LOST HORIZON / A Flame To The Ground Beneath
【聴いて驚けっ!震撼しろっ!これがメタルじゃぁ!】

ア・フレイム・トゥ・ザ・グランド・ビニース
ロスト・ホライズン / ビクターエンタテインメント
ISBN : B00006HBQ3

いやぁ、なんと言うか今年のレビュー選曲は邦楽ばっかで、自分でもそろそろ飽きてきたので、今月はHM/HR系オンリーで行こうかと思っております。

ただ、先々月ぐらいにCDを一気に70枚ぐらい処分して、その中にかなりメタルがあったので、我が家にははっきり言ってメタルがあまりありません。しかし、まぁその中でも生き残った精鋭達ばかりですので、基本的に聴いて損はないはずw。

4枚は紹介しますっ!
…自分の首を絞めている気もしますが…ってか、今棚見たらほとんど紹介したやつばっか…。
アーティストは昔紹介したのとかぶりそうw。

ロスト・ホライズンはスウェーデンのメロディックメタルバンドでね。俺は全然知らなかったのですが、とあるサイトで「これはやば過ぎる」という評価を見て買ってみようかなと思ったのです。自分は1stは聴いてないのですが、メロディックスピードメタルとのこと。2ndはファストナンバーはないのですが、曲展開の中で速い部分があるって感じですかね。

んで、2ndを聴いた時にホント凄すぎてね。「…うわぁ…やべ…なにこれ…」なんてうわ言のように呟いて聴いていたと思います。

宇宙空間に投げ出されたようなSEの1.TRANSDIMENSIONAL REVELATIONから、急転直下の鋼鉄ブチギリギターにのっけから脳天直撃を受ける2.PUREっ!!!流麗で棘があるギターフレーズと、大地の鳴動を体で感じるようなツーバス連打、そして人体の限界を軽々と超えるボーカルワークにまさしく悶絶っ!さらに中盤のメロ、ギターソロで完全に撃沈ですわっ!
そしてオープニングナンバーの勢いそのままに突入する3.LOST IN THE DEPTHS OF MEっ!!!!荘厳なオープニングからまさしく失禁級のイントロギターソロっ!魂抜かれかけますわw。全編を彩る鋼鉄ギターリフもとても心地良く、なによりVo.ダニエルの圧巻のボーカルワークっ!本当に素晴らしいっ!ラストの怒涛の45秒で完全に放心状態にもってかれますっ!
続くシングル用として作られた4.AGAIN WILL THE FIRE BURNは、このアルバムの魅力をとてもわかりやすく濃縮した楽曲。決して早い曲ではないが、Vo.ダニエルの超絶ボーカルはここでも存分に味わえるし、着実とも言える安定したギターリフも心地よいしね。伸びやかなギターソロもたまんねぇっすよっ!

幕間の5.THE SONG OF EARTHも哀愁が漂う良いアクセント。

そしてそして、秀逸なボーカルメロが素晴らしい6.CRY OF A RESTLESS SOULっ!!!怒涛の手数のドラム、ザクザクとリフを聴いているだけで鳥肌が立つギター、伸びやかで哀愁漂うボーカルワーク、全てが怖ろしいほどの高次元の世界で結合して、眩い光を放っているぞっ!!!
さらにさらに、強烈なシャウトから、全ての楽器が渾然一体となり、度肝を抜く攻撃を繰り広げるイントロで完全にやられる7.THINK NOT FOREVERっ!!!またギターがカッコいいったらねぇよ。ホント、このアルバムの中では珍しくピロピロ系のギターソロだしね。最高っすわ!w

ラストは12分という大曲8.HIGHLANDER(THE ONE)。これがまたラストに相応しいドラマティックな曲構成。とにかくダニエル君全開ですわw。11分間ずっと沸点を越えそうで越えず、ラスト1分の彗星のような輝きがたまりませんなっ!!!

アウトロ9.DELIVERANCEで、宇宙の戦士はまた星星の大海へと消えていく。

とにかく隙がない。ホント完璧すぎます。
ボーカルの力は言わずもがなですし、ギタープレイも手数より破壊力重視って感じで、パワーコードがこんなに胸に響くことなんてそうそうないですよ。ドラムももの凄い安定感ありますしね。

何より音の作りが素晴らしいです。中低音の粒子がしっかり分離していて、激しいながらもとても気持ち良く聴く事ができますね。だからかなり爆音で聴いても全然耳が疲れません。むしろ心地良いぐらいですわ。エンジニアの仕事も素晴らしいです。

バンドはこのアルバムを発表後、ボーカルとギターが抜けてしまい、現在はメンバーを探しているとか。ホント残念です。

早いメタルを期待している人は肩透かしを食らうかもしれませんが、これがわかんないんだったらメタルなんて聴く必要ねぇんじゃねぇかとも思うほどの傑作だと俺は思います。

機会があれば是非聴いて頂きたいですね。
[PR]
by shimo_G | 2007-09-05 21:48 | 音楽
<< ご乗車ありがとうございます。 フレンズさんきち 【蒲田】 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング