<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

CHILDREN OF BODOM / ARE YOU DEAD YET?
【誰にでもオススメできないバンド】

アー・ユー・デッド・イェット?
チルドレン・オブ・ボドム / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B000AA7ECW



えぇ、ものすごい近いうちの音楽レビューなのですがw。
いやぁ、最初はBON JOVIでも買おうかなぁ~って思っていたのですが、ふと見るとなっなんと、CHILDREN OF BODOMの新作がっ!!!

まっ待てっ!落ち着くんだ俺っ!いつもそうやってフライングして失敗するだろうがっ!

っと、気持ちを落ち着かせ、試聴機で聴いてみる…

…5分後…

…昇天。

いやぁ、相変わらず凄まじいっ!
というわけでお買い上げ♪

今回はもう万人になんてまったくオススメできない、ブルータル・メタル、エクストリーム・メタル、メロディック・デス・メタルなど様々に形容されるチルドレン・オブ・ボドムのご紹介っ!

ゆっくりカウントを取るハイハット、荘厳なキーボードから、ハンマーを打ち下ろすようなギターリフ、そしてシャウトと爆裂するエモーションが、オープンニングから横っ面を叩かれたような衝撃を受ける#1.LIVING DEAD BEAT。「YEAHHHHHHHHHHHHHっ!」という、断末魔のような叫びと、どことなくキャッチ-なギターリフに悶絶のアルバムタイトル曲#2.ARE YOU DEAD YET?。そしてそして、マシンガンリフから強烈なスウィング感にヘッドフォンが吹っ飛ぶほど頭をふる#3.IF YOU WANT PEACE...PREPARE FOR WARっ!
のっけからの全開メタルで、心の奥底にある鋼鉄の魂が揺り起こされるね。
強烈な叫びの中にも、感じ取れる"メロ"の欠片が熱い#4.PUNCH ME I BLEED。乾いたスネア連打に、焦燥感を煽るボーカルの#5.IN YOUR FACEっ!中盤のギターソロ、キーボードソロを挟んでからのドラマティックな展開が熱いっ!ブリブリとブーストするベース、インフィニティを体で描いているだろうドラム、そしてこれでもわかりやすいギターリフの#6.NEXT IN LINE
っと、中盤戦は前作に比べて"メロ2割増し"な感じ。
奔放なキーボードが鳥肌ものの#7.BASTARDS OF BODOM。そしてそして、チルドレン・オブ・ボドムの真骨頂を見せる脅威の楽曲#8.TRASHED,LOST & STRUNGOUTっ!とにかく信じられないテンションで、ドラマティックに演奏しきるそのプレイに驚嘆ですよっ!本編最後は、まさしく悶絶のギターソロにやられる#9.WE'RE NOT GONNA FALL

それにしてもなんと言ってもはずせないのが、稀代の天才ギタリスト"アレキシ・ライホ"と、共に両翼を担うキーボードの"ヤンネ・ウォーマン"の、超絶プレイ。もうホントに狂気としか言えない鬼気迫るものがあるね。
アーク・エネミーとは違って、あくまでも客がいての音楽ってこともわかってるみたいだしね。
どうしても、こういうメタルは技術志向だとか揶揄されがちだけど、やっぱりこういう音楽やるからには、キチっとした技術がないとね。そうしたところにあるカタルシスってのも絶対あるわけだから。

それにしてもボートラの#10.OOPS! I DID IT AGAINは最高だね。言わずと知れたブリトニースピアーズの楽曲だけど、デスメタルになってるからねwこういう遊びができるとこもこのバンドの好きなとこです。

なんにしても、一般の方にはなかなかオススメできないですが、スレイヤーや、パンテラが好きならまず大丈夫なバンドかとw

ぜひ、ヘドバンしておくんなましw
[PR]
by shimo_g | 2005-09-24 20:25 | 音楽

BEN FOLDS / BEN FOLDS LIVE
【秋の夜長は読書とベンフォールズ】

ライヴ
ベン・フォールズ / ソニーミュージックエンタテインメント
ISBN : B00006IICK



あぁ、画像がないぞ~っ
というわけで、久々の音楽ネタ。待っていた方(いや、ほとんどいないでしょうけど…)すみません。
実はここ何年かで初めてというぐらいCDをあまり買っていないので、あんまり書きたいネタがないのですよ。

でも、徐々に涼しくなってきて、秋を感じるようになりましたので。毎年毎年この時期になるとヘビロテするこのアルバムのご紹介をしようかなと思いまして。

2000年に突然の解散をしてしまったBEN FOLDS FIVE。しかし、中心人物のBEN FOLDSはすぐさまソロ活動を開始し、実に精力的な動きを見せる。その中で届けられた作品の一つが、このピアノによる弾き語りライブアルバムの本作品。

ソロ名義の曲とバンド時代の曲が入り混じって、ほぼ彼の活動のベストの内容が楽しめる。

オーディエンスの歓声から軽やかな運指が目に浮かぶ#1.one angry dwarf and 200 solemn faces。印象的なイントロの#2.zak and sara。ブルースのような哀愁ピアノが、"刺激のない毎日でもここを離れない"と歌うベンの声を温かく包む#3.silver street。そして、エヴァーグリーンとして光輝く名曲#4.best imitation of myself
元々歌自体の強度が強いから、ピアノ一つになってもとても心地いい。
観客のコーラスさえも、雰囲気を醸し出す材料として機能している#5.not the same。ベン自身の音楽に対する情熱をそれこそ語りかけるように歌う#7.one down。"ウェイターの仕事だってできるし/ガソリンスタンドでだって働けるけど/ピアノを弾いて他人をいい気分にさせるほうが割がいい"って歌詞が粋だなぁw。愛していても交わらない運命が、2人に孤独の影を落とす#9.brick。素晴らしいね。
まったりムードから一転、観客とのコール&レスポンスが印象的な#11.army、軽快に鍵盤を叩く#12.the last polka#13.tiny dancerっと、後半戦は優しくも、軽く力が入る内容。そして、"あの"イントロから鳴り響く#15.philosophy。かなり遊びが入っているので、スタジオ盤が好きな自分は違和感がないわけじゃないけど、やはり名曲。
そして本編ラストは、フックの効いたメロが心地良い#17.emaline
とにかくボリュームもかなりあるのだけど、純粋に歌の力強さでぐいぐい引っ張られていく感じ。ハードなギターもいいけど、たまにはこういうのもねw

んで、自分はこのアルバムをエンドレスにしながら、よく読書をします。もうね、秋満喫って感じがするんよw。全然外に出てないけどねw。
絶対読むのは、ドン・ウィンズロウ著作の「ニール・ケアリー」シリーズ。「ストリートキッズ」、「高く孤独な道を行け」とかホント素晴らしいです。軽ハードボイルドですが、女性におすすめって感じで、いい具合に切ないですw。創元推理文庫から出てます、財力がある人はCDと一緒にあと2日の休みを読書に費やしてみては?明日雨みたいだしねぇw

それでは、近いうちにまた音楽ネタが書ける事を、自分でも願っておりますw
[PR]
by shimo_g | 2005-09-24 00:37 | 音楽

【ウイイレ9】 新チーム。
もうすぐネットワーク100試合、50時間を迎えようとしております。
ただいま勝率43.8%っとジワジワ上がっているのですがね。

最近は10試合やったら、
負けが1、2試合、引分けが2、3試合、勝ちが5、6試合って感じの流れです。

んで、ずっとマッチばっかしていたので、久々にナショナル選手権のコンペに出てみました。
やっぱり対戦相手はブラジルとイングランドばっかだったのですが、
それでも、あまりうまい人達ではなかったので、負けはしないんだけど、
勝てもしないっと嫌な感じ…
それでも、ラストのポルトガル戦でベルギーのFWソンクが爆発してくれて、
なんとか13位。ゴールランキングはソンクが5位でしたw

まぁ50人ぐらいしかいなかったからなぁ…

でも、ブラジル、イングランド、アルゼンチン、フランスの国旗の中に、
ただ一つ輝くベルギーの旗が妙に誇らしかったですw

そして、ようやく新ナショナルチームを使用し始めましたっ!
そのチームとは…

コロンビアですっ!

コロンビアの魅力はなんといっても足が速いDF。
特に相手の3トップに対してはいやらしいDFができるね。
若干サイドに不安が残るものの、「コロンビアは中央突破のチームだからなぁ♪」っと一人納得。
パスがベルギー以上に繋がらないのが、たまに傷だけどね。

そんでもって早速試合してみましたw
相手はアルゼンチンで勝率40%ぐらいの人だったのですが、
終始コロンビアペースで試合を動かすことができましたね。

若干DHとCBの間が空き易いのは気になるとこですが、
見事2-0で勝利をいただきました。

これからは、ベルギー&コロンビアで進めて行こうかと思います。

みなさんよろしくぅw
[PR]
by shimo_g | 2005-09-23 21:01 |  [ウイイレ9]

東京ゲームショーにいってきやしたっ!
年1の恒例行事にしたい、東京ゲームショー参り。
今年も行ってまいりましたっ!

基本的にゲーム画面の撮影は禁止されているので、相変わらずおねぇさん中心のわけわからん感じで行きますっ!ただ、今年はあんまり面白い画像はないかも…。全編写真が暗くて見難いかもしれませんが、全部携帯でフラッシュなしなのでご勘弁を。

海浜幕張駅に10:00時集合で、友人と待ち合わせ。
というか、この段階でかなりの人が。今年も相変わらず凄い人数です。
チケットを購入し、いざ会場へ。

a0033020_10241855.jpg恒例のゲートを抜けるとやや広めのスペースが…ん?今年はちょっと規模が小さいのかなぁ?っと思いつつ。それでもデカイモニターの数々に圧倒される。

a0033020_10242462.jpg一番最初に目についたのはタイトーのブース。スクウェア・エニックスが公開株式買付を表明して、うまく行けばそのまま子会社になるという微妙な時期だが、かなりの規模。んで、そこのコンパニオンさん。この人は写真を撮られるのが相当嬉しいらしく、クルクル回ったりしてポーズを取っておりました。あまりにノリノリなので、思わず俺も写真とっちゃったw


a0033020_10243069.jpgご存知安価ゲームの老舗、D3パプリッシャー。安価でも「地球防衛軍」や「お姉チャンバラ」など、最近は独自の個性を持ったゲームを生み出して、コアなファンを獲得している。
写真は「お姉チャンバラ」のコスプレをしたお姉さん。ってか、写真暗いですけど、かなり可愛かったですwマジで今回のゲームショーNo.1かもしれんw

a0033020_1024373.jpgどこのブースかよくわからんが、おとなしめの軍曹が…ってか、暑いんだろうなぁこれ。


a0033020_10244322.jpgさて、コンパニオンのお姉さんの画像ばかりだと、モーターショーに行ったのと大差ないので、話題の次世代機プレステ3。正直デザイン悪っ!なんかかっこわりぃ~。これはあまり家に置きたくないなぁ。
しかし、会場で流れていた「メタルギアソリッド4」の映像はホントに鳥肌もんだった。食い入るように見てしまったよ。まだ3はやってないんだけどね。サブスタンス出たらやろうっと。


あと、ソニーのブースではPSPでシェアリングして、体験版をプレイできるサービスがありまして。自前のPSPを持ち込んで「LOCOROCO」っというゲームの体験版をプレイしてみました。これが超脱力系アクションのくせに結構骨太な部分があってたのしかったw
PSPのソフトもそろそろ充実してきそうな予感でした。

a0033020_1025370.jpgテクモブース。やはりXBOX360版の「デッドオアアライブ4」が大々的にフューチャーされてました。「キャプテン翼」はもう出さないのかなぁ…w。いやあれ結構好きだったんだけど。

んで、キレイなコンパニンのお姉さんに…


a0033020_10245883.jpg群がる男達…


さ、さて気を取り直して、マイクロソフトブース。
あれだけ強気な発言をして、コケにコケたXBOXの次の機種XBOX360(数字はサンロクマルって読みます。)がやはり中心の展示。んで、実機の画像は下の2点。

a0033020_102599.jpga0033020_10251451.jpg


実際に実機を見た感想としては、「おぉ、これは結構いいねぇw」って感じ。スタイリッシュなパソコンを思わせるフォルムは家にあっても、違和感がない感じ。フェイスプレートも取りはずし可能で、いろいろ選べますな。前回の反省がいきてます。
問題のソフトの方は、かなりの数がプレイアブル出展されていて、遊んでいる人多数。自分はもっぱら他人プレイを見て楽しんでいたのですが、「レッスルキングダム」とか画像が凄すぎ。もうTVで武藤対天龍見てるみたいでしたよ。あと、海外のレースゲーの草分け的存在の「ニード・フォー・スピード」もものすごかった。ホントに実写で走っているみたい。
確かに映像がよくなることで、ゲーム自体が面白くなるわけじゃないけど、純粋に映像の力って凄いなぁっと再認識しました。

a0033020_10254222.jpgさて、SNKブースは相変わらずの格闘まつり。ってか、龍虎の拳の新作が出るそうです。乱舞決めてぇなぁ。お姉さん足長っ!


a0033020_10254810.jpg最後に出口の部分から撮影。今年も凄い人ごみでした。



■総評として
やはり全体的には、今年終わりから来年初頭に発売される次世代機のお披露目会って感じでした。
ただ、その中でも目を見張ったのは、i-modeなどの携帯電話へのゲームの移植っぷり。街やシレンが普通にプレイできるって、数年前じゃ考えられなかったなぁ。ウイイレも携帯でできるようになるみたいだし。でも、入力デバイスはあくまで携帯だからなぁ…。あくまで暇つぶしなんでしょうけど。
携帯に移植するぐらいならPSPでもっと出してほしいわぁ。まぁ、携帯の方が儲かるんだろうなぁ。
あと、やはり次世代機のお披露目があったためか、去年より海外のメディアの方がかなりいました。

まぁ、なんにしてもお姉さんがキレイやったw(結局それかいっ)
[PR]
by shimo_g | 2005-09-19 12:20 | 観察日記。

壱六屋【大森】 / のりや【大井町】 / しんか【蒲田】
というわけで、最近ラーメンネタをあまり書いていなかったのですが、
実は食べまくっておりますw
みなさんのお腹をキュルキュル言わせたろwって感じで、たまったラーメン画像をご紹介。

a0033020_8164279.jpgまず、1軒目は最近一番はまっている、「壱六屋」さん。最近カップ麺にもなった有名店の支店として、大森に登場です。写真はネギチャーシュー麺の醤油味。とんこつベースのスープがかなりパンチが効いていますが、不思議と最後まで食べれます。
中太麺が満腹感をかなり誘うので、女性ならまず普通盛りで十分。男性でも大盛りでお腹一杯になります。ウズラの卵がいい感じですw。+50円で+5個できるのが好き。
サイドメニューのチャーシュー丼は350円でかなりのボリュームでビビリます。
塩味の方があっさりしていて、うまいかもしんないです。


a0033020_8164856.jpg2軒目は、大井町の「のりや」さん。ここはいわゆる和歌山ラーメンが食べれるお店。独特の臭みというか、ニオイがあるのですが、これが結構食欲をそそりましてw。
細麺に絡むスープはちょっと重めですが、コク抑え目って感じでくどい感じがしないです。写真はネギチャーシュー麺(ネギチャーシュー好きだなぁ俺…)。たっぷり入った輪切りのネギがさっぱり後味を演出しつつ、しっかりとろけるチャーシューがうまいです。
でも、昔の方がうまかった気がするのは気のせいなのかなぁ?w
テーブル席も多いので、家族連れでも行けますよん。


a0033020_8165463.jpg最後の3軒目は蒲田の「しんか」さん。ちょいと暗めの店内は落ち着きのある良い雰囲気。ここのラーメンってどんな味だっけかなぁwちと前に行ったので、覚えてないのですが、結構いろんなラーメンがあったお店だったかと。
基本的にはバランスの良いラーメンって感じで、すごいうまいってわけじゃないですが、はずれって思う人はまずいないと思いますw
1,000円とちとお高いですが、燻製チャーシュー麺は、スモークの香りがしっかりしてオススメです。


最近新しいお店を開拓していないので、また新しい町に行きたいなぁ。
中野あたりね。ダーツのパーツを買いによく行くので、ラーメン食べに行きたいなぁw。

東京近郊でオススメのラーメン屋があったら、コメお願いします。
基本的にあんま混んでないとこがいいんですが、感動するほどうまいなら並ぶのもまたよしですw。
[PR]
by shimo_g | 2005-09-19 08:53 | ラーメン&B級グルメ。

ジン♪ジン♪ジンギスカ~ン♪
金曜日。
仕事を早めに終わらせて、会社の先輩と2人で食事へ。
乗り換え駅の新橋で、最初はラーメン屋に行こうかという話もあったのですが、
最近ラーメンばかり食べている気がするので、たまには違ったとこに行こうとウロウロ。

途中にあった「餃子の王将」に軽く後ろ髪を引かれながらも、居並ぶ飲み屋を見て回る。
新橋は立ち飲み屋がかなり多いのですが、金曜の夜はどこもいっぱい。

立ち飲み屋には行ったことがないので、かなり行きたかったのですが、
さすがに無理かなぁ…っと諦めムードになったところで、魅力的な店構えのお店が。

a0033020_22545623.jpg七厘屋台というお店で、ドラム缶の上にテーブルを置いて焼き肉などが楽しめるお店。「あっ!ここなんかテレビで見たことあるかも~」っとミーハーぶりを発揮して、並ぶことに。
20分ほど待ったところで、店内に通される(店内って言っても外だけど…)。店員さんがドラム缶の上のテーブルをずらして、「お荷物はこの中にお願いしま~す」っと。なぁる、こりゃ効率的だな。忘れ物の心配も少ないし。
とりあえず270円という激安値のビールを頼む。ただでさえ安いのに18:00~20:00の間はビールは200円らしい。時計を見ると20:05…ちっ!w


a0033020_2255288.jpg基本的に食べ物は焼き肉なんだけど、ジンギスカンがあったので、2人前頼む。ってか1人前530円ってw安っwジュージューいわせながら、涼しくなった夜にビールとジンギスカンっ!最高ですwただ、味はそこそこ…wまぁしょうがないw
んで、右の写真のように、ジンギスカン頼むと最初は鉄板が乗っているのですが、その後網に変えてくれて、炭火で焼き肉が楽しめる。
値段はリーズナブルで、大体1人前300円~500円。3,000円あれば結構楽しめます。量はちと少ないけどねw


ちょっとしたイベント感覚もあって楽しい夜でした。
ウロウロしている時に見つけた、沖縄料理の飲み屋にこの次は行きたいなぁw泡盛飲みたいですw後、豚串屋さんにも行きたいw
ゆっくりはできないけど、立ち飲み屋とかで軽く一杯っていいなぁw
[PR]
by shimo_g | 2005-09-19 08:07 | 観察日記。

【ウイイレ9】中堅国を使うわけ。
というわけで、ようやくウイイレの方も勝率40%を越えたところなのですが、
なかなか勝ちをひろえてない状態でございます。

んで、今日対戦のなかで「ブラは使わないんですか?」っと、
このブログを見ている方に言われたのですが・・・

今までちゃんと書かなかったし、説明するのが面倒だったのですが、
実はちゃんと理由があって中堅国しか使わないのです。

というのも、ゲームの本質っていうのは、
自分に与えたストレスを自分で解放すること
だと思うからです。

もうこれは例外なくそうだと思います。

単純に話を楽しむだけなら、映画や小説を読めばいいんだし、
ノーストレスで楽しいことはいっぱいありますよね。

ゲームというのは遊びとしては異質で。
まず、自分に対するハードルがあるわけですよ。
経験値を貯めなければならなかったり、
落とし穴を飛び越えなければ先に進めなかったり。
純粋にある程度のレベルでなければ、楽しめなかったり。

そして、確実に言えるのは、人間というのは、
ストレスが高ければ高いほど、それの解放による快感は倍増していくものなのです。

つまり人と同じゲームをより深く楽しむための1要素として、
自分からストレスを高くするという方法があると思います。

例えば、パスが繋がらないというのは、
1つのストレスです。
でも、それを「クソだ」というのは、
文化的というか、人間としてもったいない発想だと自分は思います。

パスが繋がるようになった時、自分はしっかりと快感を感じています。
繋がって当たり前じゃない方が、全然うれしいのです。

ただ、そうしたストレスの解放ができないゲームは、やはりダメだと思います。
あくまでも、ストレスをかけた分、練習したら解放できなければ面白くないのです。

振り返ってみるとウイイレは程度の差こそあれ、練習すれば結果が出るゲームだと思います。
だから多くの人に支持されているのだと思います。

んで、本題に入れば。
ブラジルやイングランド、ミラン、バルサなどなどを使えば、確かに自分は快適にプレーできますし、勝率もあがるでしょう。

でも、ストレスというハードルはぐっとさがります。
それは解放される時の喜びが少ないものなのです。

だから自分は、よりハードルが高い中堅国を使用して、試合をしています。
それもこれも全てゲームを楽しむためにやっているのです。

勝つということが、ストレスの解放であるならば、
ハードルはより高い方がいいのだと思います。

まぁ逆に強豪国のチームを使う人は勝率が高いことを、
ハードルとして楽しんでいるのでしょうけど。

だから、楽しみ方は人それぞれだと思いますが、
そういうプレーが快感を呼ぶということをわかって、
人それぞれというのが、人それぞれの本道であるとも思います。
[PR]
by shimo_g | 2005-09-16 00:19 |  [ウイイレ9]

【ウイイレ9】やっぱりプレーしないとダメだわw
というわけで、久々にがっつりプレーしました。

ウイイレ必勝ガイドの掲示板の方々とも結構対戦できて楽しかったですw

やっぱり、ちょっとでも知っている人とプレーするのは、全然違うね。
集中力がやっぱ違う。
負けたくねぇなぁって思うし、マルセイユどっかでやったろwとか思うしw

んで、そうして見えてきた今後の課題は…
やっぱDF。

やはり点を取られすぎてる気がするんだよねぇ。
でも4CBとかにはしたくないし。さすがにそれはつまらん。

というか、正直フォメの問題じゃないんだよね。
俺の方が先に動いているのが問題。
あたりに行き過ぎなんだよね。
ただ、引くのとは違って、1対1で嫌な間でDFしてかんと。

こうして書くことでちっとはプレイ中に意識したいもんですw

ようやく慣れてきまして、勝率も40%を行ったり来たりしてきましたw
さぁここらで100試合で勝率50%を目指すぞっ!

後は美しくサッカーをするだけですw
[PR]
by shimo_g | 2005-09-11 17:52 |  [ウイイレ9]

黒夢 / CORKSCREW
【セックス、ドラッグ、ロックンロール】

CORKSCREW
黒夢 清春 土方隆行 / 東芝EMI
ISBN : B00005GM8Q


学生時代の最も好きなバンドは黒夢だった。
39度熱出したって、CDを買いに行ったことをよく覚えている。

大学時代に出たこのアルバムは"衝撃"以外の何ものでもなかったと思う。
前作から強くなっていたパンク色は、初期衝動としか言いようのない、えげつないパワーに支えられて、稲妻のような轟音パンクとなった。
正直日本ロックシーンには、未だにこれ以上のパンクアルバムは無いように思う。

本作は、残念ながら黒夢の最後の作品となったが、その後の清春にとっては重い十字架を背負うような、まさしく"越えられない壁"になってしまった。

久々に思い出したように、聴いた感想を。

続き。
[PR]
by shimo_g | 2005-09-08 00:20 | 音楽

イメチェンしましたぁw
長らく変更していなかったスキンを変えましたw
というか、実は1回も変えてなかったんですが…

シーズン物やキャラ物もいいんですが、
シーズン物だと季節変わったら変えないと気になるし、
キャラ物はやっぱりうるさいしね。

今回も基本的には見やすさ重視です。
やはり自分のブログはテキスト中心ですので、
字が見難いのは、何回も読んでもらうのには辛いですから。

ホントはオリジナルスキンが作りたいんだけどね。

もうちっといろいろ変えるかもしれないですが、
これからはこれでよろしくですw
[PR]
by shimo_g | 2005-09-07 21:11 | 観察日記。

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング