カテゴリ:ゲーム全般( 45 )

NINJA GAIDEN 2 / テクモ
【俺はこのゲームに何を求めていたのか。】

NINJA GAIDEN II

テクモ


昨年から永遠モンハンばっかプレイしていたので、ちょいとした息抜きにと思って、楽しみにしていたニンジャガイデン2をプレイしました。
本日クリアです。

うーーーーーん…。

正直に言うと、「おもしろかった」とは言えないなぁ。
とはいえ、アクションゲームの最高峰であることは間違いないのは事実なのですが。

しかし、なんだろう…あの残業時間180時間の時でさえ前作はプレイしたくて仕方がなかったのに、今作はちょいと暇でも全然熱中できなかった。
とはいえ、早速2週目をプレイしてはいるのですが。

確かに難しくなってはいるのですが、問題はそれを越えた時の爽快感が見え難いというところ。
前作は確かに慣れてくると飛燕と、イズナ落しばかりしていたので、何となく作業感はあったのですが、その作業感が逆に心地良かったんだよね。
今作は上手くなった先が見え難いんだよね。なんと言うか、駆け引きよりもゴリ押しでなんとかなってしまう感じがキツイ。正直前作よりも適当なボタン連打でクリアできちゃうもんね。

また敵が投げや掴みを使うケースが多すぎて、イライラすることも多い。

リトライも相変らず遅いし。

後は滅却。これアクション苦手な人には楽しいかもしれないが、上手い人ほど「いらない」って思わなかったのかなぁ。やっぱリズムが悪くなる。
敵も手や足がスパスパ切れて、「Z表現はさすがだ」なんて思った人もいるのでしょうが。それも個人的には「いらない」。別になんとも思わないよ。
そういう敵が這いずって自爆しにくるというシステムを入れましたって胸張って開発の方は言ってらっしゃったが、これも「いらない」。

正直、前作よりも劣化したという印象が強かったな。
後は水中での戦いはそもそもいらない。

と、こう書くと凄いつまらないゲームだと思えますが、そんな事はないです。
さすがチームニンジャという出来には仕上がっていると思います。

ただし、前作がアクションゲームとして完成されすぎていたので、どうしてもそっちのバランスを求めてしまうんだよなぁ。

結局、よかれと思っていれた事が自分にはほとんどマイナス要素となってしまった感じですね。

しかもモンハンをプレイしてしまっていると、全体的に緊張感が足りないし。
モンハンより遥かに理不尽だと感じてしまう場面が多い。

終始、残念でした。
[PR]
by shimo_G | 2009-01-18 22:27 | ゲーム全般

ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック / アクティビジョン
【そして僕はランディローズになる。】

ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック(ギターヒーロー3専用「ワイヤレス レスポールコントローラー」同梱)
/ アクティビジョン
ISBN : B0016LXNVK

なんか発売延期になったりして、ぐだぐだぐだぐだケツの穴の小さい事を言ってる人がいっぱいいてうんざりだね。

まぁいいや。

最近は未だにモンハンばっかプレイしてるのですが、たまに息抜きをしたくなるのも事実で。

そんで前から気になっていたギターヒーローを購入。
いやぁおもしろい。
マジでおもしろいね。

コナミのギターフリークスはギター経験者ならわかると思うけど、おもちゃなんだよね。
はっきり言って。あれはギターじゃない。ギターを模したものでもないのよ。

ギターヒーローのすごいのは、ギター経験者すらギターを弾いてる感じがしてくるところ。
ハンマリングやプリングがあるのもあるけど、なんと言っても5ボタンあるところがいい。

これでギターによくあるポジショニングの変化が起きることで、すごくギターを弾いてる感じがしてくる。ハンマリング、プリングも譜面上よく考えられていて、無理にピッキングしなくて良い箇所が結構多いのもギターっぽいしね。

たぶんギター経験者なら難易度ミディアムぐらいは余裕だと思う。
ドラゴンフォースは辛いけど。
ハードもそこそこ弾けると思うし。

初心者なら、ミディアムも結構大変かもね。

それに収録されてるアーティストも凄い。

ガンズ、メタリカ、スレイヤー、ドラゴンフォース、アイアンメイデンあたりのHR/HMも収録されていれば、ミューズにウィーザーあたりも入ってるし。ストーンズや、ストーンローゼズなんかも入ってる。サバス、ピストルズもしっかり押さえてるし。

しかも、ほとんど全曲フルコーラスだしね。
ホントすごいと思いますね。

ハードロックの歴史を楽しめますもん。
なんかホント選曲が俺みたいだもんw。

ただ、HR/HMでは超メジャーな曲なのに、日本では一般人にはあまり知られていないメンツばかりですので、純粋に曲を楽しみにするのはお薦めできませんし。

ギタフリ/ドラマニのようにガールズロックみたいなのは一切ないので(女性ボーカル曲はあるけどね)、アニソン的なものを求めちゃいけません。ポップソングもねぇぞ。

ってか、このスラッシュのジャケ見てそんなのを想像する人はいないでしょうけど。

いや、でもホント音ゲーとしてというか、ギターを弾いてる感を楽しむにはホントに良く出来てますね。ハードタイプのピックでプレイするとオルタネイトもかなり弾きやすくなるので、良いですよ。

なんか、ビートルズや、日本のバンドを入れてくれとか言ってる人もいますが、
はっきり言ってこのドリームチームのような選曲に勝てると思えませんね。

ダウンロードでメタリカの新作が全曲プレイできたり、ドラゴンフォースの新譜もパックで3曲プレイできるのもたまんないです。
特にドラゴンフォースはミディアムでプレイすると非常に気持ち良いっすw。
あのピコピコギターソロ弾いてる気分になるもんね。

おかげで指にマメが出来ましたw。

こんなん昔ギターの練習していた頃以来だなぁ。

XBOXだけでなく、PS2、PS3、Wiiでも出ているので、ハードロック好きならプレイしてみてはどうでしょうかね。

これからもモンハンの間にロックスターになりたいと思います。
[PR]
by shimo_G | 2008-10-25 21:21 | ゲーム全般

動け!動け!動け!動け!動いてよっ!
なんとまぁ。
とりあえず、こちらの写真を見てください。

a0033020_13422140.jpgえぇ。真っ赤に光ってはりますなぁ。
いやゆる「Ring of Death」ってやつですか。ってか、前回修理してから1年経ってないんですが…。ホントどうしてくれよう。確かに今週末はロストプラネットコロニーズが発売されたので、金曜の夜からわけわかんねぇぐらいプレイしていたのですが…。

ってかさぁ。これでニンジャガイデン2発売日にやれないよなぁ。ギターヒーロー3もやばいかも。

ホント、シンジ君のように「動け!動け!動け!動け!動いてよっ!」状態ですよ。

まぁ、これで久々にPSPを起動させることになりそうですな。
パワプロかモンハン買って来ようっと。
[PR]
by shimo_G | 2008-06-01 13:48 | ゲーム全般

マイゲーム事情。
昨年から結構な数のゲームを実はプレイしているのですが、
一回も触れていないので。
ちょいと、書こうかなと思いまして。

まぁ、XBOX360オンリーだけどね。

エースコンバット6 解放への戦火
/ ナムコ
ISBN : B000ORGU3A

まずは結構な数のXBOX本体を牽引した、このソフト。
まぁ、未クリアですがストーリーが普通の人は分かりにくいと感じることでしょうなぁ。オフライン自体は人気があるシリーズだけに卒なくこなしている感じがしますが、オンラインのバランスの悪さはちょいと酷いですね。多分ダメだろうなと思っていたのですが、あえてそこの乗り越えるのでは?っと思い結構期待はしていたのですがね…。

ギアーズ オブ ウォー Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】
/ マイクロソフト
ISBN : B000VO6RG6

噂のギアーズをプレイしました。こちらは海外でデカイ賞ももらい1月で200万本やら、300万本売ったゲームらしいのですが、非常に面白かったです。3人称のシューティングなのですが、物陰に隠れながら、打つという動作が気持ち良く作ってあって、評価されて当然ですわ。
ただ、日本人的には痒いところに手が届いてないなって部分もありますけどね。
それでも、久々に3種類の難易度全てでクリアするぐらいはまりましたね。オンラインはもう外人さんしかいなくて残念でしたけど。
XBOX360持っている人はマストなゲームだと思いますわ。

真・三國無双5
/ コーエー
ISBN : B000VQOK9A

三国無双5やったんですけど、正直なんでシステム変えたの?って感じも多々ありますねぇ。ってか、ホントにねぇ。ネットとかで「毎回代わり映えがしない」とか無責任にダラダラ言ってる奴の事なんて気にしなくていいのに。もともと完成されたシステムなんだから、無理に変えなくてよかったのに。そして販売本数が減っていくのは仕方ないことなのになぁ。
ボリュームはこのぐらいでいいけどさ。いつも多すぎなんだよ。

地球防衛軍 3
/ D3PUBLISHER
ISBN : B000FSBL0U

PS2のシンプル2000シリーズで人気の地球防衛軍がフルプライスになって登場した本作ですが、まぁ正直フルプライスはキツイ内容ですね。でっかい敵がうようよ出てきて、打ちまくって一掃するのは爽快感はありますが。しかし、長くは遊べないっすねぇ。
正直難易度を変えるだけで何周もするってのは、俺にはできませんでした。

Halo 3
/ マイクロソフト
ISBN : B000SYDIZ2

すんません。あんまりプレイしていないのですが、何が面白いのか全然わかりません。
イライラしっぱなしです。

んな、ところ。
ってか、来週から欲しいゲームラッシュですわぁ。

…プレイする時間がないなぁ。
[PR]
by shimo_G | 2008-05-11 20:52 | ゲーム全般

トラスティベル ~ショパンの夢~ / バンダイナムコゲームス
【ゲーム好きがゲームを作るという失敗。】

トラスティベル ~ショパンの夢~
/ ナムコ
ISBN : B000GJ5FHI

さて、お久しぶり。

amazonでのあまりの激安ぶりに思わず購入したトラスティベル。木曜あたりにクリアしました。プレイ時間は27時間ぐらいかな。短くて良いです。50時間のロープレなんてもうプレイできねぇって。

まぁ、感想なんぞを。

■グラフィック
このゲームを語る上で欠かせない部分。とにかくグラフィックの書き込みがすごいですね。ただあまりに箱庭的過ぎて、壮大さは薄いかも。キャラもアニメちっくですが、凄くキレイです。髪の毛とかもしっかり処理されてるし。

■サウンド
音楽も良いですな。心地良いです。また章の幕間にショパンの生涯についての紹介とともに、ブーニン氏のショパン楽曲が聴けるのですが、これ個人的には凄く好きですね。革命とか凄いっすよ。

■戦闘システム
RPGというゲームのもっともゲームらしい部分ですが、これも発想はかなり面白いです。戦闘フィールド上に光と闇の属性を持たせて、キャラの必殺技が変わったり、モンスターによっては外見まで変わってしまうというシステムはかなり面白いです。
しかし、それはあくまで発想が良いというレベルで、自キャラも敵キャラも毎回同じ配置では同じ戦法しか選択しません。敵キャラの配置はもっとランダムでも良いんじゃないですかね。後3体しか敵キャラでないってのも微妙。必殺技で対象の敵キャラ以外も巻き込む技とかあるのですが、ほとんど役に立たないし。結局近接攻撃でボカスカ殴るだけって感じがします。
属性が関係するように、ふっとばし攻撃とかあるとね、もっと良かったかも。敵もそういう攻撃が出来て、闇属性が強い敵なら、闇空間に自キャラをふっとばして自分のフィールドの戦いに持っていくって感じで。そうすりゃ多少戦略性が上がる気がするんだけどなぁ。

■ストーリー
ショパンが死ぬ間際に見た夢を題材にし、しっかりと群像劇に仕立てている辺りは評価してもいいと思う。そもそも話しの筋だけならそんなにダメじゃないでしょ。ネットとかでも「ストーリーがダメ」と言っている人多いですけど、多くの人の指摘はストーリーの部分じゃないです。それについては後述の演出についてで。
後半、比喩や抽象論が多発するため人によっては意味が理解できないようですが、別に親切に書いてないだけで、それほど難しくないです。単純ですよ。ってか、元々シナリオライターじゃない人がこれだけ書いたことは十分評価できますよ。

■演出
物語に深みを持たせるためには演出は凄く重要です。ただ、このゲームの一番ダメなとこは「とにかく演出がしょぼ過ぎる」って事でしょう。例えばキャラの独白がストーリーを進める上での1人よがりなんすよね。ご丁寧に状況を説明してくれていて、それだけに「おいおい、実生活でそんなん人が言うか?」っと突っ込みを入れたくなりますし、状況を説明する上でのテクニックは映像+1言のセリフでなんとでも作れます。とあるキャラが死ぬシーンも一言で十分ですし、バロックの王子の決意の部分なんて「わかっているさ」ぐらいでとあるキャラを映像で抜けば十分だし。そういう部分が中学生の演劇見てるみたいですね。
国の危機的状況も全然描かれてないですしね。ストーリーの筋としてはあるんだから、言葉だけで済ますんじゃなくて、一枚絵でもそういう映像を入れるだけで良いのに。または言葉と同時にそういう国の状況をムービーで流すとか。それだけで全然意識が違ってくると思うのよ。
そういう演出がないからストーリーが凄く平坦に感じるんだよね。なんの盛り上がりもないって言うか、「よし、あの野郎ぶったおしてやるっ!」って気分にならないのよ。
まぁストーリーがダメな部分もあるんだけど、それを演出で補完できなかったのは言うまでもない。ディレクターがもっと映画や舞台を見なきゃダメ。テレビドラマだって良いしね。

とにかく全体的にはデザイナーのセンスは抜群なのに、それを活かしきる事ができなかったって感じですかね。とにかく各ディレクターの力量不足は否めないと思います。ゲームだけじゃなくて、映画や舞台などをもっと勉強して演出方法を覚えないと、センス云々の話にすらならないですよ。時間があるなら製作スタッフ全員で同じ映画を見て、どう思ったかというレベルから初めないと、正直素人の俺がここまで演出がダメだと思うぐらいだもの。

最低限、シーンを進めるためだけのご都合主義なせリフ回しは絶対NGでしょ。

友人が「スタッフロールは見ない方が良い」というのも良くわかりました。

プレイ中はそこそこ楽しめたし、まぁこれが3,000円だったら十分かなと思いますが、本体まで買った人はちょっとかわいそうですね。

暇な時にちょっとRPGやりたいなっと思ったら、プレイしても良いと思います。
[PR]
by shimo_G | 2007-10-08 02:29 | ゲーム全般

ブルードラゴン / マイクロソフト
【"ベタ"をどう評価するのか。】

ブルードラゴン
/ マイクロソフト
ISBN : B000K0DNYU

というわけで、ようやくやる気になって本日クリアです。
感想なんぞを書こうかと。

FFの生みの親、坂口氏が新たに設立したミストウォーカーという会社の第1弾ソフトですね。
XBOX360のキラーソフトとして、かなりの台数のハードを牽引したのも記憶に新しいところです。自分はそもそもあまりRPGというジャンルに魅力を感じなくなった人なので、前回プレイしたのがFF-X2のはず。それでも数少ないXBOXのRPGですので、一度やってみるのも良いかと思って購入です。

やっぱグラフィックは次世代機。水の表現が異常です。街中にある氷も異常にキレイですし。フラットブラウン管ですが、「おーこりゃすごいね」っと普通に思いました。友人いわく液晶だとさらにスゴイっとのことです。

システムは非常にオーソドックス。単純に言えばFFのジョブチェンジのようなものですな。そのジョブ自体も大分少なめですが、逆にそれが良かったと思います。プレイしていて、ラストまで行っても各キャラで半分ぐらいしかジョブを使いませんし。これ以上増える必要性もあまりないかと。FFとかロクに使わないジョブとかいっぱいあるしね。青魔道士とか。

そんなになるよりはコンパクトでいいですし、最近はドンドン戦闘システムが複雑化していって、なまじ"誰でもクリア"できるバランスなので、プレイしていて最後の方で「あー、このゲームってこういう事なんだ」って気づく事すらあるウニ脳ですので。

まぁ良く「キャラクターが16歳に見えない。子供っぽすぎ」っと言っている方もいるのですが、そりゃ私らのようにいろんな情報がある世界じゃないですもの。食べ物だってこんなに良い物食べてるようには感じられないですし。まぁそういう脳内変換すれば、最初こそ違和感も感じましたが自分の中ではオッケーでした。
声優もあってないとか言う人多いですけどね。これも"別に"って感じ。

個人的にこのゲームの一番受け入れなかったのは、とにかく「調べられる物多すぎ!」って事でしたね。基本的に街、ダンジョンにあるほとんどのオブジェクトを調べられる事ができます。もうそれがとにかく苦痛で苦痛で。多分プレイ時間の4分の1~3分の1はそれに裂いていたのでは?っと思うほどです。
まぁ調べなくてもいいんですが、なんか調べたくなっちゃうの。別に調べなくても"クリア"はできます。これがなかったらもうちょい良いゲームだったかと。ただ人によってはうれしいのでしょうが。

さて、ストーリー。
これはベタです。もう本当にベタです。判り易い敵がいて、それを倒すために立ち上がる主人公達。いわゆる勧善懲悪物ですね。ただ、主人公達の心の変遷が非常に丁寧に描かれていると思います。後半で各主人公達の"心の火"が灯るシーンはちょっとぐっと来ました。ちゃんとバックボーンがあって、そこで「このままじゃいけないっ!」っと思うってのは、なかなかRPGにおいて書かれなかったりするのでね。
淡い恋愛模様もそれはそれで心地良かったり。

非常に"ベタ"なゲームです。
しかし、これは確信犯的な"ベタ"でしょう。XBOXというハード柄こういう"ベタ"なゲームは恐ろしく少ないですし、次世代機になったからと言って、新しいシステムのゲームが出ればみんな買うわけじゃないですしね。まぁ第1弾作品なので、力試しという側面もあったかと思います。

ただ、凄く残念なのは、その確信犯的な"ベタ"をXBOXユーザーがあまり理解していないような気がします。レビューサイトなども見たのですが、大体「幼稚すぎる」とかそんなんばっかですもん。"ベタ"なストーリーなどは雑誌とか読んでりゃ想像がついたと思いますし、雑誌とか全然読まないような人がXBOXを持ってるともあまり思えませんが。

XBOXでこういうゲームを出すことに、自分はとても意味を感じますけどね。

実績解除がきつすぎるので、やり込むかはわかりませんが、
自分は十分楽しめましたね。
[PR]
by shimo_G | 2007-07-04 00:25 | ゲーム全般

バーンアウト リベンジ / エレクトロニックアーツ
【モニターの中のスピード狂】

バーンアウト リベンジ Xbox 360 プラチナコレクション
/ エレクトロニック・アーツ
ISBN : B000N8Q5VM


えっと、あれ?前紹介しなかったっけ?と思った方はこのブログを良く読んでますねw

PS2版のバーンアウトリベンジは既にプレイ済みなのですが、せっかくXBOX360を持っているなら次世代機の威力で楽しみたいと思いまして。
プラチナコレクションとして廉価版が発売されて、すぐ購入。ずっと楽しんでおりました。

んで、ようやくオフラインのミッションは全てパーフェクトを取り、残すはユニークテイクダウンだけなので、レビューを書こうかなぁと思いまして。

まぁ知らない人のためにちょっとゲームの説明をしておきますと、このゲームはいわゆるレースゲームなのですが、「相手をクラッシュさせてレースで1位なる」ってなゲームです。街中をぶっ飛ばして、通行車を吹っ飛ばして相手にぶつけてクラッシュさせたり、相手の車にわざと体当たりして壁に叩きつけて、ちゅどーんってな感じ。

極めつけは自分がクラッシュした瞬間に、車体に積んである爆弾を爆発させて相手を巻き込んだり。えぇ、レースゲームなんに「死ねや!ゴラァァァァァァ!」って感じですw

またレースをするだけじゃなく、モードによっては車で渋滞にぶっこんで、自爆し、被害総額を競うなんてモードもありまして。そうとういってますw

んで、俺、これ大好きなのw
海外ゲームならではのいっちゃい方がたまんないのよね。

んでは、PS2版との比較。

■ロード時間は長いけど
XBOX360になったら、ロード時間が短くなっているかな?っと思っていたのですが、それほど短くはなっていないですね。ただ、その代わりロード中にBGMが流れるようになっております。これだけで大分気分が違いますね。

■グラフィックはやっぱキレイ
PS2版と比べると明らかにグラフィックはキレイになってますわ。当然なんですがねw
車体についた無数の傷跡が異常にナマナマしいっす。

■インタフェースは劣化
ん~なんと言いますか、インタフェースの部分はPS2の方が使いやすかったですね。あんま変わらないのですが、BGMの設定とかPS2版の方がいろいろできたと思います。

■エフェクト音がでか過ぎる
全体的にBGMに対してエフェクト音がやけにデカイです。なんかビックリします。
懸命にバランスを取るのですが、それでもデータをロードするまでは通常の設定なので、ビックリしますわ。

■クラッシュイベントのスタートが楽
PS2版だとクラッシュイベントのスタートでゲージがあって、そのゲージを上手くとめないとスタートにミスるなどがあったのですが、XBOX360版はその要素がまったくないです。これが凄くうれしいですね。PS2版だとスタートミスった瞬間にリトライを選ぶしかなかったので。

そんなとこかな。

面白いのは保証しますんで。XBOX360でも、PS2でもやってみて下さいな。
両方とも今は2,980円で売ってるんでね。

XBOX360だとオンラインも手軽に楽しめるので、いいっすわw
[PR]
by shimo_G | 2007-06-23 11:46 | ゲーム全般

アイドルマスター / バンダイナムコゲームス
【キャラゲーだと思います】

アイドルマスター
/ ナムコ
ISBN : B000JG2DA0


というわけで、ようやくベストエンディングにたどり着きました。
4組めのユニットでしたね。ユニット名は"TRF"…。なんで???

アイドルをプロデュースするプロデューサーとして、10人の新人アイドルから1人を選び1年間のアイドル活動を行う本作。今までにない設定でゲームセンターでもコアなファンを獲得して、鳴り物入りでXBOX 360に移植されましたね。

普段はこういうゲームやらないのですが、なんだか気になって購入です。

感想なんぞを以下に。

まずシステム周りなど。

■グラフィック
まぁ60フレームとかそういう技術的な部分は置いといて。グリグリと3Dキャラが動くのにまず「あっけ…」って感じでしたね。ステージでのダンスの違和感の無さや、光の加減で肌の色に影響があるなども、細かい芸が行き届いています。

■ゲームシステム
はっきり言って既存のゲームシステムの寄せ集め的な感は否めません。レッスンも単調ですしね。オーディションのシステムは良くできているのですが、まぁ「ジャンケンがしっかり出来ている」というだけで、当たり前っちゃ当たり前のような気もします。ゲームにおいてはジャンケンのような3すくみが一番面白いですからね。
「他のプレーヤーとの読み合いが熱い」のもわからなくないですが、他のプレーヤーが下手過ぎて読み合いになったことがあまりなかったり…特定プレーヤーが永遠プレイしているのですが、自分との対戦時にオーディション受かったの見た事ないって人が多数います。

■サウンド
アイドルソングの出来は結構いいですが、「そこら辺のJ-Popよりいいっ!」っていうのはそれはそれで無茶があるかと。キャラクター毎にしっかりボーカルが変わるので、同じ曲も新鮮に聞けるのは素晴らしいですね。2人組、3人組になるとまた違いますし。

■ボリューム
10人居て、2人組、3人組のユニットも組めるので、全部のパターンプレイするのはほぼ無理でしょうね。ただこれはボリュームの水増しなので。それでも10人いれば十分食い足りると思います。

以下、気になるところ。

■テンポが悪い
とにかく多くの方が語っているのですが、テンポがかなり悪い。毎回毎回同じ事を見せられるとうんざりします。サクサクプレイできた方が絶対楽しいだけに、イライラすることもしばしば。

■バグ
えぇまぁ結構バグってますなぁ。自分もオーディションに参加できなくなるなどありましたね。エンドロールでデバッグスタッフが1人しかいないのが、手抜き感を感じます。

■リセット
このゲーム、リセットが出来てしまいます。正直これを良いと取るか悪いと取るかはプレーヤー次第ですが、最後までリセットをするかしないかで悩ませられるのは、プレイの楽しさ半減なのは間違いないです。

■マネー
多くのアーケードファンが、「これでお金を落とす量が減るなぁ」っと思っていたはずでしょうが、追加コスチュームなど値段が異常です。1着で1,000円以上って。
マネーの臭いがプンプンします。

っと、ここまで結構印象悪く書いていますが。

このゲームの面白さはこういった部分ではありません。キャラクターに感情移入できるかどうかが全てですね。アイドルとしての成長、苦悩はしっかり物語として書いてありますしね。それに共感できるかどうかが全てでしょう。

自分も最初は漫然プレイをしていたのですが、やはり最初のアイドルのプロデュース失敗から結構楽しんでプレイできましたね。

トップアイドルに絶対するっ!って感じでしたわw

ただ、マイナス面が多すぎるのも事実ですし、何よりキャラクターの年齢が低すぎるのが個人的にはぐっと来ません。受け答えも現実感ないし。

お薦めするのは正直難しいですが、はまる人はトコトンいけるのでしょうねぇ。
[PR]
by shimo_G | 2007-05-20 21:29 | ゲーム全般

LOST PLANET / CAPCOM <追加レビュー>
【頭を使え】

ロスト プラネット ~エクストリーム コンディション~
/ カプコン


なんというか前回のレビューがあまりにも面白い面白いで推していたので。もうちょっとちゃんと書こうかと思いまして。

話もちょいちょい出していましたが、これで一応一区切りって感じですね。

いろいろネット上での評判を見たりしているのですが、自分的にはあまり同意できない意見もありますね。というのも理由がやっぱりあいまいなのですよ。ストーリーが酷いと言う人が多いですが、何がどう酷いのかちゃんと書かなきゃ、レビューでもなんでもないと思いますし。

ただ自分の場合、ゲームのストーリーに期待という物がそもそもほとんどないのですわ。物語として楽しむのだったら映画だっていいし、小説でも構わないでしょう。少なくともアクションゲームにおいてはゲーム性がまず優先です。

んでは、良い点を何点か。

■グラフィックの凄さ
映像はすごいですよ。一面広がる雪景色、雪の中を歩く感触もいいですしね。我が家のテレビがハイデフ対応じゃないのが悔やまれます。ムービーもキレイっす。

■敵がデカイなぁ
キャンペーンモードの敵は基本的にデカイっすねw。最初のプレイの時は、いきなり地面からデカイ奴がポコポコ出てきてビビりました。ステージ終わりのボスもいろいろ趣向が凝らしてあっていいっすわ。

■レスポンスの良さ
プレイしていて、上手く操作できなくてイライラする事がありません。最初は難しかったですが、慣れてくると結構洗練された操作体系だと思います。

■演出が細かい
VS用ショットガンで階段を撃つと、実は欠けます。アップで見ないとわからないですが、そこら辺にこだわりを感じます。

■オンラインがヤバイ
とにかくオンラインがヤバイっすわ。未だに結構やってますね。何回もやっているとプレイするマップは決まってきてしまいますが、気になりません。

などなど。

一般にダメだと言われていることについては、こう考えています。

■ストーリー
こんなもんじゃねぇの?

■オンラインのバランスが悪い
まず、上手い人はあんまりそれを言わないと思う。確かにエネルギーガン、ホーミングレーザーの威力は異常に強いが、そもそも勘違いしてるのは"真正面から戦っても負けるわけじゃない"ってこと。実は両方とも緊急回避でかわせます。タイミングはシビアですがね。
緊急回避でかわして近づいて、マシンガンを撃てば初速はマシンガンの方が早いので、頭を狙って仰け反らせればエネルギーガンだって倒せます。
ライフル対策はとにかく動くこと。またフリスピー型のグレネードがあればそれを投げて、タイミングを見計らってマシンガンを撃って誘爆させます。
基本は自分がやられた時に相手も道連れにしましょう。

ボイスチャットだって使えば味方がおとりになって挟み撃ちにすることで、強力な武器を持った相手でも倒せます。

用はテクニックさえあれば完全にハメ殺しになるケースはあまりないですよ。ハンドグレネードの爆発のタイミングが遅いとかも相手にちゃんとぶつけて投げてるのかな?と思います。一瞬怯むので、その瞬間にマシンガンでグレネードを爆発させることもできますし。「物陰に隠れている敵を倒すのに使えない」とか言う意見を目にした事もありますが、論外です。レーダーにちゃんと映ってるのだから、自分でタイミング考えて投げましょうよ。

また、今まで言った対策は自分がやられる場合だってあるのですから。

個人的に嫌いな部分は、以下の部分。

■文字が小さい
とにかく文字が小さい。指令が読めん…。

■クリア後の特典が無い。
人によっては1回クリアで満足してしまいそう。
でもアクション好きなら高難度やるんってもんでしょうが。

って、とこでしょうか。

そりゃこれが歴史的な名作だとは言いませんが、俺は全然面白いと思いますよ。
アクションは難しければ面白いってもんじゃないですが、難しいからこそ見える物だってあると思うのです。

ゲームはあくまでも道具、それを膨らませるのは、遊び手なんですから。
まだまだ楽しめそうです。

※ついに名指しで「ファッキン!shimog!」と言われるようになりましたわw
[PR]
by shimo_G | 2007-04-21 21:47 | ゲーム全般

ナインティナインナイツ / マイクロソフト
【失敗作】

NINETY-NINE NIGHTS(N3)
/ マイクロソフト
ISBN : B0009P5MG8


というわけで、実は購入していたナインティナインナイツですが…。
本日売却してきました。

ん~なんといいますか…。すごいガッカリしました。

スペースチャンネル5やRezなど基本的に好きなゲームを作っている水口哲也作品ということもあって、「ネットじゃ酷評だけども、やってみたらそれなりに面白いんじゃねぇの?」っと思っていたのですが。

というわけで、ダメな点を何点か。

■無駄に広いマップ
とにかくマップが広くてイライラ。キャラの足を考えるとこんなに広いマップじゃなくていいのでは?って感じ。ちょっとでも寄り道すると、戻るのも大変だし。敵も一塊がちょっとずつ出てくるので、とぼとぼ歩いている時間が長いよね。

■要らないアイテム
もうホント良くわからないのですが、パラメータが下がる装備品がやけにあります。もの凄く強い装備品じゃなくて、ただパラメータが下がる装備があります。意味がわかりません。その昔、PCエンジンであったコズミックファンタジー2というゲーム以来の無駄アイテムゲーです。ちなみに、コズミックファンタジー2というゲームは毒になることがないのに、毒消しがあるゲームでした。

■無駄なシステム
味方の兵士2部隊がくっついて行動してくれるのですが、こちらもほとんど役立たず。指示も出せますが、ほぼ意味なし。

■システムデータが存在しない
一番しんどいのが、システムデータが存在しない事。普通ゲームってシステムデータが存在するから、新キャラが出現した時とかにそっちにデータが保存されるのですが、それがないため「新キャラ出現後に新キャラで1面をクリアしてセーブしないと新キャラが消える」というもの凄い仕様になってます。さらに、BGMなどの設定を変更しても保存されなかったり。

デバッグちゃんとやればすぐわかりそうなものなのに。

などなど、不自然に難しい点など(敵キャラの無敵時間が長すぎたり)、色々挙げだすとキリがないですね。

こうなってしまった原因は明白で、「製作時間が足りなかった」。これに尽きますね。ファミ通のインタビューでも「時間が足りない」と言ってましたし。通常新しいプラットフォームでゲーム開発をするには2年程度必要だと言われていますし。いくらXBOX360の開発環境が優れていても初めての作品はやはり時間がかかるものですし。

この作品は1年4ヶ月という期間しか製作に時間を割いていません。それがモロに影響したということでしょう。マイクロソフトとしても出来るだけ早く投入したかったソフトでしょうしね。

こうなると、カプコンの技術力には目を見張るものがあります。

ただ最近ゲームの世界では発売延期が凄く頻繁ですよね。自分はある意味作り手側(ゲームじゃないですが)の気持ちがわかる仕事をしているので、「お金とは言わないが、時間はもっともっと欲しい」という気持ちは良くわかりますし。1本のゲームソフトを作るためにそれこそ何十人、時には何百人という人の人生が削られている事を考えると、簡単に批判したくないのですが。

マイクロソフトには焦りがあったのだと思います。しかし、それに引きづられて誰も得をしないゲームの発売に踏み切ってしまった事をもっと反省して欲しいものです。

あと、半年時間があればもっと良くなっていた事は確実ですし。

さらに最近はユーザーも「発売延期が許せない」って感じですし。…徹夜して、しんどくなってゲーム作るの辞めたくなるぐらい俺は働いて欲しくないですよ。確かに他人を楽しませるということは大変な事ですし、そういう馬力も時には必要だと思いますが。

誰かが悲しい思いをしたゲームなんて遊びたくないです。俺は。

自分達が納得行くまでやってくださいな。こちらは遊び手ですもん、気長にまちまっせ!

ただ、この作品をみんなに薦めることはないです。
次作があるのなら、ちゃんと作り込んで発売して欲しいですね。
[PR]
by shimo_G | 2007-02-25 21:55 | ゲーム全般

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング