<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

痛み忘れるべからず。
惨敗。

まさしく日本のドイツW杯に対するもっともな評価だ。

悪夢のようなオーストラリア戦、後悔しか残らないクロアチア戦、舐められきったブラジル戦。どこをとっても明日に繋がる望みさえ絶たれたようなものだ。

日本のFWは残念ながら稚拙だった。稚拙だったが、やはり直接的な原因MFだと思う。間延びした中盤。ディフェンスに回るしかないFW。必然的に前線ラインは押されて、圧迫感がDFを支配していく。

自分の印象はどの試合もそうだった。

確かに気を吐き続けた中田。積極的なプレス、渾身とも呼べるシュート。しかし、彼はチームを決める「1人、ないしは2人か3人」には、最後まで成り得なかった。ワンプレーで流れを変えれる選手となりえなかった自分が悔しかったに違いない。

個人的にジーコの目標は嫌いではなかったし、コンセプトは間違っていなかったとは思う。ただ、あまりに極端だったのだろう。結局日本はある程度の統制を取らなければダメなチームでもあるから。
実は、トルシエジャパン時代に「このまま行って世界で通用するとは思えない」っとずっと思っていた。フィジカルが強くなることも大事だし、流動的な攻めができない限り、結局は中田、中村を潰せば怖いチームではなくなってしまう事が明白だった。

ただ、思うのはトルシエジャパンなら勝っていたとも思えない。ようはあの時から成長が止まっているように思える。それこそがジーコが犯した過ちなのだろう。

黄金世代と呼ばれた79年組。
このまま終わるのか、次に繋がるのかをしっかり見届けなければならない。

俺らの好きなサッカーをこのままにしておけるわけないだろうがっ!

だから、期待する。プレッシャーをかける。
この痛みを決して忘れることのないように。
彼らの人生が勝利で彩られるように。

そして、いつの日か。
W杯で日本が優勝するように。

-----------------------------------------------------------------------------

それにしても、毎日、毎日恐ろしいほどのベストマッチが続きますなw
仕事であまり見られないのが、残念ですが、本当に楽しい時間を過ごしてますわw
[PR]
by shimo_g | 2006-06-28 01:16 | 観察日記。

LOSTPROPHCTS / LIBERATION TRANSMISSION
【轟音と哀愁が衝突して弾けた瞬間】

Liberation Transmission
Lostprophets / Columbia



というわけで、だいぶ間が空いてしまいましたが、久々の音楽ネタ。

最近の楽しみはもっぱらCDを吟味して買うこと(あぁ、ダーツに行けてないなぁ)なので、ぷらっとCD屋に行って購入した作品。

試聴機にあった作品を片っ端から聞いていて、電撃が走りましたわぁw

名前ぐらいは知ってたロストプロフェッツの新作です。

スッカスカにエフェクトがかかったドラムと、ハウリングの轟音ノイズで歪みまくりのギターリフが、「バシュ」と瞬く火花の光のような絶叫シャウトで受電されるような、一撃キラーチューン#1.EVERY COMBATっ!後半につれてあがるテンションに呆然っすよっ!もうこの1曲だけでも買って良かったw
切り裂くようなギターのカッティングと、ブリッジのメロが秀逸な#2.A TOWN CALLED HYPOCAISY。ここってとこで織り込まれるシャウトと、ポップなメロディに頭を振らずにいられない#3.THE NEW TRANSMISSION。そしてそして、美しさと激しさが見事な核融合を巻き起こす#4.ROOFTOPS(A LIBERATION BROADCAST)っ!泣き叫ぶように力強く歌うボーカルと、コーラスが本当に熱い。

中盤の幕開けは、時計の針を止めたくなるような素晴らしいイントロギターから、最後まで伸びやかなメロディを奏でる#5.CAN'T STOP,GOTTA DATE WITH HATEっ!そして、コーラスワークと、跳ねるリズム、ラストに近づくにつれてシンバルを叩きまくるドラムが印象的な#6.CAN'T CATCH TOMORROW(GOOD SHOES WON'T SAVE YOU THIS TIME)。完全にライブを意識しての掛け声ありきの楽曲#7.EVERYBODY'S SCREAMING!!!っ!またもや、激しいのに涙腺に直撃する哀愁を感じる#8.BROKEN HEARTS,TORN UP LETTERS AND THE STORY OF A LONELY GIRLっ!!!

破壊的なギターに、「GOODBAY」がむしろ切なく聴こえる、ヘビメタちっくなバラード#9.4AM FOREVER。「YEAHっ!!!」のシャウトで、一気に別世界に引き込み、直球なメロディを浴びせかける#10.FOR ALL THESE TIMES SON,FOR ALL THESE TIMESっ!ドラムの存在感が光る#11.HEAVEN FOR THE WEATHER,HELL FOR THE COMPANY。ラストは、不器用な男の優しさと恋しい気持ちを歌う#12.ALWAYS ALL WAYS (APOLOGIES,GLANCES AND MESSED UP CHANCES)

全編通してメロディの良さがホントに素晴らしいが、縦横無尽に突き進む2本のギター、しっかりとメロディを支えるベースライン、どこまでもロックなドラムプレイもとてもいいですわぁw

激しい曲が多いのに、何故か涙腺を刺激される感じも、しっかりしたメロディとボーカルの力だと思いますな。

ここ1,2ヶ月でダントツのアルバムですわ。お試しあれw
[PR]
by shimo_G | 2006-06-26 01:46 | 音楽

お知らせ。
えっと、気が付いている方もいるかもしれませんが、
現在このブログではトラックバック規制をしております。
一時期海外サイトや、なぞの販売サイトなどからトラックバックを貼られまくっていたので、
いちいち削除するのがめんどくさくなってしまい、規制しました。

現在は、このブログのリンクがあるサイトのみ、トラックバックができるようになっています。

知らずにトラックバックしようとした方がいましたら、ごめんなさい。

ってか、アフェリエイトって言葉を入れただけで、アフェリエイトでの儲け方みたいなサイトがいっぱいトラックバックしてくるのは、ぐったりです。

えっと、サイドに見慣れないネームカードってのがあるかと思います。
これは、エキサイトサービスの新機能だそうで、いわゆる名刺ですね。交換とかできて、共通の趣味を持った人と出会えるとか、SNS的な位置づけを狙っているのかもしれませんが。

これに登録してブログと連動させはじめました。

まぁ、自分が導入した理由は、ブログのアクセス解析ができるようになることと、画像の容量が1GBに引上げられるからです。

アクセス解析は前から欲しかったので、サービスとして追加してくれてありがたいです。
皆さんが「そうずら」っとダイレクトでこのブログを検索してくれてるっぽいのもわかって、
うれしい限りですわw
(もしかしたら、ただ"そうずら"って言葉を調べたかったのかもしれませんがw気にしませんw)

でも、なんでしたらお気に入りに登録してくださいなw

さて、実はこのブログは7月2日を持ちまして、3年目に突入しますっ!
なんだかんだで、丸2年乗り切れそうですわw

3年目突入時には、またなんか書きますわw

後、CDの発売ラッシュのため購入していても記事が書けておりません…。仕事も忙しいしねぇ。

とりあえず、来週はMUSEのアルバム、再来週はlocofrankのアルバム、チャットモンチーの
アルバムを購入できたらいいなぁっと画策中です。

以上、お知らせ&近況でした。
[PR]
by shimo_g | 2006-06-22 01:50 | 観察日記。

有楽町にて全国行脚。
旅行に行きたい…。

広島行ってお好み焼き食べたい…。
北海道行ってうに食べたい…。
沖縄行って泡盛飲みたい…。
温泉も行きたいし、知らない場所に行ってみたいっ!

そして、ご当地キティちゃんを見て、苦笑いしたいっ!

そんな衝動に掻き立てられる毎日ですが、有楽町にアンテナショップなるとこがあるらしいじゃないですか。このアンテナショップとやらは、地方の特産品が売っているお店で、いわゆるデパートなどの物産展が毎日やってるようなお店。

特長としては、目的が地方を知ってもらうためにあるため、利益は二の次ってとこ。

う~これは行ってみたいっ!っと思いまして、昨日サッカー前に友人を誘って、アンテナショップめぐりをしてきやした~。

有楽町駅を降りると、すぐに三省堂書店があるのですが、そのビルの中に何店かお店があるので、何店かめぐってみました。

a0033020_22251090.jpga0033020_22285335.jpg
まずは、王道中の王道の北海道。やっぱり人もかなり多い。でも、ホントいろんな物が売ってます。パッとみて、やはり乳製品と魚貝系の食べ物が豊富。変わった物もかなりあって、ポテトチップがチョコレートにコーティングされたものとか、ちょっとした鰹節ぐらいの大きさのスイートポテト、毛がにのエキスを麺に練りこんだ袋麺や、焼きそば弁当とか、ほんと書ききれないぐらいありますよ。
後は王道のハスカップや、レトルトスープカレー、チーズケーキなどなども。
友人ともども、超目移りしまくりで、「やべぇ、この松前漬けぜってぇうまいって」やら、「こんなシャケフレークあったら、米底なしで食えるって」っとお互いじょじょにテンションがあがってくる。
写真はこれまたおいしそうなじゃがバター。一人分でも売ってるのが、うれしいですな。

とりあえず、このまま北海道に留まっているとわけわかんない量買ってしまいそうなので、秋田に移動。

あれ?全然人がいない…。
やはり北海道の人気ぶりがかなり際立っているようで、秋田のアンテナショップはあまり人がいません。しかし、秋田もこれまた魅力的な物が売っているわけですよっ!

a0033020_22425476.jpga0033020_22432023.jpg
まず入って、すぐに目に付いたのが、謎のアイスキャンディーのハバヘラアイスキャンディー。秋田ではかなりポピュラーなのでしょうか?全然わかんねぇw後、かなり驚いたのが、きりたんぽのカップ鍋。こんなん初めて見たよ~。ってか、凄く食べてみたくなったので友人と二人で購入。630円というお値段は高いが、これはこれで価値がある。
後は、山芋の粉末や、乾燥納豆など見たこともないようなものがいっぱい…。漬物も多かった。
地酒も結構な種類が売ってましたよ。天の戸ってやつを買ってみました。

んで、会計を済ませて、ちらっと横を見ると…。

a0033020_22531090.jpg何これ…

秋田を守るローカルなヒーローってw
地球じゃないんかいっw岩手の事は知ったこっちゃないんかいっw

水木一郎アニキだし。すごいな。
ってか、サブタイトルが「~見だがおめだぢ~」ってwww
やばい、腹痛いwww
超聞きたいw誰か買ってみてくださいよw

秋田の天才っぷりを垣間見ましたw


でもね、上には上がいるもので…。
この後、さらに驚愕のキャラクターがw

富山のアンテナショップも行ったのですが、石川県出身者と、石川に住んでた事がある自分にとってはあまり目新しいものもなく…近くの和歌山のアンテナショップに入る。
和歌山は梅干がかなり有名らしく、かなりの種類が。中には桐の箱に入ったようなものもあって、ビックリ。1箱4千円ぐらいするしね。
後、備長炭グッズもいっぱい。

ただ、その中で目を疑う物が…。

a0033020_2363830.jpgっ!!!!!

なんだこの萌え萌えキャラはっ!

何々…びんちょうタン…

あっひゃっひゃwww

やばいってw腹痛いってw
しょこたん的にタンをつけて、萌えキャラを作ったらしく、その他のキャラクターはれんタンとかw

貪欲だなぁw
和歌山にも天才がいるよ、多分w

でも、真面目な話、地方のこういうキャラクターってすごいゆるくて、全国的なヒットとかあんましないけど、ここまでちゃんとしたキャラ作るのってすごい努力だよなぁっと。ちょっと感心しました。
だって、びんちょうタンのDVD出てるぐらいだもんっ!すごいよね。
戸越銀座のネコのキャラクター(最近知ったのですが、カワイイよね。)のようにヒットすることを影ながら祈っています。

我が地元、長野もこういうのないかなぁ。ってか、昔友達になんか聞いた気もするが…。

んで、一通り見て回ったので、気になった物をお買い上げ♪

a0033020_23184297.jpga0033020_23185932.jpg
友人宅でサッカー前の宴です。まず、左の写真は、北海道のショップで買ったサーモンオンリーの魚肉ソーセージと、スイートポテト、後、秋田のショップで友人購入したたくあんの燻製です。
サーモンソーセージはやはり粘り気があまりないのかかなり柔らかいです。でも、思ったよりサーモンって感じがしなかったね。スイートポテトはしっとり、ホクホクな感じでかなりうまかったw
たくあんの燻製はやばいぐらいうまいです。あったら永遠と食べてしまいそう。
んで、右の写真は北海道のショップで購入のうにいか合えと、松前漬、さらに秋田の地酒天の戸、千枚漬ですな。いやぁ酒がうまいっw
地酒はさっぱりして飲みやすいですし、うにいか合えがとにかくやばいっすwあと松前漬も昆布の深みが酒に合います。どちらも、500円ぐらいかな?

サッカーが引き分けだったことを除けば、満足な一日でしたw
また行きたいなぁw

あっ、北海道のショップでソフトクリームを売ってるお姉さんが、超かわいかったw
そして、ソフトクリームもうまかったw

次は沖縄のショップに行って、泡盛を買うぞっ!
[PR]
by shimo_G | 2006-06-19 23:31 | 観察日記。

ワールドカップとじいちゃん。
さて、4年振りの祭りが来ましたね。

ワールドカップですよっ!
ただ、はっきり言ってほとんど試合を見ていません…。疲れてて、家に帰ってくると寝ちゃうのよね。昨日のメキシコ対イランが見たかったよ…。

a0033020_21191578.jpgそういえば、金曜仕事で外に出て八丁堀に行ったのですが、ビルにこんなんが出来ていたり。あぁ、ワールドカップだなって思ったり。


んで、今日はさすがに日本戦なので、早目に帰ってきて。

会社からの帰り道にじいちゃんの事を思い出しました。

自分がワールドカップを意識したのは、やっぱ98年のフランス大会からで。予選もずっとみていたのですが、できるだけデカイテレビで見たいので、居間にある36型のテレビで観戦しようとしていたわけです。
んで、居間のテレビはじいちゃん専用みたいになっていて、いつも「じいちゃん、サッカーみたいんだけど、いい?」って聞くと、「ん」ってリモコンをこっちに渡してくれて。
そっから、わーわー言いながら、テレビを見る俺と、黙ってテレビを見るじいちゃんってのが、日本戦を見る我が家の風景になって。

んで、日本がミスをすると、じいちゃんが「ありゃ、バカだな」っと、身も蓋もない評価を下したりw
勝っても、負けても特に何も言わず。

じいちゃんはサッカー楽しいのかなぁ?っと思ってました。
孫と一緒にいられるのがうれしいのかなぁ?って。

忘れもしない、日本がワールドカップ出場を決めたあの試合。延長になって、夜遅くになって。「じいちゃん、寝んで大丈夫?」と聞くと、「ん」っと言ってじっとテレビを見つめるじいちゃん。

ようやく岡野がゴールを決めた時。

「入った~!」っと叫ぶ俺。
「おぉ」と声をあげるじいちゃん。

そして、「よかったなぁ」とにっかり笑って、「さぁ、じいちゃんはもう寝るぞ」っと眠そうな顔で、部屋を出て行くじいちゃんを見て、「あぁ、じいちゃんもきっと楽しかったんだ」って思って、うれしくなったっけ。

それから、大学に行って一人暮らしをはじめて、社会人になって。
たまに家に帰ることはあっても、サッカーをじいちゃんと見ることはなかったな…。

そんなじいちゃんは、昨年天寿をまっとうしました。

今日はどこかでこの試合を楽しみに見ていることでしょう。

さて、そろそろキックオフです。
じいちゃんの「よかったなぁ」って顔が思い出せる結果になればいいなぁ。

オーストラリアにだって、そういう気持ちで応援している人もいるでしょう。

どちらかが勝っても気持ちの良い試合であって欲しいです。

さぁ、最高の90分を楽しみましょうっ!!!

(あぁ、急いで書いたから変な文章かも~)
[PR]
by shimo_G | 2006-06-12 22:00 | 観察日記。

はらたいらさんに5千点。
先日。

蒲田の街をテクテク歩いていると、前方におばさんの4人組がいて、ちっとも進まない。
「ったく…」っと思いながら、追い越す。

すると、後ろからおばさんの声が聞こえてきまして。

「じゃ、私が大橋巨泉ね」

っと。

えっと…。

んっと…。

なにそれ???

どういうシチュエーションなら、そんな言葉が出るのか、ぜんぜんわからず。なんだろ、とにかくワールドカップを前にして、ポジション決めでもしていたのかと思うほど、私が「大橋巨泉」やるわ~ってテンションでの発言に、他のおばさんも異存がないようでして。

「じゃ、俺が北野教授やるわ」

っと言ってしまいそうになりやしたわ~。

ん?まぁそれだけ。
[PR]
by shimo_g | 2006-06-07 01:37 | 観察日記。

locofrank / ripple
【なんだか、こういうバンドがいるということに泣けてくる】

ripple
locofrank / インディペンデントレーベル
ISBN : B000219QSO


さてさて、かなり久しぶりです。
ここ最近でこんなに空いたことがなかったので、ちょっと心配だったのですが。

仕事の方が相変わらず忙しくて、こないだの徹夜明けはさすがにしんどかったです。
先月の残業時間は楽勝で100時間オーバーですしねぇ。

こんな状態でもCDは何とか買っているもので、レッチリ、レミオロメンと有名どこばっか買っていたので、スプリット盤も出て話題のlocofrankの1stフルを購入してみました。

人生という大きな海原への航海を強い信念で乗り越える#1.voyageの美メロ。イントロの優しいメロディが楽曲全体を包み込む#2.Prepare for life。ブレイクの心地良さを前面に押し出した#3.BE FULLっと、序盤から溢れ出る美メロと勢いのある演奏が心地よいね。

ダウンピッキングで奏でられるイントロギターの優しさが胸に染みる#4.no title。もう、なんだよっwってくらいメロディラインの素晴らしい#5.roots。打って変わって隙間が多い音で、浸透圧を超えて体に染み込むような#6.Time of patience

ドライブ感満載のギターでぐいぐいと楽曲を引っ張る#7.Mountain range。哀愁メロとギターノイズをこれでもかと浴びせかける#8.It's OVER。絶妙にシャッフルするギターと力の限りに叩かれるスネアの鼓動、跳ねるベース、そして何よりもキラキラ色を変える楽曲が素晴らしい#9.The wind in February

locofrank風青春ソング#10.A meaningful Answer。轟音ギターとドラムのおかずが絡み合う#11.No all others。ラストは温かさ溢れる#12.STORYっ!「物語は1人では作れない/誰かと共に生まれるものだから」っていいなぁ。

locofrankの魅力って、多分歌メロになってしまうのかもしれないけど、いつもいつも飽きない曲展開の練りこみも非常にレベルが高いと思うのよ。
轟音のギターに、手数の多いドラム、ここってとこで主張するベース。1stからこれってすごいよなぁ。

何しても、こうしたバンドがまだいるって事がホントにうれしいね。

2ndアルバムは7月発売予定だそうです。こちらも楽しみ。

locofrank作品の記事
-----------------------------------------------------------
locofrank / Shared time
[PR]
by shimo_G | 2006-06-02 00:56 | 音楽

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング