<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

つらつらと。
27時間テレビを今年は割りと見ました。
さんま・たけしはすげぇなぁ。たけしの暴走っぷりが凄かったなぁ。
あのおっさんらまだまだ元気だわ。

ちょいと前本屋で、高校生と思われる男女2人が参考書の前で、「なにがいいかなぁ~」みたいに選んでいたのですが、男の方がいきなり女の子のスカートの中にお尻の方から手を入れていました。ひらじゃなくて指立てて。

受験失敗しろっ!!!

んで、その後、後ろから抱き付いておっぱいもんでました。

…手ぇ切れちゃえばいいのに…。

けしからん、けしからんねぇ。

昨日川崎で友人達と飲み会があったのですが、ちょいと前に着いてしまったので、あっちーし水飲みたいと思い、コンビニで水を購入し、喫煙場所の当たりでぐびぐび。
そしたら、タバコを吸っている人で、ギリ乳首が隠れるようなタンクトップに、B'zの稲葉も真っ青のホットパンツで、グラサン掛けた人がいた…。つまりお腹は丸出し。ってか、そんな服どこで売ってるのだろう…。

捕まえた方が良い気がします。

あ、その後お店に向かう途中で、俺だけ黒人にチラシを渡されそうになりました。
スキルが生きてます。履歴書に書けるな。

久々にダーツをしたのですが、すぐ筋肉痛になりました。
ダメダメですわぁ。その昔ずぶの素人だった女の子が全盛期の俺ぐらい上手くなってた。
ちょっと悔しいです。

モンスターハンターはソロでレウス、レイアの討伐に成功!
ようやくっす。さぁ次はティガレックスだっ!

名古屋に行ってパチンコで引くぐらい負けたのは内緒。

こんな28歳です。
[PR]
by shimo_G | 2008-07-27 22:39 | 観察日記。

Fox loco phantom / CHAOTIC MONSTER
【この男達危険につき。】

CHAOTIC MONSTER
FOX LOCO PHANTOM / PICTUS
ISBN : B001AIRKGS

ちょいと前に紹介したFox loco phantom。まだまだ結成1年というのに、もう2ndの発売ですわ。やはり音楽性は微妙に変化していってる模様。しかし、まぁ大器を感じさせる良いアルバムになっています。

パーカッションの音色をバックに、荒々しいドラムのリズム、飛散する銃弾のようなギター、暴力的なベース、そしてらしさ全開の歌メロっと前作から確実レベルアップしているのを実感する#1.TRIANGLE MACHINE。シャリシャリと鋼鉄を削るようなギターのカッティング、強烈な裏打ちのドラム、力強く跳ねるベースが首を左右に振らずにいられない#2.東京ロックス。そしてそして、バスドラに絡みつくベース、スペーシーなSEから生み出されるダンスリズム、叙情的ですらある歌メロっと踊るしかない#3.D!D!D!っ!「フー!」がたまんないねぇ。

硬質な2本のギターの絡みが心地良く、サビでの実直ですらあるベースの刻みが逆に熱い#4.SAD MONKEYS。ゆるいリズムで浮遊するようなサウンドに、体にまとわりつく気持ち悪い粘着質なメロの#5.蝙蝠傘。ハイハットのカウントから性急という文字を音源にしたような#6.OUTSIDERっ!ボーカルの声質とよく絡まった歌メロも良いし、ここってとこのシャウトも気持ちよいね。またBメロのキメの多い部分もカッコいい。

ドラム、ベースの下地に乗っかるボーカルの性急感、つんざく様に入るギターがカッコいい#7.二十面相。ラストは前作の良曲を彷彿とさせる熱い歌メロと、暴力的なベースが熱い#8.HUMAN LOSTっ!!!

全体的にはダンスロックの要素が増えたのですが、厳しい事を言わせて頂くと、リズム隊で気になる部分が多いっすね。ドラムのオカズはつまらないし、ベースも「なんでこの場面でそんな弾き方するんだろう?」っと疑問に思う箇所も多々ありました。勇気を持って手数を減らす箇所も必要だと思う。後リズム隊から入る曲が多い印象も。

歌詞も文学的素養を散りばめていますが、ちょいと露骨過ぎ。ニヤリとするぐらいに押さえておいた方が良いと思う。

とはいえ総じてレベルは高く、本当にこれからが楽しみなバンドです。


Fox loco phantomの作品
--------------------------------------------------------------------------------------
Fox loco phantom / 百花繚乱
[PR]
by shimo_G | 2008-07-21 21:02 | 音楽

僕のゲームライフの叩き潰したモンハン2ndG。
モンスターハンターやってます。
バカみたいにやってるわけじゃないですが、チクチクチクチクと。

遂に会社の同僚が1人購入し、3日前ほどに協力プレイをしました。
イャンクックを狩るとこまではよかったのですが、調子乗ってリオレイアいったら、3回連続で全滅。

「いったーーーーー!!!!」
「なんじゃこりゃ!」
「デカイデカイデカイ!」
「うわぁ!!!…………………………ゴメン……………」

って感じでしたw
いやいや、非常に楽しかったですw

確かにモンスターハンターはゲームしてはかなりとっつき難いですし。
面白さがわからない人もいるでしょう。

でも、このゲームって不思議な魅力があるんだよなぁ。
スルメゲーというか噛めば噛むほど味があるっていうか。

理不尽な部分も多々あるんですが、「欲を出した瞬間に死ぬ」って感じが良いのかな。
壁にはまって抜けれないとかは、下手なだけだと思うし。
カメラワークが悪いってのも、「逆に最高なのって何?」って感じ。

何より上下関係がないコミュニケーションがいいなとも思うのです。
こないだまた1人買ったみたいだしね。

楽しさを噛み締めています。

おかげでXBOX360一辺倒だったゲームライフがPSP一辺倒になってます。
ってか、まだ修理に出してねぇしw

明日からは名古屋へ旅行です。
PSPは当然持ってきますw
[PR]
by shimo_G | 2008-07-19 00:14 | 観察日記。

hide / HIDE OUR PSYCHOMMUNITY
【こんな才能にはもう出会えない】

HIDE OUR PSYCHOMMUNITY
hide / ユニバーサルJ
ISBN : B0013BYBY6

hideのライブアルバムが没後10年ということで春に2枚発売されているのですが、両方とも購入していました。
hideの死後、1年ほどしてほとんどCDを聞けなくなってしまい、CDを手離しているのですが、 10年という歳月が「また聴きたいなぁ・・・」っと気持ちに変化させてくれました。

というわけで、久々に聴いたのですが、すごいなぁ。
こんなに時間が経ってるのに曲自体が全然古くないし。
っていうか、こういうと語弊があるかもしれないが、最近の音楽ってホント真面目だよなぁ。
何でもありってのをもうちょっと見習ってほしくあるね。

hideの1stに伴うツアーの横浜アリーナ公演を完全収録した、このアルバムをご紹介。

轟音ノイズから、「そうそう、このリフ!」っとうれしくなってしまう異常にカッコいいメインリフが最高なhide名義代表曲の#2.DOUBTっ!!!途中でチョイチョイ挟み込まれるRANの悶絶チョーキング、ラストのJOEのタム回しがたまんないね。そして、INAが奏でる低音のデジタルサウンドから、「SCAN!」の叫びで破裂して、またもやたまんないリフ全開の#3.SCANNERっ!サビ前のツーバス連打が楽曲のアクセントになっていね。またRANとPATAのギターバトルも最高っすわ!さらに抜けの良いドラムに絡みつく、ザクザクのギター、素晴らしいポップメロとhideの真骨頂とも言える#4.OBLAATっ!

hideらしいMCから、ブルーライト横浜歌って、一気になだれ込む#6.NEW ROSE。個人的にはピストルズでも、クラッシュでもなくダムドが好きだったので、この選曲はホントうれしかったなぁ。

クリムゾンの「21世紀の精神異常者」から「青い空なんか大ッ嫌いなんだよ~!」というMCで入る#8.BLUE SKY COMPLEX。絶妙なファンク色が心地良く、CHIROLYNのチョッパーもここってとこで入ってくるねぇ。ラストはまた「21世紀の精神異常者」で締めると。カッコいい。
ブルース色の強いフレーズから、悶絶ギタープレイを披露するツインザーのRANが素晴らしい#9.RAN's Room

劇烈なギターリフの歪みがダンサブルですらある#10.DIGGER's JOB~FROZEN BUG '93。からりとした歌メロを、これでもかとアジテートするギタープレイがたまらない#14.50% & 50%っ!!!「THANK YOU!」と叫ぶhideの声に思わず泣きそうになる。打って変わってクリアなギターサウンドが印象的な#16.EYES LOVE YOUっとシングル連打。

ライブ本編の盛り上がり楽曲#18.D.O.D(DRINK OR DIE)っ!!!とにかく最高だなw
第1部ラストの#20.TELL MEっ!!!この曲いつ聴いても思うのだが、全然難しいことしてないし、凄いコード進行もシンプルなのに、なんでこんな聴き所多いんだろうなぁ。変わらず歌えるギターソロ。やっぱいいわw

第2部のアンプラグドコーナーを挟み、ファンク色を強めた#25.CELEBRATIONっ!ここってとこのタメが気持ちいいな。

そしてそして、バスドラの鳴動、痙攣を起こしたような高音ギターに狂うしかない#27.DICEっ!!!!だんっだんっだん!だんっだんっだん!と鳴り響くスネアがやば過ぎるし、おいしいどこどりしたギターソロもかっちょいい。ラストは伸びやかなスリーギターが素晴らしい#28.PSYCHOMMUNITY EXITっ!!!本当にカッコいいラストですわ。昔見たライブビデオもラストでステージと客席の間でこの曲を演奏するhideがかっこよすぎて放心したもんなぁ。

昔のライブなのでPSYENCE A GO GOに比べて多少音は悪い感じもしますが、この頃のハードロック色が強い感じもこれはこれでやはり好きですね。

X JAPAN復活によって、ちょっとばかし気になってる人もいると思うので。
昔聴いていた人も楽しめると思うし、聴いたことがない若い人にも聴いてほしいな。

PSYENCE A GO GOの方もいつか紹介できれば。
後、zilchね。あのアルバムの凄さは今なら当時以上に評価できます。

こんなすげぇ人には多分もう出会えないとも思っているのです。
[PR]
by shimo_G | 2008-07-13 23:11 | 音楽

ストリート・キッズ / ドン・ウィンズロウ
ストリート・キッズ
ドン ウィンズロウ Don Winslow 東江 一紀 / 東京創元社

もう何度読んだかわかんないぐらい読んでるなぁ。

前も紹介記事を書いた事があるのですが、概ね皆さんからは不評でしてね。
リベンジです。

作家ドン・ウィンズロウの処女作となる本作ですが、このシリーズを読んだ人は大体本作を最高傑作としますね。軽ハードボイルドとして小気味いい語り口も最高なのですが、ニールケアリーの成長を見ていく上素晴らしい青春小説にもなっているからです。

ニール・ケアリー、ヤク中で売春婦の母親と、顔も見た事もない父親の子供は、他人の財布から日々の生活費を拝借するストリート・キッズ。今日もアイルランドバーで酔っ払いから、財布をくすねる。しかし、的確な状況判断も虚しく、ニールは片腕が義手の男、ジョー・グレアムに捕まってしまう。グレアムは気まぐれを起こし、財布をくすねたニールにターキーサンドをおごり、彼の身の上話を聞いた上で、「もう一度俺の財布に手をかけたら、お前の大事なものをちょんぎってやる」と念を押し、彼を許す。

それから、一週間後。
古くからキタリッジ家が経営する銀行の顧客問題処理部門、"朋友会"の探偵として働くグレアムは仕事のため隠し撮りをするが、ターゲットに気付かれてしまう。ターゲットに追われる中、ニールの姿を偶然見つけ、フィルムを渡す。
グレアムからフィルムを渡されたニールは的確な判断で、そのフィルムを守り抜く。その際ニールの中にある探偵の才能を感じ取ったグレアムは、ニールを探偵として仕込むことを決める。

こうしてニール・ケアリーの探偵としての人生がスタートするのだ。

"朋友会"のボス、イーサン・キタリッジの計らいで、まともな学校に通い、順調にコロンビア大学院に進学したニールは、大学の試験前日にグレアムからの呼び出しをくらい、新しい仕事を受けることになる。

銀行の顧客である、ジョン・チェイス上院議員の1人娘、アリソン・チェイスを探し出すという仕事だ。それもジョン・チェイスの副大統領候補選のためという"クソ"みたいな理由のために。

アリソン・チェイス。通称アリー。
アリーは17歳にして、通常のティーンエイジャーが経験できない快楽のほとんどを経験していた。あらゆる酒、あらゆるドラッグ、あらゆる若い男、あらゆる大人の男。そしてその全てに飽きていた。そして、新しい快楽を求めるため、海を渡ってはるか遠いロンドンへ向かったのだ。どうしようもない"クソ"娘。

しかし、家出をした彼女の車には、父親に犯された苦悩が助手席に転がっていた。

アリーを探しにロンドンへ向かったニールは、嘘で塗り固めた潜入捜査を開始する。

物語の前半は、アリーを探すまでの現在軸の話と、グレアムとニールが血の繋がらない家族として絆を深めていく話が交差し、アリーが見つかってからは現在に主軸を置く構成ですな。

後半ニールと、アリーが二人っきりで数日過ごすシーンがあるのですが、初めての淡い恋愛を経験するアリーが非常に瑞々しく書かれていて、胸に来ます。

訳者の方の仕事も素晴らしい。

構成的に紹介するのが非常に難しく、今回も上手く紹介できていないとは思うのですが。
大学時代に読んだ200冊の小説の中で、未だに手元に持っている唯一の本。

読んでみてほしいな。
[PR]
by shimo_G | 2008-07-10 00:12 | 漫画・小説

WEEZER / the red album
【もう魔法は無くなったのか。】

ザ・レッド・アルバム
ウィーザー / ユニバーサル インターナショナル
ISBN : B0017SVGX4

さて、ホントは自分でもこのアルバムに触れるのが怖くて仕方がないのだ。

聴くべき曲は確かにあるし、良い具合に成功している楽曲もある。
しかし、彼らが今まで残して来た名曲に迫る曲少ないし、
リヴァース以外のメンバーの楽曲もキツイ(悪いとまでは言わないが)。

個人的には#4.Heart Songsが一番の聴き所だと思うが、正直楽曲紹介はできないのだ。

3分間のポップソングからの脱却か。

多くのアーティストが望む事なのかもしれないが、weezerには必要ないことだと思う。

彼らはどんなに凡庸なコードでも、
唯一無二のメロディに仕上げる魔法を持っているのだから。

ラモーンズやXTCばりに自分の道を進んで欲しいのだ。

時代も才能もキャラも同じ人間なんていないのだから。

#2.The Greatest Man That Ever Lived(Variations on a Shaker Hymn)
を聴いている最中涙が止まらなかった。

これが、歓喜の涙なのか、決別の涙なのか今でもわからない。


WEEZERの作品
----------------------------------------------------------------------------------------
Weezer / Weezer
WEEZER / pinkerton
WEEZER / the green album
WEEZER / MAKE BELIEVE
[PR]
by shimo_G | 2008-07-06 12:06 | 音楽

木村カエラ / +1
【微糖カエラ。】

+1
木村カエラ / Columbia Music Entertainment,inc.
ISBN : B00139L7T0

えっと、友人から「木村カエラは書かないのですか?」とメールを頂きまして。
(ちゃんと読んでますよ~)

んじゃ、木村カエラを書こうかなと思いまして。

このアルバムは4月に発売されて、発売日あたりに見事にゲットしているのですが、当時仕事が地獄で、5日間とか家に帰ってなかったので、なんとなく書きそびれていただけ。

前作でどことなくフェミニンな雰囲気を感じとっていたので、「そういう流れになってしまうのかな」っと思っていたのですが、今作は2ndに近くわかり易くもディープな部分がある作品になっているかと思います。

テーマはニューウェーブとテクノでしょうね。
…そんなの知ってる?いやまぁ一応いっとかないとね。

オープニングからマイナー調でぐぃぐぃ押して、サビでレイヴになる#1.NO IMAGE。相変らずボーカルのパワーすごいっすわ。アコギの鳴動に乗るテクノサウンドが非常に心地良い#2.Jasper。石野卓球らしさと木村カエラらしさがしっかり両立していて好感触ですな。そしてそして、鉄板の#3.Yellowっ!ソリッドなギターにタイトなスネア、初期のカエラちゃんが好きなら気に入るはずっ!さらに、当時「何でこれがシングルじゃないんだろう」っと思った#4.STARsっ!!!もうど真ん中ですっ!!!後半バックがカオスになってからが熱いですなぁ。

相変らずパワフルな歌声がたまんねぇなぁ。

MO'SOME TONEBENDERからはあまり想像できない女性的な爽やかさがある#5.ファミレド。SE多用の壊れた感じから、実直なギターロックになる#6.dejavu。アコギの鳴動が非常に気持ち良い前半から、こちらも歪みまくりのサビの#7.Samantha。浮遊感漂うオープニングから、隙間のある心地良いポップソングを展開し、最後はまた宇宙に放り出される#8.+1っと中盤はミドルテンポながら、多彩な曲を聞かせる展開。

カヴァーの#9.No Reason Whyを挟み後半へ。あ、この曲ですが原曲は知らないのですが、元々のメロが非常に良くカエラちゃんの声がしっかり響いてますわ。

今までとは打って変わって暗いギターリフで幕を開ける#10.鏡よ鏡。サビのマイナー調も非常に気持ち良く、英詞の部分が泣きメロ満載でやばいっすわ。この時のベースもカッコいいので耳で拾って欲しい。ガムシャラなイントロから一気に上昇していくテンションが凄い#10.はやる気持ち的My Worldっ!!!とにかく変な曲だけど、絶妙なポップ感もあって聴いていて楽しい。ASPARAGUSの渡邊楽曲はいつもいいなぁ。そして、イントロギターから民生節全開の#11.1115

ラストは甘い打ち込みメロが心地良い#12.Humpty Dumpty

全体的には前作より甘さ控えめって感じで。ソリッドなロックナンバーが多い気がしますなぁ。相変らず音数が少ない方がボーカルの凄さがわかりますなぁ。前作までは割りとコンセプトってあいまいだったので、今回はそれが見えてアルバムとしてまとまりもあるね。

ただ、昔からファンとしてはもう1回、パンク路線に行ってほしい気もするなぁ。

これからも頑張って欲しいね。


木村カエラ作品
----------------------------------------------------------------------------------------
木村カエラ / KAELA
木村カエラ / 1st TOUR 2005 "4YOU"
木村カエラ / Circle
木村カエラ / Scratch
[PR]
by shimo_G | 2008-07-06 10:04 | 音楽

ラストイヤー。
というわけで、ブログ「そうずら。」も5年目に突入ですわ。
そして今年がこのブログのラストイヤーです。

まぁ気分次第ですがね。

ラストイヤーも気負わず細々やっていきますわぁ。

よろしくです。

んでは、最近の琴線なんぞを。

花木衣世ちゃんというグラビアアイドルが最近好きです。
ってか、かわい過ぎます。布団の上を「くわぃぃぃ~」とゴロゴロするほどです。
ブログ要チェックです。
あ~後、カジエミこと鍛冶谷恵美も好き。
…こんな28歳で良いのでしょうか?

先月実は6枚ほどCDを買っているのですが、まったく紹介できてません。
というか、locofrankとSkull Candyばっかり聴いているので、全然聞き込んでいません。
Weezer、The Offspring、The Music、つしまみれのアルバム買ってます。
そのうち紹介できれば。

モンスターハンターポータブル2ndGやってますっ!
まだまだ村長クエストレベル3あたりですけど、土日にがっつり楽しんでます。
モンスターハンターはPS2のGから初めて、ちょこちょこやってますが、今作はかなり入り易くなったと思いますね。
皆でクエストしたいっすわ。

先日紹介したイニシエーションラブを読まれた方はいるのだろうか。
マジでお薦めなのだがなぁ…。
最近若干読書が落ち着いて来ました。今はまた「ストリートキッズ」読み返してます。
相変らず最高です。
米澤穂信の古典部シリーズを読みたいな。

人生初のガチスロットをしました。
アイジャグでポンポンポンとビック3回。全然7が揃えれねぇ…。
初めてのあのドキドキ!たまりませんw。
今までやってこなくてよかったw。

実は麻雀が強くなっているようです。
会社の同僚と打っても勝ち、同僚の知り合いの方々と打っても勝ちでした。
ただ、そんなに上手い人いなかったからなぁ。
コツコツと努力していたのが、花開きそうです。

また仕事が忙しくなって来たので、なかなか更新できないかもしれませんが。
本年もよろしくお願い致します。

それでは、今年もこの言葉で。

ビバ!初期衝動!!
[PR]
by shimo_G | 2008-07-03 00:47 | 観察日記。

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング