが崩れてしまいそうな、鬼気迫る#12.505

前作にあった、独特の寂れた街の埃っぽさを感じるような空気感は失われていないし、さらに前作にはなかった隙間のカッコ良さが存分に溢れている。

が、手離しで褒められるほど簡単な作品でもなく。
どうも前作が好きだった人が多いようですが、気持ちが分からないわけでもなく。

なんというか、とにかく収まりが悪いんだよね。

それをすっきりさせるために、また繰り返し聴いていたりして、
それはそれで、凄い作品だと思うのです。

前作と完全に次元は違うし、それはどちらが上というわけじゃなくてね。
まぁ、次代を担うってのは自分達で言ってるわけじゃないから、こっちの勝手な期待ですしね。

次の作品がどういう作品になるか楽しみですわw


Arctic Monkeysの作品
----------------------------------------------------------------------------------------
Arctic Monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not
[PR]
by shimo_G | 2007-07-19 22:24 | 音楽
<< 脳内メーカー。 ま、ま、ま、マジですか??? >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング