<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日も渋谷で5時~♪
え~っと。久々に渋谷に服を買いに行きました。
まぁスーツなんですけど。

んで、いつもスーツを買いに行くお店に行って。
まぁ、スーツの方は割りとすんなり決まりまして。

んで、ジーパンが1本欲しいなぁっと思って、いろいろ探していたのですが、「あぁ、これいいなぁ」っと思うと、自分に合うサイズがなかったりして、ガッカリして…こりゃ今日はもうダメかなぁっと思って、センター街をフラフラしていたのですが。

「街にいる黒人にもれなく声をかけられる」という、なかなか皆さんが持っていないスキルが相変わらず発動しまして。

「YO!アニキ、ヒサシブリ~wチョットオミセミテイッテヨ」

っと、嘘臭い感じで、腕を強引に引っ張られる。当然会った事はない。
チョット、切れそうになりながら、、いつもなら「はいはい」って言ってシカトするんですが、その時はっと気づいたわけですよ。

お店に行ったらオモシロがあるかもしれないっ!

っと。まぁネタになるかもしれないので、ついていってみる。んで、連れてかれたのは、こぎたねぇ雑居ビル。所狭しと押し並べられた服と、黒人さんが一人。

「YO!アニキ、ナンデモアルヨ!ヤスクスルヨ!」っと言いながら、握手してくる。

やばい。こんな狭い空間でこいつと二人きりになったら、日米関係のように理不尽を押し切られ兼ねないっ!

俺の中の小人さんが、"テンション"と書いてあるバーを「うんしょ♪」と言いながら、"OFF"から"ON"に切り替える。

「あっはっは、調子はどうだい?w」

えぇ、この時の俺の顔は超男前だったことでしょう。
「うっ」といった感じの黒人を見て「ふふんw」と勝ち誇る俺。

「ナニガホシイノ?」っと聞かれたので、「ジーパンある?」っと聞いてみる。
店員の黒人が出してきたジーパンは、まぁ「買ってもいいかな?」っと思えるもの。
ただ、履いてみないとわかんねぇじゃん?んで、「試着できねぇの?」って聞いてみると、「オッケー。ウエ。」というので、上の階に移動。女の子の服が置いてあるとこで、強引に試着。

んで、着替えるとやっぱ丈が長いのよね。
「ん~丈がなぁ・・・」っと悩んでいると、「ホカノオミセデナオシテモラッテ」というので、まぁそれでもいっかぁ~っと思っていると、なんと女の子が服を見に来たじゃありませんかっ!

なんか今履いてたジーパン脱ぎ捨ててあるんですが…さらに、俺靴下だし…
ちょっとドキドキ♪

まぁ、そこは話が広がらないんだよね。残念なことにw
んで、「いくら?」と聞くと「イチマンエン」っと。おいおいそりゃぼり過ぎだろうっと思って。

「いやいや。もうちょっと安くなるだろ?」っと言うと、電卓を持ち出して(秋葉原みたいだなw)、9,000円と打って、「コレデ、ドウ?」っと聞いてくる。

…んっふっふw俺をなめてやがるなw…

黒人の肩を抱いて、ニヤリと笑いながら、「これで♪」と示した俺の指は7本。

その瞬間…

コイツ、クレイジーダヨ…

っと、黒人の目の中に浮かぶ明らかな動揺w

そして、向こうが提示してきたのは、8,500円+消費税なし。
それでもちょっと悩んだが、まぁ面白かったからいいかぁっと思って、お買い上げw

日米対決を楽しんできましたわw

ただ、この後裾上げをしてくれる店を探して、渋谷の街を彷徨う事になることは、
神のみぞ知ることである…。

疲れましたw
[PR]
by shimo_G | 2006-04-30 22:48 | 観察日記。

indigo jam unit / DEMONSTRATION
【春の夜明けとクラブジャズ】

demonstration
indigo jam unit / インディペンデントレーベル



4月も終わりですなぁ。ホントあっと言う間ですね。
新社会人になられた方、進学した方、環境が変わられた方もいっぱいいらっしゃるかと思いますが、適当にがんばっておくんなましw

あんま張り切りすぎても、息切れしちゃうからねん。

さて、音楽ネタ。
インパクトのあるジャケが何気に気になったアルバム。あまり知識が無くての購入だったのですが、これかっちょいいっすねぇ。

ジャケがとか書いても、写真無いんだけどさw

関西中心に活動中のCLUB JAZZ UNITのindigo jam unitの1st。素晴らしいです。

ふぅ、という一息ついた間から、強烈なコントラバスのうねりが空間を歪め、軽やかでいて、どこか破滅的なピアノの旋律に「おっ」っと前のめりになる#1.GIANT SWING。喋っている間の吐息が聴こえるような繊細さを持ち合わせるドラムのリズムに、これでもかっと流れるピアノのメロの甘さにニンマリする#2.SCENE-CARTAINCALL。この段階で、「買ってよかった~w」って思うよ、ホント。

つぼみから月光の力を借りて、ゆるやかにその美しさを描きだす花の可憐さを鳴らす#3.KAIKA。跳ねるピアノのリズムと、スキャットできそうなメロディの波に身を委ねたくなる#4.PALETTE。雪が降る空を見上げると、徐々に浮遊していくような感覚になる。空に浮き上がる自分と、目に焼きつく結晶の純白#5.SNOW

またもやコントラバスのうねり、そしてそのリズムの隙間を埋めるようなピアノの旋律。そして空間を一気にリアルの方向に持っていくドラムの心地よさが素晴らしい#6.BACK SHOT。高音ピアノと、性急なドラムのリズム、ループするコントラバスが、別ベクトルで放出されて次元を作り出す#7.7th FEELING

そしてそして、素晴らしいピアノのメロディが爆発する#8.TEARDROPっ!ラストは温かい音色に心地良くなる#9.THE EMPTY SCREEN

各々がプロのサポートメンバーとして活動していたことから、その実力は折り紙付き。でも、非常にメロがキャッチーなので、誰にでも入りこめる幅の広さを持っているね。

それにしても、このアルバム全曲一発録りらしいですわ。ちょっとびびりますわぁ。
この完成度は凄いなぁ。

1,500円とお安いので、興味がある方はどうぞ。
[PR]
by shimo_G | 2006-04-30 21:32 | 音楽

業務連絡。
マサアンガスさん、すみません。
ちょっと野暮用がありまして、明日行けなくなってしまいました。

申し訳ないです…。
また機会がありましたら、お誘い下さい。
[PR]
by shimo_g | 2006-04-28 20:27

最近読み始めた漫画。
え~日を追うごとに、胃が痛くなっておりまするshimo-gでございます…

あ~ロト6あたんねぇかなぁw

つーわけで、平日は仕事で地獄を軽く見ちゃっておりますが、
帰り道のコンビニや古本屋さんで、漫画を買って帰るのが楽しみでごぜぇやす。

んで、家着いたら午前1時とかw

NANA (1)
矢沢 あい / 集英社
ISBN : 4088562097




えっと、まずはNANAを読み始めました。
超流れに乗っていますが、映画になる大分前から読みたかった漫画ですので。
まだ1巻だけなんだけどね。
周りに男でも、女でも好きな友人がいるので、まぁ読みたかったやつだし、読もうかなぁっと思いまして。

ってか、少女漫画初めて読むわ~。
いとこの漫画は読んだことないんやけどw
あっ誰かは秘密ですが、私のいとこに少女漫画書いてる方がいます。
結構単行本も出てますが、私は読んだことないですw

1巻を読んだ感想は…なんでしょ?
まだよくわからないのですが、コマ割が細かいなぁってw
まぁ、続けて読んでみますわw

DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ 小畑 健 / 集英社
ISBN : 4088736214




んで、次もまぁ超有名なやつですが・・・。
デスノートも読み始めました。最初は漫画喫茶で1巻だけ読んだのですが、あんまりピンとこなくてそのままほったらかしにしていたのですが、6月公開の映画の主題歌をレッチリが歌うそうで。
なんでも、製作者側が漫画を送ったところ、レッチリのメンバーが凄く気に入ったらしくて、それで曲を使ってもいいことになったそうですわ。そこまでやったらもう一度読んでみようかとおもいまして。

3巻から急に面白くなってきました。これは一気に10巻まで買いそうな予感。
ってか、小畑健は絶好調ですなぁ。多分ジャンプで初めて連載して10週ぐらいで打ち切られた、ランプの精の漫画があったと思うのですが、ヒカルの碁を読んでないので、そっちのイメージのままですw

幕張 (1)
木多 康昭 / 集英社
ISBN : 4088720865




最後はなんと言いますか…懐かしくて、コンビニの分厚いのを買ったのですが。
いやぁ、おもしろいなぁ。幕張。

ってか、ホント下ネタばっかですけどw
同時期にジャンプで連載していたマサルさんより、自分は全然幕張の方が好きです。
驚愕の"奈良づくし"はホント腹痛いですw

最近、カワイイだけが取り得の木多さんが、ヤンマガで新しい連載をやっているそうですね。
そちらも是非読みたいですわw

今回はこんなとこで。
漫画喫茶いきてぇなぁ・・・。
[PR]
by shimo_G | 2006-04-26 23:28 | 漫画・小説

ウイイレ10かぁ…。
既に戦国無双が110時間越えてるんですが、まだまだ終わりそうな気配がありません・・・。
一応全部将出して、無限城をチクチクやってますが。

110時間っていっても、寝落ち&付けたままTVを見始めちゃうなどを相当しているので、ホントはもっと短いと思うのですが。

宮本武蔵が気持ちいいんだよねぇ。
んで、全員分の第4武器取って、外伝もクリアせんとかぁ。200時間確定だなぁ。こりゃ。

…それか、俺の心が折れちゃうかw

バーンアウト3は達成率が60%ぐらいなんだけど、ほとんどがクラッシュで稼いだしなぁ。
こっからレースばっかだから、簡単に勝てねぇよ。

んで、来週ウイイレ10出ますね。

…はっきり言って、欲しいって気持ちがビックリするぐらいないです。
ってか、CDも5月はかなり出るみたいだし、金銭的にもちょいなぁ…

オンラインもないので、焦って買う気もないですし。
モンハン2全然やれてないですし。

多分買わないような気がします。
まぁ9の時もそう思っていて、ゲーム屋行って買っちゃったんだけどさ。

でも、今回はウイイレ10を買うなら、パワプロメジャーリーグを買いそうな気がします。
面白そうだし。

あぁ、FF12はいつになったら出来ることやら…。
[PR]
by shimo_G | 2006-04-23 22:26 | ゲーム全般

CanCam検定中級を受けてみる。
え~サンボマスターの記事が真面目だったんで。

ほら、俺ってオシャレにきぃつかってるっていうか、まぁオシャレじゃないですか。

んで、CanCam検定なるものがあるって、ネットで見つけたんで。
まぁ、ちょっくらやってみますかと思いまして。

やばいなぁ。チェックしてんのばれちゃうなぁ~っと思うのですが。

Q1.CanCamの編集長は誰?

あ~はいはいw山田五郎でしょ?
・・・あれ、選択肢にねぇじゃん。あっそっか3代目?
3代目わかんねぇなぁ…。
まぁ、これは4番で。

Q2.CanCamのカリスマファッションディレクターと言えば?

そりゃ、森英恵に決まってんべ!
…なんだよ、選択肢ねぇじゃん。
んじゃ、3番で。

Q6.「○○かわいい」エビちゃん系 ○○に当てはまるのは?

あ~これね。
あれでしょ。「白飯大盛りかわいいエビちゃん」系でしょ?
…またないよ。なんだよ、これ?大丈夫?
んじゃ、5番。

Q14.CanCamのアンケートで毎回ある質問は?

これ書いたなぁ…。
あれだよ、「君が考えた超人を書いてくれ!」ってやつでしょ?
セメントマンって考えたんだよね。水いっぱいかけると、
耐震構造に弱くなっちゃって、テリーマンにも勝てないのよ。
ありゃ、またねぇぞ。んじゃ、5番で。

さて、送信ボタンをぽちっとな♪

んで、出た結果がこれw

a0033020_21591952.jpg


…ちっ。
…ばれちまったか。

まぁ、CanCamは読んだことも、触れたことすらありませんよ。

ってか、これでホントに中級なの?上級あんのかよ?
ぜってー無理だってw

いや、まぁそもそも俺が高得点でも、嫌なんだが。

女の子だったら、結構普通に分かるもんなんですかね?
興味がある方、自信のある方やってみてくださいよ。

結果教えてねw

CanCam検定中級
[PR]
by shimo_G | 2006-04-16 22:06 | 観察日記。

サンボマスター / 僕と君の全てをロックンロールと呼べ
【怒りも悲しみも喜びも哀しさも全て君に伝えなければならない】

僕と君の全てをロックンロールと呼べ
サンボマスター 山口隆 / ソニーミュージックエンタテインメント
ISBN : B000EF5V1E



最初に断っておかなければならないのは、今回は曲ごとの紹介なしです。いや、下手したら曲の紹介すらしないかもしれません。
実は長いアルバムが嫌いです。12曲以上になると冗長なような気がしてきます。情報化社会の落とし子的な感覚なのかもしれませんが、単純に意味あるのかよ?っと思ってしまう部分が多いです。
18曲、70分超というキャッチコピーだけが先行しているような気すらする、サンボマスターのニューアルバム。それだけ聞くとなんだかなぁって気持ちが出てきてしまうのですよ。長いから大作だとか、曲数が多いからお買い得だとか、そういうのはベスト盤とかだけにしとけばいいわけですよ。ってこんな事書いちゃって、自分のブログの中にボロがありそうな話だけどw

そういう問題じゃないんだ。

『今一時に対して真摯』という言葉を思い出す。「アカギ」という麻雀漫画の中に出てくる言葉だけど、これ以上的確にこのアルバムに対する言葉もないような気がしてしまう。「全部言いたかった」というのは、Vo&Gの山口氏が言ってることだが、「全部言いたい」という感情がそもそも「今に対して真摯」なんだよ。

明日は希望であり、絶望でもあるんだ。

誰に対しても時間は平等だけど、人生で持てる時間の長さは違う。もしかしたら明日なんてこないかもしれないし、今日だって終わらないかもしれない。だから、今一時を薄めない生き方をしなくちゃいけない。わかっちゃいるんだ。でも、ほとんどの人間がそんな事できない。というか、多くの人間はそんな構造をしていないんだと思う。そういう人間にとっては、明日という逃げ道は希望であるように思えるけど、明日になったらまた明日で明後日という逃げ道を知ることになる。だから、その状態に対する絶望めいたものを持っているはずなんだ。
だからこそ、だからこそ俺達は「今に対して真摯」であることに、心を打たれる。

サンボマスターの音楽は痛いくらいに今に対して真摯だ。

この現実を見据えた上で、鳴らさなければならない音楽を作るという事は尋常な作業ではない。その「言わなければならない」という訴求感がどこから来るかわからないが、それを具現化するという作業は情熱という言葉だけではあまりに物足りない。
一生懸命俺らはその原料を探す。でも、この音楽に対してそれをする必要性はないだろう。

受け入れて、進むしかねぇんだろうな。

この痛みも、憎悪や、歓喜や、評価や、希望も絶望も。全て受け入れて、そこから"今"に対して何が出来るのかということなんだろうな。まさしくこのアルバムは受け入れて、放っている。恐ろしいくらいに受け入れて、放っている。多分1人じゃここまでできないだろう。3人だからそこまでできるんじゃないかと思う。でも、なんなんだ、一体この燃え尽きる事を恐れない意思の塊は。命を費やして人間はここまでやることができるのか。

涙が出るじゃねぇか。

言葉でもなく、メロディでもなく、共有しているという事実に涙が出る。この音楽を聞いている者と奏でている者のプライベートな感情。共有感。存在感を確かめることに涙が出る。そこにいる誰かの存在を認めようとする、その行為をこの熱さで、この想いで、"今"、それも常識を逸脱したレベルでやっている事に、死の美学すら感じとれる。

これが伝えるということなのか。

人に言うという行為なのか。

伝える事は理解してもらう事とはイコールではない。理解してもらおうとする事だ。不確定なんだ。だから、"今"わかってもらう必要はないんだと思ってしまっている自分がいる。でも、"今"わかってもらおうとする彼らがいる。だから。

受け入れて、進むしかねぇんだろうな。

素晴らしい、想いをありがとう。
[PR]
by shimo_G | 2006-04-16 11:51 | 音楽

HIGH and MIGHTY COLOR / 傲音プログレッシブ
【沖縄産ジャパニーズヘヴィロック】

傲音プログレッシヴ
HIGH and MIGHTY COLOR / SE
ISBN : B000ELIWIM



最近すっかり邦楽づいてしまいまして…。
おもしろいバンド多いよね。

なんとなく気になっていたアルバムを手にとってみました。

ガンダムの主題歌に抜擢されて、なんと全米デビューまでしてしまったバンドHIGH and MIGHTY COLOR(通称:ハイカラ)。沖縄出身のことから、オレンジレンジの弟分的な位置から語られる事もあるけど、実際の音楽性にはかなりかけ離れたものがあるね。
そもそもメタリカのコピーをやっていたぐらいだから、メタル的なアプローチも多いし、それであっても紅一点のボーカル、マーキーの存在感によってどこにもないワンアンドオンリーなバンドに見事に成長していってますな。

イントロギターからスネア一発で一気にブーストしていく#1.一輪の花。極悪ギターリフに「おぉっ」っと感嘆しつつ、Cメロバンザイの#2.for Dear...。半端なくカッコいいイントロギターソロから、ユウスケのシャウトで、ロールするハイテンポなドラムが印象的な#3."Here I am"。物憂げなアルペジオと、凛としたマーキーのボーカルが印象的な#4.宝石の涙。っと、かなり激しい序盤。

そしてそして、カラリと晴れた青空のようなイントロギターから、無垢なガールポップチューンの#5.水玉ラムネっ!サビの分かりやすさより、Aメロの変態的な演奏がいいw
民族音楽のようなSEに、パラレルに乗るツインギターと哀愁メロが心地よい#6.背徳の情熱。サビでのユウスケのシャウトと、相反して切々と歌うマーキーのコントラストが見事な#7.罪。メインリフの分かりやすさが爽快な#8.リアルワールド

またもや炸裂ガールポップの#9.A PLACE TO GO。わかりやすいメロと対照的に、やはりここでも"こういう曲なんに"入るテクニック部分にニマリとする。ハイカラの直球曲#10.STYLE~get glory in this hand~。ギターソロがかっこいいね。そしてそして、ユウスケ爆発の#11.パールシャドウっ!後乗りで、後ろ髪引かれるようなマーキーのパートもいいね。

SEから轟音ノイズで圧倒される#12.黒アゲハ舞う丘。儚げなサビメロを叩き割るような、中盤のラップパートが熱い#13.星空に降る雪

ラストは、"また明日"の優しさ溢れる#14.ガーデン オブ MY ハートっ!この曲がラストにあるって事が、ホントにこのアルバム引き締めてるよ。

演奏に関しては、ホント何も言うことがないぐらい、個々の力が素晴らしい事はありありと伝わってくる。緩い曲でも、しっかりと主張してくる各パートの自信が、揺るがないものを作っているね。
だから、後はボーカル2人の出来にこのバンドは完全にかかってる部分があるよね。

気になるのは、ここはマーキー、ここはユウスケって分けすぎじゃない?せっかく2人いるんだから、もっと掛け合いとかあって良いと思うんだけど。後全体的にユウスケの声量なのか、マイク音量が低い気がする。ユウスケのシャウトとかもっと前面に押し出したほうが、マーキーとのコントラストが色鮮やかになるような気がするんだけどなぁ…。

まぁ、なんにしても前作からのインターバルが7ヶ月しかない事を考えると、かなり質が良いものを出してると思います。

素晴らしいキャリアを築いて下さいなっ!
[PR]
by shimo_G | 2006-04-15 11:21 | 音楽

戦国無双2 / コーエー
【トランス】

戦国無双2
/ コーエー
ISBN : B000CR4DXG




というわけで、そろそろプレイ時間も結構な時間になりまして。

なんとなく気になった事や気に入ったことを書こうかなと。

え~まぁなんにしても無双シリーズは面白いのですがw

えっと前作から良くなったと思われるのは、
・爽快感が増した
・キャラごとに微妙にコマンドが違う
・画面が明るくなった
・キャラクターが個人的に好き(とくに五右衛門はいらなかったのでありがたい)
・城がマップの中にある
などなど。

特に前作で結構辛かった城がマップの中にあるのは、プレイ冗長になるのを避けてていいね。
あと、前作に比べたら敵が固くないので、爽快感はあがってるね。

微妙だなと思うのは、
・宝物庫からミッション一覧がなくなった
・ミッションの強制感薄い

ミッション一覧を埋めるのが、自分プレイの目標だったので、無くなっちゃったのはちょっと残念だけど。
ミッションの強制感が薄いのは、個人的にはかなり微妙。
あの"次から次へ"とミッションが出てくる感じが好きだったのだが。

まぁ何にしてもこの爽快感は、やっぱり最高っすわw

金儲けと批判だらけの猛将伝も、あれはあれで好きなので出して欲しいなぁw
[PR]
by shimo_G | 2006-04-10 23:21 | ゲーム全般

バーンアウト3 テイクダウン / エレクトロニックアーツ
【クレイジーは褒め言葉だ】

バーンアウト3:テイクダウン
/ エレクトロニック・アーツ
ISBN : B0009CM70K




冷静なゲームが増えたなっと思う。
プレイしてのミニゲームや、やり込み要素とか。

なんとかしてプレイヤーを引き付けようとして、様々な工夫がされている。

でも、ホント必要なのってそれじゃなくて。
本筋に一つ要素突っ込むだけで良いんだと思う。

例えば三国無双は3Dアクションに、無数の敵を出現させて"とにかく斬る"ということに力を入れて、それだけでオンリーワンの存在になっている。

バーンアウトはそういうゲームだ。

レースゲームに"クレイジー"を突っ込んだゲームだ。
ただ、クレイジータクシーとはその"クレイジー"のベクトルが違う。

このゲームはクラッシュが中心のレースゲームだ。
レースとしての醍醐味も楽しめるが、相手をクラッシュに追い込んだり、自分がクラッシュした時に、いかに周りを巻き込むかがプレイの肝だ。

そして極めつけは、クラッシュモード。
パズルのような緻密さを持ちながら、渋滞にぶっこんで大クラッシュを巻き起こして、被害総額を競うという、もう倫理的に軽くぶっ飛んだモードだが、これが半端ない中毒性がある。

ある程度の台数をクラッシュすると、自爆できてさらに被害金額を上乗せできたりと、その時の爆風でうまく連鎖させたりなど、シンプルな中にうまく奥深さが入っている。

ってか、ほんとに面白いw

ストレスが溜まったら、一発渋滞にぶっこんでみるべw

ホントにやっちゃダメよ!w
[PR]
by shimo_G | 2006-04-10 23:00 | ゲーム全般

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング