<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女王国の城 / 有栖川有栖
女王国の城
有栖川 有栖 / 東京創元社

いやぁ、至福ってやつですわw
続編はもうないだろうなぁっと思っていたので。

なんとなんと、15年ぶりの江神シリーズ第4作。新刊が出ると聞いた時は小躍りするほどうれしかったなぁ。

有栖川有栖は、自分がいわゆる本格ミステリを読み始めたころに良く読んでいた作家さん。んで、自分はリアルタイムではなかったのですが、このシリーズ第3作を読んだのはおよそ10年前。それから作者が別シリーズに力を入れていたので、「あぁ、EMCにはもう会えないのだろうなぁ…」っと半ば諦めていたのですが、まさかまさかの新作発売っ!

しかし、怖くて手が出せず…。

思い入れが強い作品なので、「どうしよう…読もうかなぁ…どうしよう…」っとウジウジしておりました。それがなんだか今週になって、「だぁぁぁぁぁ!もう我慢できねぇ!」に一気に転換。
2日程で一気読みです。

「ちょっと、遠出をするかもしれん」と言い残して、姿を消した江神二郎。
普通の江神では考えられない行動に、不審がる英都大学推理小説研究会(EMC)の面々。何かあったのかと思い、彼のアパートを訪ねると、急成長の宗教団体<人類協会>について調べた痕跡を見つける。知りうる限り新興宗教に興味を持ちそうにない江神が、なぜ目的も告げず姿を消したのか、なぜ帰ってこないのか、胸に一抹の不安を抱え<人類協会>の聖地、神倉へ向かう有栖、麻里亜、望月、織田のEMCメンバー。

神倉で彼らを迎えたのは<人類協会>の若き代表、野坂公子が住む「城」であった。

江神の安否を確認しようと<人類協会>に向かうも、「瞑想中のため面会謝絶」と門前払いを受ける一行。それでも、「江神が無事なことだけでも確認したい」と手紙を出すことを了承させる。しかし、江神からの返事の手紙は「SOS」を示すものだった。

江神を助け出そうと、堅牢そのものの「城」への潜入を思案するEMC。妙案が浮かばず手詰まりになりそうなところに、<人類協会>から「江神に会わせる」との連絡が入る。

無事に江神との再会を果たすEMCメンバー。
しかし、喜びも束の間、「女王国の城」で殺人事件に遭遇することになる---。

っと物語はこんな感じでスタートします。序盤が非常に緩やかな展開なので、ざっくり書きましたが、これでも150ページ程度のあらすじになりますね。本格ミステリという点では今回はかなり犯人がわかりやすく、しっかり読めば大体"あいつ"かな?というのがわかりますね。ただ、細かいトリックの部分で正解を出すのは難しいかと。ネタバレになるので、そんなに言えませんがw。

ただ、物語としては、今回はかなり秀逸だったと思います。
思いもがけない伏線が結構張ってあって、後半の展開に前半の内容が良く絡んでいましたし。読んでて「おー、あれがこれだったのかぁ」ってのがありましたね。

そして何より読んで10ページぐらいで、やっぱり読んで良かったと思える、懐かしいEMCの面々が最高でした。

アリスとマリアはどうなるのかしらんw

これ1冊でも十分楽しめますが、シリーズ第1作の月光ゲームから読むのをお勧めします。

最終作となるシリーズ第5作が早いうちに読めればいいなぁ。
[PR]
by shimo_g | 2008-01-19 16:30 | 漫画・小説

クローズ / 高橋ヒロシ
クローズ 26
高橋 ヒロシ / 秋田書店

読み終えた。
"最高"だな。

個人的にはWORSTだって負けてないと思うよ。

とにかく熱いわw
[PR]
by shimo_g | 2008-01-13 17:10 | 漫画・小説

お久しぶり。
新年明けましておめでとうございます。

えっと、とりあえずネット環境は未だに整っておりません。
2月になっちゃうかも…。ひかりって遅いよね。開通が。

引越しの方は無事に終わり、1人暮らしなのに、11畳とかある部屋を持て余しております。
今日はとりあえずネットカフェから更新です。

ん~なんか久々だと書くこと忘れちゃうねw。

まぁ、気長にお待ち頂ければと思います。

今年もよろしくですw
[PR]
by shimo_g | 2008-01-13 14:37 | 観察日記。

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング