チャットモンチー / 生命力
【削る勇気】

生命力
チャットモンチー / キューンレコード


さてさて、チャットモンチーのニューアルバム買いました。
良いよ。本当良いと思うよ。

とりあえず、楽曲紹介から。

聴けば聴くほど涙腺に来るイントロギターメロと、乖離したドラムリズム。愚直なほど真っ直ぐなベースライン。そして何より素晴らしい詞の1.親知らずっ!もうのっけから前作の正統アップグレードの楽曲で、「きたぁ!」っとうれしくなってしまいます。サーフロックのような印象を受けるイントロから、最小手数のギターにドキドキする2.Make Up! Make Up!
そして言わずと知れた3.シャングリラっ!跳ねるベースライン、気持ちよいドラムのハイハット、完璧なクラップ、なんだか拙く感じるボーカルがまたたまんないね。踊らせるんじゃなくて、踊りたくなる。この違いが全てだよ。気持ちよく楽しい世界から一転、既に終わってしまった世界を憂う4.世界が終わる夜に。情念篭ったギターソロが熱いっすな。

打って変わって、恥ずかしくなるようなコーラスと、とにかく手数が少ない序盤から一気に爆発するサビの感情が熱い5.手のなるほうへ。アウトロの歪みギターがまた心地良いねぇ。語感の楽しさとギターのカッティングがまた素晴らしく絡み合っている6.とび魚のバタフライ。サビのドライブ感もかっちょいい。
またもや怖ろしいほど少ない手数で緊張感をあおり、サビの歪みギターの爆発がホントに"らしく"感じる7.橙。ラストの一音に魂持ってかれそうになる。流れを引き継ぐように哀愁ピアノに全編彩られた8.素直

そしてそして、9.真夜中遊園地っ!!!!!!
バスドラが体の中心をノックして、太いベースラインが脳をぐらぐら揺さぶり、変態的なギターフレーズに酩酊感。全てを貫くメロが素晴らしい。チャットモンチーの中では湯気レベルの曲だと思う。
間髪いれずに鳴り響く10.女子たちに明日はないっ!タイトル通りの"何かしなくちゃ"と思えるこの空気はなんなんだ。性急なハイハットが熱いよ。
さらにさらに、男が女の子にこんなん歌われたら、ホントどうかしちゃいそうな11.バスロマンスっ!ウェディングソングとしても良いと思うし、爆発するようなストレートな恋愛感情はざらなポップじゃ出せないよ。

直球な楽曲から変わり、3.シャングリラのように踊りたくなる12.モバイルワールドっ!ギターミュートがホント心地良いね。
ラストはギター、ベース、ドラムがかなり乖離した状態から始まる13.ミカヅキ。乖離から融合になった瞬間、震えが来た。らしさを出して爆音ギターで終わるのがまたよいね。

さて、楽曲がポップな為か、「あんなのはロックじゃない」など言っている方もいるみたいですけど。まず彼女達は驚く事に歌詞優先で曲を書いてるらしい。それでここまでポップな楽曲が書けるのは絵莉子の引き出しの多さだし、それに"売るため"の楽曲じゃない事の証明だろう。まぁ多くのアーティストがCDを売っている以上、売れる事を悪く言う事自体の意味がわからないけどね。

大体"売れる"という事の多くは"たまたま"大衆性に合致したというだけの事だ。
狙って当たるんだったら誰だってできんだろ。

前作「耳鳴り」が良かっただけに、明らかなオーバープロデュースでただのポップバンドになるんじゃないかと心配な部分もあったが、まさか「音数、手数」を減らすという最もロックな選択をしてくるとは思わなかったね。
プロデューサーは「ここギター重ねた方がいいんじゃない?」っと絵莉子に何度も言ったらしいが、「いや、ここはこのままで行きます」っと断っていたらしい。それを雑誌で読んで「はー、こいつホント凄いぞ」って思いましたよ。(コイツ呼ばわりですまんw)

多くのバンドがオーバープロディースで方向性を見失っていって、初めて"原点回帰"をするのですが、最初からそれを許さないってのが本当に凄いんですよ。成功すればするほどやめりゃいいのにギターの本数が増えていったりね。有名な海外のバンドだって大体そうやって"失敗"して、原点に戻ってくんだよ。

音圧を減らすという事はもの凄く勇気がいること。
ロックという音楽は楽器を重ねれば重ねるほど"らしく"聞こえるんだから。

当然各楽曲のレベルが高いのは言わずもがなですが、そうした目線から見てもこのアルバムは凄いと思うのです。精神的な意味で自分はもの凄いロックだと思いますし、手数を減らした分の隙間の使い方も素晴らしく、楽曲的にもロックとして高みに達していると思います。

これをやったから、次に音数を増やしても全然オッケーですしね。

ホントこんな事をやってのけるとはなぁ。

あー後、歌詞のレベルもかなり上がっていますね。1.親知らずとかホント泣けますもんw。

当分どう転んでも信用できるバンドになりましたよ。こういうバンドがチャートを賑わせて、ロックフェスに出るというのがとても嬉しいことです。

興味があるなら間違いなく"買い"ですっ!!!!!!


チャットモンチーの作品
-----------------------------------
チャットモンチー / 耳鳴り
[PR]
by shimo_G | 2007-10-27 07:08 | 音楽
<< 1円パチンコ。 どうか俺の記憶を消してくれ。 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング