<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

BBQしてきました~w
先週、突然の友人からのメールで、
「日曜BBQやるから来ないかい?」とのこと。

「っぃきますっ!」

イベントごとは基本的に好きなので、参加させて頂くことに。
知らない人もいっぱいいそうだったしね。

んで、場所は神奈川の三浦半島。
自分の最寄駅からは電車で1時間強+バスで20分ぐらいのところ。

朝5時半ぐらいに起きて、仕度してちょっと早めに出たのですが、財布の中身が心細かったので、コンビニATMへ。

日曜は8時から…

んん。そうか。しゃあねぇ。っと思いコンビニで時間を潰す。
お金を下ろして、集合時間ギリギリの電車に滑り込んで、川崎駅から京急川崎はダッシュw
なんとか、9時半には間に合いそうで、一安心。

三崎口駅から、待っていた幹事の方と挨拶もそこそこに、バスに乗り会場まで。
おぉ、海だぁwってか、海来るのなんて大学以来だなぁ。

a0033020_20562217.jpg若干写真が暗くて申し訳ないのですが、BBQ会場からちょっと高台に登るとこんな感じで。曇り空だったけど、途中から日も差してきていい感じに。ほとんど初めて会う方なので挨拶しつつ、BBQの準備をお手伝い。友人と炭をおこしつつ、ぼーっとするw。いやぁ、こういうのいいねぇw
準備が整ったら乾杯だっ!暑い中肉焼きながら飲むビールがうみゃいっ!

a0033020_20555212.jpg残念ながら肉焼いてる写真は食べるのに必死ぶっこいて、撮ってないのですが…まぁなんか焼いてる写真を撮らねばっ!っと思い残骸をw
鶏肉がうまくて感動でしたw


んで、酒が入ってくるとわけわからんテンションにw
今回は友人がmixiで入っているサークルのイベントだったので、全然知らない方ばかりだったのですが、楽しくぐいぐいお酒を飲めましたw多分2リットルぐらい飲んでるw
おかげでへべれけですともw
途中日陰でイスに座ってウトウト…気持ちいい…w
日が暮れて来たので、締めの焼きそばを。実は料理好きの魂がメラメラと出てきてしまって、結構手を出してしまった…。味が薄かったのは申し訳ないですw

へろへろになりながら後片付けをして。皆よりちょいとお先に友人2人と帰宅。

a0033020_21283687.jpg帰りにちょっと小腹が空いたねぇってことで、三崎口駅で謎の食べ物「かんぽこ」(だっけかな?)を皆で購入。"アドマチック天国"に出たそうだが、なんというか予想どうり練り物でしたw


帰りの電車は友人と「クラクラすんねぇw」っと酒が残っているのを実感しつつ、「いやぁ楽しかったw」っと満足な帰り道でした。

皆さん楽しかったですっ!あんがとねぇw
幹事の方お疲れ様でした。下準備かなり大変だったと思います。
次回は4千円取って、千円幹事の手間賃にしていいっすよw
[PR]
by shimo_g | 2005-08-29 21:35 | 観察日記。

SEX MACHINGUNS / HEAVY METAL THUNDER
【にゃ~~~~~~~~っ!】

HEAVY METAL THUNDER
SEX MACHINEGUNS Anchang S.S.S.Joe S.W.Kenjilaw / 東芝EMI
ISBN : B0007KWPCO


ずっとずっと好きなバンドでも、「あぁ、もうダメだなぁ」っと見限ってしまうことがある。
マシンガンズもそういうバンドで。

3rdまではもうメチャメチャ好きだったのだが、4thの出来とCCCDのためのペラペラな音に解散しても全然残念に思わなかったんだよね。
ただ、そうしたバンドをもう1回聴くのには、自分の中に何かしらの言い訳が必要なることは皆さんも良くあるのではないかなぁ。実はラルクは今でもその言い訳が見つからんw

自分の場合は再結成時のメンツも「NOISYいないのかぁ…」って感じで、あんまり興味がでなくて、きっとこのまま聴かなくなるんだろうなぁって感じだったのですが。たまたま試聴機にかかってた新曲の「愛人28」を聴きまして。

…うわぁw
最高カッコいいじゃねぇのっ!

ってなりまして、早速再結成後のCDを購入。
SEX MACHINGUNS名義で5thとなる本作は、新メンバーの力をありありと感じる作品に。

続き。
[PR]
by shimo_g | 2005-08-27 23:35 | 音楽

THE SMASHING PUMPKINS / MELLON COLLIE AND THE INFINITE SADNESS
【虚無感は真実を求める】

メロンコリーそして終りのない悲しみ
スマッシング・パンプキンズ / 東芝EMI
ISBN : B00005GOF3



9月11日-。
まさしくこのアルバムの邦題にあるように、
「終わりのない悲しみ」を世界中が新たに抱えたあの日。

狂騒が入り乱れる中。
後にground-zeroと呼ばれる場所は瓦礫の散った廃墟となった。
ずっと覆い隠されていた真実を垣間見た気がした。

MTVから#1-2.tonight,tonightが流れる。

「あの日は意味のある音楽を流さなければと思った」というのは後日談だが、
きっと誰もがそうだ。

日常の辛さに、大切なことを忘れてしまうのは仕方ないことだと思う。
歯車としてしか機能しない"社会"に対して、思考は常に奪われていくんだから。

映画の中で少年が言う、
「1人の人が3人の人にいい事をしてあげたら、その3人はまた他の3人にいい事してあげる。そしたら、世界中が幸せになるでしょ?」

現実にはうまくいかないことはわかってる。

でも、「あぁ、いいな」っと思う。

あれから世界は何かに向いて動いたのだろうか?
自分は何かに向いて動いたのか?

至極宗教的な理由が優先されて、「戦いは取捨の選択にはならない」と言われて、
あの国のトップは変わらないままだ。

でも、それも人間だとやはり思う。

結局みんなわかってるはずなんだ。
他人は背中を押してくれるだけで、歩き出すのは自分なんだと。

一歩を踏み出すのは、常に君であり僕であると。

自分の世界を変えられるのは自分だけ。
例え裕福でも、例え貧しくてもその帰結は決して変わらない。

だから、"意味のある音楽"を聴かなければと思う。
自分を奮い立たせるために。
[PR]
by shimo_g | 2005-08-24 22:41 | 音楽

【ウイイレ9】目標は酒の飲めるプレイ。
ども、相変わらずオンラインがさっぱりでございますw

ってか、昨日は2人プレイの人と初対戦ってか、言えよっ!
「2人なんですけど、いいですか?」っとかよっ!

まぁ、後半行くまで気づかない俺は俺ですごいと思うが。

というか、皆さんウイイレやる時に、何を思ってプレイしてますかね?
「勝ちたい」でしょうか?それとも「いいプレイをしたい」でしょうか?

まぁほどんどの人が勝ちたいなんでしょうが…

自分の中での最近の目標は「酒の飲めるプレイ」です。
ってかね、大学の時とかものすごいドラムマニアがうまい奴がいまして、
もう見てるだけで、ちょっとしたエンターテイメントなんですよね。

ウイイレでもそういうプレイがしたいんですよね。
自分のプレイを見てるだけで、「酒が飲める人」がいるくらいの
エンターテイメント性を持ったプレイがしたいのです。

前々から言っているのですが、多分それが勝ちに繋がっていくんだと思います。
[PR]
by shimo_g | 2005-08-22 20:48 |  [ウイイレ9]

健忘症ゲットだぜぇいっ!
えっと、とりあえず写真を見ていただければ…

a0033020_23273773.jpg



ええ。先週のファミ通なんですが、2冊ありますよね…

つまり1冊買ってあることを忘れて、もう1冊買ったわけです…
やばっΣ( ̄□ ̄;)

確かに今週はファミ通はお休みだったので、しょうがないってことに…w

ってか、これだけじゃなくてさ。
「うしおととら」の文庫版も11巻を飛ばして素で買ったり…
「BECK」何巻まで買ったかわからんくなったり…

あぁ、このまま老いていくのだろうかぁ…凹むわぁw
[PR]
by shimo_g | 2005-08-20 23:39 | 観察日記。

WEEZER / the green album
【ヌーアルバム発売記念第3弾改め、サマソニ来日記念第1弾】

ザ・グリーン・アルバム
ウィーザー リヴァース・クオモ / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B00005B7U2


というわけで、リクエストがあったので書こうかとw
ただ、ヌーアルバム発売からちょっと時間がたってしまったので、サマソニ来日記念として書こうかなぁっとw

多分サマソニ行った人もいるんだろうなぁ。
おりは今年も行っておりません…

さて、前作『pinkerton』が、内容の素晴らしさは別としてセールスとしてさっぱりだったウィーザー。特にあれだけさらけ出して、総スカンを食らったリヴァースのショックは大きかったらしく、ハーヴァード大学にまた通い始める日々。バンドは活動停止状態に陥り、ベースのマットは脱退と、もうひょっとしたらこのまま空中分解してしまうのでは?っと心配が色濃くなる中、地殻変動は確実に起きていた。
インターネットによる口コミレベルで、『pinkerton』はアメリカのキッズ達に浸透していき、「伝説のバンド、ウィーザー」の地位を徐々に築いていくことになる。そしてみんな夢を見るようになった、「このバンドのライブが見たい-」っと。

この気運が高まるまで、『pinkerton』発売から、実に4年以上もの歳月が流れることとなる。

2000年、地殻変動は表面化する。
まさしく、電撃的、寝耳に水の活動再開をウィーザーは開始する。「ワープド・ツアー」参加、「サマーソニック2000」参加、そして単独ライブっと表舞台に立った生ける伝説を一目見ようと、各地の公演は相次いでソールドアウトになる。

これ以上に、新作を作る理由なんかないだろう。

活動停止中に書き溜めた100曲以上の楽曲から選りすぐりの楽曲をレコーディングし、こうして届けられた3rdアルバム。なんと、前作から約5年の歳月が流れていた。

続き。
[PR]
by shimo_g | 2005-08-20 12:21 | 音楽

【ウイイレ9】もっとも納得ができないこと。
ウイイレを1日2試合ぐらい、ちょこちょこっとやっているのですが。
今回のウイイレでもっとも納得できないことがある。

それは…

「前半と後半で回線のホームとアウェイが変わる」ということ。

これ、よくよく考えたら全然公平じゃないと思う。

というのも回線が遅い人と回線が早い人が対戦した場合。
回線が遅い方が実はかなり有利なのでは???っと思う部分がある。

というのも、回線が早い人は回線が早いということに完全になれてしまうからである。

ウイイレはサーバー側での処理をしていないので、
どちらかのプレステが実際の処理をすることになる。
ホーム側が処理をするのだから、基本的にホーム側で回線が早い人は快適にプレイできる。
アウェイで回線が遅い人は自分の回線が遅いので、ホーム側からデータを受信すること自体が重いのだろう。

しかし、これが逆転した場合。

さっきまでアウェイで対戦していた人間は、
やはり相手側へのデータを送るので重いのかもしれない。

ここまではいい。

ホームでプレイしていた人間は相手側のデータ処理~データ送信~データ受信を待っての動作となる。
つまり前半は快適でも、後半地獄ということがあるのでは?
っと自分は疑っている。というか、ちょくちょくそれがある。
当然前半の感覚が残っているので、後半はまともなプレーができない。

しかし、回線が遅い人間は"オンラインとはそういうもの"という速度しか出ないのなら。
常にそれでプレイしている人間の方が絶対有利だと思う。

確かに前回のように人がワープしたりすることは少なくなった。
回線もおおむね快適になったと思う。

ただ、実際にカーソルの動作が全然違くて試合にならないことが良くある。

8LEの時は、アウェイならアウェイ、ホームならホームでまだ納得できた。
だが、今回は何があってもホーム&アウェイである。

全ての人間が早い回線でできないのは、当たり前なのでそれに対して自分は文句はない。
ただ、前回は自分でホームを作れば、まず快適にプレーできたのが、
今回は強制的に相手の回線速度に合わせなくてはならないのが、納得できない。

なんかなぁ…納得できないなぁ…

相手のキーパーがやけにシュート止めるのは気のせいでいいけどさぁw
[PR]
by shimo_g | 2005-08-17 22:55 |  [ウイイレ9]

【ウイイレ9番外編】ゲームの話をしよう。
今回はちょっとウイイレからはずれるかもしれませんが。
ゲーム全般の方にすればよかったかなぁ?w

ゲームの話をしよう〈第2集〉
永田 泰大 / エンターブレイン
ISBN : 475770173X




「ゲームの話をしよう」という本があります。
この本はゲーム雑誌「週刊ファミ通」という本の1コーナーの「ゲームの話をしよう」をまとめたものなのですが、自分のようなゲーム好きはもちろん、クリエイティブな仕事をしている方、サービス業をしている方に読んで欲しい本です。
基本的には雑談という形式なのですが、テーマはゲームというだけ。著者の永田さんとゲームプロデューサー、プログラマー、ファミ通編集者、芸能人、一般方など仕事も立場もバラバラの人達との、ゲーム雑談をまとめているだけなのですが、これが異常なほどおもしろいです。

この中で語られる言葉たちは、思い込みやいろんなものを含みますが、自分の中の血肉の言葉に確実になっていきます。タレントの伊集院光さんとの対談は今のゲーム業界や、販売規制の波を考えさせられますし、パワプロの赤田さんの話は「ゲームのおもしろさ」を微分した話が読めて、「うんうん。」っと1ゲームファンとして納得する部分が多いです。

んで、なんでクリエイティブな仕事をしている人達や、サービス業をしている人達に読んで欲しいのかというと、「ユーザーの意見なんか全然絶対じゃない」ってことをもっと知って欲しいからなのです。テレビだったら視聴者の意見、ゲームだったらユーザーの意見などありますが、どうも最近「ユーザーのニーズに合うものを提供する」とか言う理由のためだけに、売られている商品が多いような気がします。
なんというか、そんな予定調和の世界って全然面白くないんすよね。

ちょっと前、フジテレビと色々あったライブドア社長が「韓国ではドラマとかもインターネットの視聴者の意見がダイレクトに入ってきて途中でシナリオが変わったりする。作り手の一人よがりよりそっちの方がいい」っというような発言をしていて、あぁ…この人本気でそう思ってるのか?…だとしたら気持ちわりぃなっと思って。

ってか、そんなん少なくとも俺はまったく楽しくないっ!
「多くの人間が望む結末なんて、ただありふれていくだけのものじゃないかっ!」っと思うんですよね。っていうか、そんなんで本当に人の心を打つようなものができるわけがないとも思う。

例えばパワプロの赤田さんが、「乱闘シーンをいれて欲しいという、ユーザーの意見があるけど、絶対入れない。テンポが悪くなるから。それにそんなの2度、3度見たいと思う?」ってことを本の中で言っているのですが、そういう切り捨てができる人ってやっぱすごいと思う。

今の世の中貫いてるなぁって思うものって少ない。

確かにインターネットが普及して、一般の人の感想や意見を見聞きすることは増えたけど、そこでの発言ってホント真摯に考えられたものってすごく少ない。そんな"ノリ"だけで言ってるような意見を組み入れないで欲しい。

ここで書いてる俺の意見だって対したもんじゃないよw

まぁ、なんにしても面白い本なので、お暇があれば読んでみてくださいな。
あと、第3集も発売されたみたいです。ちょっと間があったので、最新のゲームの話はあんまりないかと思いますが。

んで、なんでこの話をウイイレ9のカテゴリで書こうかと、思ったのかだけど。
ウイイレって俺にとっては良い意味で、"ユーザーの意見"を切り捨ててるなぁっと思うのよね。多分ビジョンがしっかりしてるんだろうな。ネットではよく批判も見ますが、全然今のままでいいと思う。迷わずにやってほしいな。ただ、取り入れてもゲーム性が変わらない部分に関しては努力すべしだけど。実名化とかね、権利関係で難しいでしょうががんばって欲しい。

あと、こうして書くと誤解が生じてしまいやすいのですが、「ユーザーの意見を軽視しろとか、無視しろ」って言ってるわけではないので、ただ「多くのユーザーが持つ意見でも切り捨てていい意見というものがある」ってこと。
当然、ユーザー同士の意見のやり取りは全然ありだと思いますがねw

「次のウイイレこうならないかなぁ」っとか、「ここがああなればいいのに」って話をしてる時ってすごく楽しいから。

なんだか説教臭くてすんませんw
[PR]
by shimo_g | 2005-08-14 17:08 |  [ウイイレ9]

FORTY DEUCE / NOHING TO LOSE
【リッチーコッツェン、キター!】
Nothing to Lose
Forty Deuce / Melodic Symphony
ISBN : B0009WHAJ8


最寄駅近くのレコード屋にぴょこっと入って、試聴機やらを物色していると、店内に響く「マイヤヒ~マイヤフ~w」に混じって、ハードなギターリフが聴こえてきて。おっと思ってずっとウロウロしながら聴いていたのですが、途中からありえないほどのカッコ良さになって来て。「なんだ?なんて曲だこれは???欲しいぞっ!」っと思ったのですが、近くに店員さんもいなくて、曲も終わってしまって。

う~ん。まぁあれだけいい曲だから、またどっかで聴くだろう…
っと思って、1週間ほど。

またそのお店行って、ハードロックコーナーを物色していたのですが、試聴機に「リッチーコッツェンの新バンドっ!」なるポップがありまして。ん?リッチーコッツェンって、元POISON&元MR.BIGの?っとちょっと興味が湧きまして、なんとなく「えい、えい」と早送りボタンを押して一人イントロドンをやろうかなぁっと思っていましたら。

2曲目で「こ、こ、これは!あの曲っ!!!」っと、ちょっと驚きの再会をしてしまいました。
こりゃ、かわねぇわけにはいかないっしょ!

続き。
[PR]
by shimo_g | 2005-08-12 23:11 | 音楽

【ウイイレ9】オンライン初勝利。
というわけで、なかなか仕事が忙しくてプレーできてないんですが。
今日から夏休みなんで、昨日ちょっとウイイレ9のオンラインやって。

8試合目にして、ウイイレ9オンライン初勝利でございますっ!
ありがとうございますっ!ありがとうございますっ!

いやぁ、とにかく勝てなかったので結構凹んで来ていたのですが、
ようやく勝てましたぁwしかも連勝。
まぁ同じ人だったんですけどね。

というわけで、勝利の過程をご紹介。

続き。
[PR]
by shimo_g | 2005-08-12 12:39 |  [ウイイレ9]

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング