<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

BUMP OF CHICKEN / THE LIVING DEAD
【どうせ死ぬなら、君のために死にたい】

THE LIVING DEAD
BUMP OF CHICKEN / トイズファクトリー



というわけで、インフルエンザで寝込んでました…。会社にはぎりぎり行ってたのですが。
当然更新する元気もなくてねぇ。すんません。

実は今回で100件目の更新です。
やはり節目には思い出深いアルバムを紹介しようかと思いまして。

想いというものは伝える対象がはっきりしているほど強い。というのはよくあることで、「世の中」というより「あいつ」の方が怒りの気持ちってのは自分の中にはっきり自覚できる。同じように大切ってことや、好きって気持ちだって対象がはっきりしているほど強い。

それは音楽でも同じことで。

まさしくこのアルバムはバンプオブチキンというバンドが、自分の(あなたの)ためだけに伝えてくれる大切な想いの塊だと思う。

いくつもの物語の紡ぐ使者が訪れる#1.Openingに続き、世間に後ろ指をさされても、信念という強い槍を貫き通す『彼』の航海を歌う#2.グングニル。理想を捨て現実に追われ、思い出の地で命すら絶とうとする『彼』の思いをつらつらと歌う#4.続・くだらない唄。っとハイブロウな楽曲をポンポンと披露していく。
そして名曲#5.ランプ。誰のなかにだってきっとある「情熱という名のランプ」が、辛いときや悲しいときに、暗くて寒い未来という道を、あったかい光で照らしてくれるっと歌うこの歌詞と、力強いメロに涙が出る。さらにさらに#6.Kっっっっ!嫌われ者の野良猫と、売れない絵描きの友情に号泣。そしてそしてなんといっても、意味深なタイトルの落としどころに震えが来る。弱音や愚痴をぶちまけて、怒鳴り散らして、それでも「かわいいヒト」と自分を受け入れてくれる彼女に初めて伝える思いを歌った#7.リリィ。っと1曲1曲に確かな個性とメッセージが込められてる楽曲に涙が止まらないわけですよっ!
愛する人のために、運命と戦い続ける男とそれを待つ女と二人をつなぐ嘘を歌った#8.Ever lasting lie。自分を縛り続けるのは自分自身と#9.グロリアスレボリューション。そして、聴き手に思いを受け渡す#10.Ending

なんと言っても印象的なのは、#10.Endingの中にある
『さぁ、これから何をするんだい?』
という詩の部分。
この音楽を聴いて、君はどう思う?ってまさしく聴き手に語りかけているわけですよ。
んで、そん時号泣しながら思ったのが、「どうせ死ぬなら、大切な何かのために死にたい」って自分は思ったわけです。まぁそれこそ何が正解かなんてわかんないわけですが。
最初このアルバム聴いた時はそれこそ死ぬほど聴きまくったよなぁ。

「jupiter」後の最小公倍数を取ってるとしか思えないバンプから好きになった人は、もしかしたら合わないかもしれないし、うざったらしく思えるかもしれないけど、バンプがどういうアルバムを作ってきて今にいたるのかよく知らないかたは是非に聴いて欲しい名盤です。
[PR]
by shimo_g | 2005-02-22 23:18 | 音楽

旭屋【蒲田】
吉井怜ブログへTB。
念願の・・・・・

ってか、うまそうだねぇ。ラーメン。
最近食べに行ってないなぁ。

a0033020_22111871.jpg


写真のラーメン屋さんは、蒲田の「旭屋」ってお店のラーメンです。
とろ肉チャーシューラーメンと、チャーシュー丼。
これがうまいっ!
まぁ、有名な山頭火の真似なんだけど。山頭火に比べて値段が抑え目なのでうれしいです。
チャーシュー丼はいつも…ちょっと…しょっぱい…
けど好きなんでっ!

千石らーめんってことは、らーめん千石屋のことかなぁ。
部屋にあるラーメン雑誌で確認。
あぁ、これもうまそうだ。
でも、俺の持ってるこの雑誌に載ってる大森のとある店は激烈にまずかった。
なんだよっ金払って載せてもらってんじゃねぇの?って感じ。

うぅ、ラーメン食べたいっ。

また、TBさせていただきますっ!
[PR]
by shimo_g | 2005-02-08 22:25 | ラーメン&B級グルメ。

THE MUSIC / Welcome To The North
【地に足をつけた成長】

Welcome to the North
The Music / Virgin



というわけで、サンボマスターのパワーのためか、
なんだかほっといても一日30アクセスぐらいあるんで、いいかなぁってw。
音楽について書き出すとCDをちゃんと聴きながらのスタートなんで、どうしても1時間半から2時間ぐらい記事を書くのに時間がかかってしまいます。結構大変なのよw。

というわけで、お久しぶりでございます。
久々の更新で取り上げるのは、THE MUSICでございます。

自分がデビュー作のロックの幅を広げるグルーブの革命にきっちりやられた時には、既に発売済みだった本作。

やっぱり、このバンドはすげぇわっ!
オリエンタルなムードを漂わせるギターイントロに、何度もリフレインを繰り返すサビが印象的なアルバムタイトル曲#1.Welcome To The Northに始まり、このバンドの良さをまさしく詰め込んだ#2.Freedom Fightersっ!もうイントロのドラムだけでぞくぞくしちまった上に、歌物としての高い完成度が嫌でも頭を振りながらいっしょに歌ってしまうよね。

本人達も実験的だという#3.Bleed From Withinは、民族音楽のようなリズムがとても印象的。ん~でも個人的にこの曲はちょっと長すぎでは…。イントロのクラップとゆらゆら揺れるようなギターに、絡みつくボーカルがたまらない#4.Breakin'、ブリブリとドライブするベースがやばい#5.Cessationっと、アゲアゲw(既に表現が古いような…)な感じから、打って変わってゆっくりした曲調の#6.Fight The Feeling。これがこれが、なんと心の奥底に染み渡ることかっ!「空は海を映し出す ダイヤモンドに過ぎない」という歌詞がなんだか目頭の奥をうっすら熱くするよ。
さらに、#7.Guide#8.Into The Nightと、前作に比べて歌物の魅力を感じさせる楽曲が続く。しかし、これが押し並べて良作なのだから、文句はないね。

ドラムの隙間のあるリズムに、永遠同じフレーズを弾きまくるギターが聴き手をどっぷりトリップさせる#9.I Need Love。そしてそして、全てを包括するようなスケール感が印象的な#11.Open Your Mind

前作に比べると全体的に泥臭さがなくなったというか、やっぱすっきりした印象だよね。
早い曲やグルーブ全開な感じの曲は減ったし。そこら辺に若干の物足りなさを感じるのもそれは事実なわけで。
でも、スケール感といった意味ではかなりの成長をとげてるよね。

ほんと、これからが楽しみな人たちですな。

#曲名違ってました。すみません。 2005/02/08
[PR]
by shimo_g | 2005-02-08 00:08 | 音楽

忙しくてねぇ。
最近なかなか更新できてないですなぁ。
すんません。

かなり仕事の方が忙しい+やりたいこと多すぎでw。
とりあえず、今やりたいのは、
・PS2買い替え+ネットワークゲームが出来る環境に。
・ビートマニア2 DXをうまくなる。
・PCにて作曲。ソフト購入して。
・シルバーアクセサリーを自分で作る。
などなど。
金もかかるが時間もかかる。
PS2買い替えはソニータイマーが来たのか、DVDがほぼ読み込めなくなってきたので。
いっそのことBBUnitを買おうかなぁっと思ってます。
PCにて作曲は、「ACID」とかいうソフトが存在しているのがわかったので、それを使ってDTMやってみたいなぁと。
シルバーアクセ自体にはまったく興味がないけど、作る分には楽しそうなので、やってみたいなぁ。

ただでさえ時間がないんだけど、
ってか、仕事やめればいいのか?

あぁ!そうだなっ!
そうすりゃいいじゃんっ!

…ってそんなわけいかないべなぁぁぁぁ
[PR]
by shimo_g | 2005-02-01 23:04

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング