<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

姫スカ "PRINCESS SKA"
【スカポップ♪】

姫SKA~PRINCESS SKA~
オムニバス GOLLBETTY Yum!Yum!ORANGE SKULL CANDY レトロ本舗 ナナマーラ Witchery SKANK / 日本クラウン
ISBN : B000G5S7PO


はぁ~いそがしぃ~わぁ~。
今月は2日しか休んでねぇしな。

こう忙しいと買い物はおのずとamazon専門になりますな。ってか、もうすぐ夏も終わりだってのに、まったくもって夏を感じるような出来事もないわけっすよ。

気持ちだけでも夏気分に浸りたいので、ガールズスカポップのコンピを買ってみやした。

まぁPOTSHOTとか普通に好きだったので、こういうのは大好物でありんす。
んでは曲紹介。

#1.WAY to YOU / GOLLBETTY
いいっすwかなりボーカルの子の声がツボですなぁ。ブレスの感じとかがちょいセクシーですし。ホーンセクションも心地よいし、何気に弾きまくりなギターも面白いっすね。ベースがもうちょいブリブリと出てきてもいいかな。

#2.プレゼント / Yum!Yum!ORANGE
言わずとしれたスカポップの中堅どころ。安定したリズム隊と、メロウなホーン、全体を支えるギター、ファルセットが心地よいボーカルっと、相変わらず自分の中では理想的なスカポップっぷりです。今でも葛飾ラプソディーは好きですねぇ。

#3.PARTY!! / SKULL CANDY
関西を中心に活動中。ちょいとやんちゃな感じがいいっすねぇ。曲名どおり踊れますなぁ。ラストのクラップの部分をもうちょっとフューチャーしてくれれば…おしいっす。

#4.走れ!スクーター! / レトロ本舗
コンセプトはしっかりしてると思いますし、曲の出来自体は他のバンドと大差ないんですが、なんかボーカルがどっちつかずな感じがしますなぁ。しっかりとまとまってはいますがね。ちょっと他の曲も聞いてみたいですわ。多分歌い方変えてるんじゃないかなぁ。いや、悪くはないっすよ。

#5.How does it feel / ナナマーラ
ポップよりはロックよりですな。スカって曲じゃないですし。間奏のホーンの入り方がすごくいいっすね。曲順を考えるといいところに入ったって感じします。サビは耳に残りますわぁ。知らず知らず口ずさんでいたり。

#6.JOY♥JOY♥JOY / Witchery SKANK
えーっと。個人的にメチャメチャ好きです。なんと言ってもボーカルがかわいすぎですw。「Oh!」とか掛け声入ったりするのが、たまんねぇっすわ。速い曲で乗りもいいですし、あとベースかなりうまいっすね。スコーンと抜けるドラムのスネアも好みの音ですわ。
音源が欲しいです。

#7.二人のメロディー / ネコベッド
やりたい事はわかるのですが、チョットテンポが速すぎるような気がします。もうちょっと遅くして聞かせる歌にしてもよかったのではないですかね?演奏は上手いのですが、なんだか染みてこねぇっす。

#8.petite bat / マタニTV
メロはかなりいいっす。あと木琴!これはかなり意表つかれた感じします。メチャメチャ心地いいっす。ホーンもかなり存分に入っていて満足です。ボーカルがちょっとつたない感じが、逆にひっかかります。

#9.リズム / 舞丹旅
男女ツインボーカルの伸びやかな声が、爽やかですな。イントロのアコギも「おっ」っと思います。女の子より男の方のボーカルをフューチャーした曲が聴いてみたいです。クリアだけど、嫌な感じがしない、個人的に好きな声ですわ。

#10.Happy Smile / D-snick
サビはいいですし、演奏も悪くはないんですが、最初である「Go!」の合いの手のニュアンスがあまりに曲にあってなくて…。めずらしく聴いててイラっとしてしまいましたwこれが、前のりな「YEAHっ!」だったらもうちょっとよかったのでは。
非常におしいですわ。

#11.THANK you for... / FRESSH CHERRY SOURCE
唯一のスロー楽曲。レゲエとスカの中間といった感じで、心地いいですね。こういう曲できるバンドのアッパーな曲は多分いいと思います。ただ札幌で活動しているのが、遠すぎてライブに行けないですなぁw

個人的にはGOLLBETTY、Witchery SKANKあたりアルバム購入してもいいって感じです。とくにWitchery SKANKいいっすわぁ。

値段も高くないので、ジャンル好きならどうぞw

こりゃ、次は姫トランスいっちゃう?www
[PR]
by shimo_G | 2006-08-30 02:23 | 音楽

WIG WAM / WIG WAMANIA
【明日死ぬならこの一枚】

ウィグ・ワマニア
ウィグ・ワム / キングレコード
ISBN : B000FUTZPG



仕事の関係で外出。帰りにCD屋に寄る。クリスティーナアギレラのニューアルバムがちょっと気になりつつ(今回のドス利きまくりのボーカルは素晴らしいと思うよ。久々にポップでかっちょいいと思った。)、ハードロック・ヘヴィメタルコーナーへ。

試聴機の一番上に見慣れないバンドのCDがある。

「おっイロモノ♪」っとジャケを見てニヤニヤ。

PLAYボタンを押して。

…5分後…

こりゃ、やべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

な、な、なんだこりゃ、半端ねぇ!!!こんな体験もう出来ないって思ってたんにっ!
音楽を聴いて体中に電撃が走って、鳥肌がガツガツ立つのこの感じっ!年に一度あれば十分ってやつが遂に来たっ!!!!

ノルウェー産の極上ハードロック、ウィグワム。2ndアルバムにて日本上陸でございやすっ!

これからはじまるぶっちぎった世界を構築するための、交響曲#1.WIG WAMANIA。独特のタム回しに、うねり絡みつくベースの歪み、ハイトーンヴォイスのシャウトと共に鳴り響く雷撃のようなギターリフっ!!!そして何より素晴らしいメロディに一発でウィグワムの世界に持ってかれる#2.ROCK MY RIDEっ!!!ギターソロも絶頂カタルシス全開でホントたまんなくて、笑っちまうよw。哀愁ただようイントロから、アコギに乗って胸に響くボーカル、そして完璧なサビのメロディにぐぅの音も出ない#3.SLAVE TO YOUR LOVEっ!そしてそして、恐ろしいほどの大名曲と言って過言ではない#4.GONNA GET YOU SOMEDAYっ!!!!!だって、もう最初のワンフレーズ聴いただけで、嬉しくて泣きそうになるもんよっ!BON JOVIの名曲を初めて聴いたような感動があるよ。

またもや完璧なパワーバラード#5.BYGONE ZONEっ!くっせぇメロディと間奏のタメが心地良いよねぇ~w。そして2ndシングルになる#6.DARE DEVIL HEATっ!強烈なスウィングリフと、織り交ざるハイトーンシャウトに魂抜かれかけますってwギターソロにも悶絶、モンゼツ、MONZETSUっ!そんでもって、これでもかってほどキャッチーなギターリフを前面に押し出した#7.KILL MY ROCK 'N' ROLLっ!ラストが思わず失禁もんですよっ!

メタルファンだったらたまらない速弾きギターインストの#8.THE RIDDLEっ!思いっきりヘドバンかました後にやってくるオーケストラの響きと、ピアノの旋律…涙が出そうになるメロ…#9.A THE END OF THE DAY…。ホント泣きそうになるって…。最高だぞこのやろうっ!イントロ聴いた瞬間に「あれ、有名なあの曲っぽい」っと思う#10.A R'N'R GIRL LIKE YOUwまぁ、途中から全然違うんだけどねwそれにしても、これもまたメロ良し、ギター良しですわ。

歌メロとユニゾンのギターがヤバ過ぎる#11.CAN'T GET HER (OUT OF MY BED)っ!!!グラマラスな極上ポップメロと、耳をつんざくギターの歪みが最高っすよ!本編ラストはオルゴールの優しい音色を一発で踏みにじる性急なハイハット、歪んだギター、そしてそしてヘヴィメタルシャウトっ!!!とにかくパワーで捻じ伏せる#12.BREAKING ALL THE RULESっ!!!

まだまだ終わらないボートラ連打っ!合唱必死の絶妙コーラスがたまらない#13.AFTER THE NINE O'CLOCK NEWSっ!ベースのフラッシュ先生がボーカルを取る#14.FLYING HIGHも、素晴らしいメロと絶頂ギター全開でアドレナリン全放出っすよっ!
そしてそしてラストはライブVer.の代表曲#15.IN MY DREAMSっ!!!!!ホントなんなんだこの曲の素晴らしさはっ!

とにかく全編通して言えるのは、恐ろしいほど曲がいい。ちょっとここ最近っていうか、自分の中でこれだけ捨て曲がないアルバムってそうそうないよ。やろうと思ったってそう簡単にできないしね。ギタープレイもキッチリツボを押さえていていいですわぁ。

基本的な楽曲は、ほんと80年代のスタジアムロック直結って感じで、KISS、DEF LEPPARD、VAN HALEN、果てはBON JOVIまでも髣髴とさせるぐらい、いろんなバンドの良いとこ取りって感じですわぁ。でも、単なる要素をぱくったって感じじゃなくて、しっかりとそれを受け止めてウィグワム色に染めているって感じですかね。

なんにしても本当に素晴らしいっ!もし、これ聴いてダメって言うならハードロックは一生聴かなくていいジャンルにすらなると思いますわぁ。

ってか、騙されたと思って一度聴いてみてくださいなっ!

これぞまさに…

必聴だっ!!!!

ほんと、生きてて良かったw
神様ありがとうw
[PR]
by shimo_G | 2006-08-24 02:15 | 音楽

SCORPIONS / BLACKOUT
【これぞジャーマンメタルだっ!】

蠍魔宮~ブラックアウト
スコーピオンズ / 東芝EMI
ISBN : B00005RGWP



珍しく音楽ネタ連発で。

先週だったかな?会社の何人かで飲みに行きまして。たまたま俺の前の席に座った課長と音楽の話になりましてね。課長は年齢的にも80年代ハードロックなどを結構聴いて来た人で、そう言いつつもフェイヴァリットはパープルというお方。

70年代、80年代のハードロック、プログレの話なんぞをしていたんですが、その中で俺がポンっと言った「そういや俺、スコーピオンズのアルバムなんか持ってますよ。」の一言に課長バカうけしまして。「ル、ルドルフシェンカーしってんのか?www」っと。相当懐かしかったみたいですなw

んで、家で探して出てきたのを聴いてみて。「おぉ、かっちょいい」と思いまして。最近こういうクラシックな名盤を取り上げることがなかったので、久々に。

ルドルフのカミソリギターリフに、一瞬で持ってかれる#1.BLACK OUT。いつ聴いてもラストが不気味ですなw。クラウスのカウントから入るシンプルなギターリフと、相反するように小気味いい小技を効かせるリードギターの絡みが素晴らしい#2.CAN'T LIVE WITHOUT YOU。咽び泣くイントロギターと、クラウスの恐ろしいハイトーンボイスがほんと絶品な#3.NO ONE LIKE YOUっと序盤から、楽曲、プレイ共に圧倒される素晴らしさ。

パワーバラード全開の#4.YOU GIVE ALL I NEEDっ!サビで入るギターにまさしく悶絶っすよっ!「ドンっ」というドラムの音から一気に絶頂まっしぐらのギターリフと、伸びやかなハイトーンボイスがアドレナリン出しまくりの#5.NOW!っ!ラストのギターの音に震えが来るよ。そしてそして、ありえないぐらいカッコいいイントロに聴いた瞬間にガッツポーズしたくなる#6.DYNAMITEっ!!!ガツガツに弾きまくりのギターソロもホントかっこいいしね。絶妙なカッティングもたまんねぇっすよっ!

またもやギターリフでぐいぐい押す#7.ARIZONA。ゆるいテンポながら、脳天直撃系リフで一気に押しきられる#8.CHINA WHITE。ラストは哀愁アルペジオが印象的な#9.WHEN THE SMOKE IS GOIN DOWN

なんと言っても、マティアスの超絶なギタープレイと、世界一のリズムギターを奏でるルドルフの絶妙なプレイは、スコーピオンズサウンドの核となる素晴らしいものですわ。またクラウスの絶頂まっしぐらなハイトーンボイスも、力強く甘くてうっとりしますなぁ。

それにしても、デジタルリマスター凄いなぁ。ほんと音良いもん。

本来ならデジタルはアナログを再現するものではないだろうと思うのですが、こうした恩恵はありがたいことですわ。

なんにしても、今でこそ積極的にスコーピオンズの名前は出なかったりするけど、一度聴いてみてほしですわん。

※記憶にたよって書いていたら、リードギター間違えてました。マティアスですよね。ほんとすんません。最近どんどんダメになってくなぁ…。
[PR]
by shimo_G | 2006-08-21 01:30 | 音楽

SOIL & "PIMP" SESSIONS / Pimp of The Year
【さぁ、踊ろう】

PIMP OF THE YEAR
SOIL&“PIMP”SESSIONS / ビクターエンタテインメント
ISBN : B000E113YC



3月ぐらいだったかな?テレビをつけっぱなしで寝てしまって。ほどなくして起きたら、なんか激しい曲がライブで流れてて、「…かっこいいかも」とか思いながら、また意識が遠のいて。

残ったのは、「あれ、なんだったんだろ?」という疑問だけ。

またまたとある日。家でゴロゴロしていてTVをザッピング。普段はあまりつけないNHKにチャンネルを合わす。「トップランナー」がやってる…今日のゲストは…あっ!!!

っというわけで、出会ってしまったのですわ。

数々のJAZZフェスティバルに出演、英国BBCでの受賞、CD未発表でのFUJI ROCK参戦など、既に数々の経歴を残しているSOIL & "PIMP" SESSIONS。2nd Fullを手にとってみました。

ハウリング寸前のアジテート、鮮烈としか言いようのないスネアの音に、さらに絡むホーンに脳天をガツンとやられる#1.MEMAI。スカっと晴れたメロディに、跳ねるピアノ、力強いホーン、縦横無尽にうなりをあげるリズム隊が素晴らしい#2.SUMMER GOODNESSっ!
かわいらしいピアノの旋律が徐々に全てを飲み込んでいく#3.WORLDWIDE。甘美なホーンのメロディ支えるベースの力強さ、そして何より恐ろしいぐらいのブレイクのかっこよさに鳥肌が立つ#4.Crush!っ!!!

っと、メロの良さと同時にJAZZとは思えない攻撃性にやられますわ。

性急なリズムに、「じゃぁ、俺も行くぜ」っと音で示すサックスの熱さ、そしてもう全開のピアノがほんと素晴らしい#5.SABOTAGE。キーボードの独特な旋律に絡み合うドラムが秀逸な#6.SCOOP OUT。7分もの長い楽曲なのに、洪水のように押し寄せる各パートの見せ場がほんと圧巻な#7.SAHARA。やさしいピアノの音色に、哀愁漂うホーンのプレイが染みてくる#8.破片

永遠と続くピアノの旋律に絡むホーンの力強さが印象的な#9.THE BLACK WINDOW BLUES。テンポを変える#10.THE WITE WINDOW。そしてそして、強烈なホーンの音色でまた覚醒する衝動を叩きつける#11.i-ronyっ!!!ラストのドラムは圧巻っすよ!
断続的に続くクラップの音で踊るリズムと、これでもかと良いメロディを奏でる#12.LAST LONGっ!炸裂するリズムと、火花の散るような楽器の鳴動に身をゆだねるだけの#13.SATSURIKU ニューウェイブ。ラストは強烈なスウィング感で一気にもってかれる#14.NEED FOR SPEED

本人達が"DEATH JAZZ"と呼んでいるだけあって、その攻撃的なJAZZはPE'Zあたりとはまた違った魅力がありますな。あとは、やはりJAZZをやるだけあって、ぐぅの音も出ないうまさですわw

ほんとカッコいいですわw
お薦めですなw
[PR]
by shimo_G | 2006-08-20 11:25 | 音楽

いや、一番おかしいのはあんたでは?
えっと…また仕事が忙しくなっちゃいまして…あんまブログも更新できていないのですが。

ってか、今外すごいカミナリなんですけど…。地面揺れてるよ。
なんかRIZE思い出すわw

ほらやっぱ夏休みだからさ、午前1時ぐらいに帰り道とぼとぼ歩いてると、チャリンコに乗った女子高生が、

「やべぇ!マッポ追って来てるって!」

って言いながら、激走してくのとかに会うよね。

いや、当然その後警察なんて見かけもしなかったんですけど…。何したんやろ?

あ~今日昼飯を食べに会社の近くにある鮨屋にいったんよね。
写真取るの忘れちゃったけどさ。天丼系が850円で味噌汁、おしんこ、茶碗蒸し、小鉢がついてってやつがすごくコストパフォーマンスが良くてさ。

んで、今日は店の中がかなり込んでいて。多分予定外の団体さんが来たみたいで、店員さんもかなりてんぱっててさ。そんな中で、おばちゃん3人組が会計をしていたのですが、まず割勘にするかどうかでもめて。

1人が「一緒で」って言ってたら、他の2人は「割勘で」って。
「いや、めんどくさいから一緒で」ってまた言うと、他の2人はもの凄いハモリっぷりで、

「いーのっ!」

っと。それだけだったら、別に気にならなかったのですが。どうやら、その割勘が実際の食べたものどおりじゃなかったらしく…。他の2人は自分の分がちょっと多くなったようなのですが、とりあえず払って、後でつじつま合わせりゃいいかと思っていたみたいなのですが。

他の2人が自分の分もちょっと払ってしまったので、支払う金額が実際よりも少なくなった割勘反対派の1人が騒ぎ出したのよね。

「おかしい!あたしのお金間違ってるじゃない!絶対おかしい!」

っと。んで、店員さんが「すいません。割勘にして支払いを1度されると元に戻せないので…」っと謝ると。

「だから割勘じゃなくていいって言ったじゃないっ!」

えぇ、そんなめちゃくちゃな…。
まぁそのシステムも微妙なんだけどさ。それにしてもそんなに怒ることか?別に金多く取られてるわけじゃないんだし。

んで、そのおばはんはくどくどと店員を捕まえて、怒り続けて。

最後には、

「絶対おかしい!もう2度とくるかっ!」

っと言って帰って行きました。

いや金が違ってるとかさ、おかしいとかさ言うのはいいんですけど。

せっかくのご飯がまずくなったこの代償をどうしてくれんだよっ!

基本的にクレームを言うタイプの人間じゃないのですが、クレーム言う人間に、クレームをつけたくなりましたわ~。

店員さんは奴隷じゃないよ。
でも、お客は大切にしましょうよ。

ちなみに、自分達が頼んだ天丼は、ご飯が無くなったらしくかなり時間がかかりましたが、お詫びにプリンくれましたよw

イェーイw
いい店じゃんw

ん?まぁそんだけ。

今度は天丼の写真取ってアップしますわw
[PR]
by shimo_G | 2006-08-18 00:49 | 観察日記。

マイチャート開始しました。
エキサイトブログとの連携ができるLast.fmというSNSサイトの機能を使いまして、マイチャートの表示を開始しました。

これは自分がパソコンを使って聴いている音楽がリアルタイムで表示されるというもの。

別に皆さんにとってどうってわけじゃないですけど…。

まぁ、俺が自分で見て「へぇ」っと言いたかっただけですw。

マイチャートのカテゴリも作りましたので、暇な時にチラッと見てくださいなw。
[PR]
by shimo_G | 2006-08-09 02:46 | 音楽

□■□ マイチャート □■□
最近のトラックリスト





ウィークリー トップトラック





ウィークリー トップアーティスト





トップトラック





トップアーティスト



[PR]
by shimo_G | 2006-08-09 02:43 |  [マイチャート]

RED HOT CHILI PEPPERS / STADIUM ARCADIUM
【レッチリがレッチリであるという喜び】

ステイディアム・アーケイディアム
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / ワーナーミュージック・ジャパン



さて、なんだかんだでようやくレッチリのニューアルバムについて書こうかと思います。なんて言うか自分の中で整理がうまくつかなくて、なんとなく書けなかったのですが、今日仕事からの帰り道で「おしっこれでいこう」っと決まりましてw

整理がつかなかった理由としては、やはり2枚組というのがデカイ理由です。消化不良を起こしかねない曲数ですし、ただ単に印象だけで話すには掴みきれない感じもあり、簡単に扱えるようなレベルのアルバムというほど、聞き流しにできるような物では当然なかったので。

前もって最初の印象を話しておけば、「確かにすごい。すごいけど、圧倒ではない。」という感想でしたね。それも聞き込んでいくうちに"どういうこと"なのか、段々とわかっていく事になるのですが。

それでは、語彙が尽きないうちに、レビュースタートですっ!

温かく瑞々しいドラムの音色に、伴奏ベースが豪快に絡み付いて、アクセントのように鳴り響くギターと、永遠と紡がれるようなアンソニーの声を離したくなる#1-1.Dani California。アウトロのギターソロで巻き起こる自分の感情を"言葉"で表すことがもったいなくなってしまう。優しいアルペジオの響きと、ハイハットの音に息を飲み、民族楽器のような笛の音が哀愁を誘う#1-2.Snow ((Hey Oh))。乖離するギターとベースが濃密な音空間を作り出し、サビで一気に天を突きぬく#1-3.Charlie。宇宙に投げ出されて、初めて自分の鼓動を聞くような#1-4.Stadium Arcadium

っと、丁寧に作りこまれた楽曲が明らかに格の違いを見せ付ける序盤。

待ってましたのファンクに、踊るしかない#1-5.Hump De Bumpっ!サビのベースに鳥肌が立つよ。グリグリと波のように攻めてくるベースを断ち切るかのようなギターの歪みが心地よい#1-6.She's Only 18。消え入るようなカウントの声から、哀愁漂うアコギで構築された世界を支えるリズム隊、森を切り裂いて海を見せるギターの素晴らしさが光る#1-7.Slow Cheetah。そしてそして、凶悪なベースから一気に爆発する#1-8.Torture Meっ!ホーンが終焉に向かう隊列を組むマーチとなって、ギターソロが銃弾となって全てをぶち壊すっ!すごいっ!

荒涼な大地の中心で、明確な意思を持って紡ぎ出されるギターストロークに息を飲む#1-9.Strip My Mind。そして、この閉塞感から解放するようなギターの煌びやかな輝きが、力強いボーカルと相まって、世界に色彩を取り戻す#1-10.Especially In Michigan。無数に音色を変えるファンクギターで踊りつつ、しっかり地盤を固めるリズム隊が印象的な#1-11.Warlocks。ブリブリと跳ねるベースに、絡み合うギターで助走をつけて一気に跳躍するサビの爆発に、吹っ飛ばされる#1-12.C'mon Girlっ!!!

打って変わって、泣きそうになるようなギターイントロと歌メロが優しい#1-13.Wet Sand。3分45秒からの泣きメロがホント素晴らしいよ。ディスク1のラストは隙間のある音が、心にすっと染み込んでくる#1-14.Hey

さてさて、ディスク2のMARSへ。

ディスク1からの流れを引き継ぐかのように、アコギの音色から、優しいベースのトーンが印象的なイントロから徐々に上がっていくテンションが心地良い#2-1.Desecration Smile。またもや、優しいギターの音色かと思いきや、ガツンとファンクになるセカンドシングル#2-2.Tell Me Baby。バイオリンのように鳴り響くギターと、スネアを裏返してテーブルをクロスを被せて叩いたという独特のリズムが光る#2-3.Hard To Concentrate。温かいアンソニーのボーカルも素晴らしいね。カエルがぐえぐえいうようなベースに、絶妙に絡むファンクギター、ハイハットの鳴動、ここでも素晴らしいボーカルが耳を引く#2-4.21st Century。なんでもないようなギターが、特別に聴こえるコード弾きの妙が味わえる#2-5.She Looks To Me。全体にびしっと張り詰めた緊張感が素晴らしいね。

アンソニーの「Oh!」という掛け声と共に爆発する#2-6.Readymade。地を這うような演奏から、マグマのように吹き出るギターソロが熱いね。優しい伴奏ベースと、クリーンなギターに乗る歌声が温かい#2-7.If。ダウンピッキングのギターリフ、鳴動するスネア、歌を牽引するベース、そして何よりもボーカルの力強さが光る#2-8.Make You Feel Better。浮遊感漂う序盤から、地上に引きずり降ろされて叫ぶような#2-9.Animal Bar

スネア1発で脳天をガツンとやられて、ノイズを撒き散らすギターの心地良さに身を委ねるだけの#2-10.So Much Iっ!!!サビのベースがホント最高っすよっ!楽曲のラストに向けて鳴り響くギターソロも痺れますわw。初期を彷彿とさせるファンク全開の#2-11.Storm In A Teacupっ!ブレイクがやべぇやべぇw。トコトコ鳴り響くドラムに揺れるギター、サビで一気に爆発する#2-12.We Believe

そしてそして、このアルバムのハイライトを飾る#2-13.Turn It Againっ!!!もう、ギター、ギター、ギターーーっ!って感じにジョンの恐ろしいまでの才能が爆発に次ぐ爆発を巻き起こすよっ!特に4分30秒からラストまでの1分半はもうアドレナリン放出しまくりの、絶頂カタルシスって感じっす!!!

アルバムラストは、最後まで存在感を発揮しつづけるベースが心地よい#2-14.Death Of A Martian

最初に感じた「圧倒される感じがない」ってのは、そもそも現時点のレッチリ自体に何かを捻じ伏せようとか、何かを越えたいとかそういう感じがなくて、"過去最高の自分達を表現できる"という喜びの感情から発するものではないのかなと思うんだよね。
基本的にシンプルに聴こえるのもその原因の一端かなと思うんだけど、こうして何回も聴いているとかなりのトラックを使って、色々な音を重ねている事に感覚が染まっていくのがわかるんだよね。
なんというか赤、青、緑を表現するのに原色を使うんじゃなくて、いろんな色を何十にも塗り重ねて表現しているんだよね。

んで、その事実自体はインタビューとか読めばジョンとか言ってるんだけどさ、ずっと聴いているとその色の階層が徐々に乖離して見えてくるんだよ。そういう状態になるとこのアルバムの本当の凄さってのが、これでもかって程伝わってくる。

そうして、初めてわかるんじゃないかなと思う。

なによりも、これがレッチリがレッチリであるという最大限の表現であるならば、こんなに嬉しい事はないね。そして、デフォルトでそれが出来てしまうという、4人のバランスには感嘆しか出て来ないよ。

日本でもこのアルバムはかなり売れているし、中には購入してもあまり聞かずにいる人もいるかもしれないけど、メロディだけにとらわれず、一つ一つの音を耳で拾ってみて欲しい。きっとそこから広がる音空間を体験できるはずですわ。

なんにしても、さすがレッチリというべき作品だと自分は思います。

フジロックはまだしも、Mステすら観れなかった事は後悔しかないっすね…。

RED HOT CHILI PEPPERS作品の記事
------------------------------------------------------------------------
RED HOT CHILI PEPPERS / MOTHER'S MILK
RED HOT CHILI PEPPERS / BY THE WAY
[PR]
by shimo_G | 2006-08-03 01:47 | 音楽

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング