<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

んで、動画。
いや別に手を抜いてるわけじゃないですよ。
ちょっと、いいなって動画を見つけてしまってね。

SHAKA LABBITS / シルク

シャカラビッツのPVなのですが、まぁ最近良くあるドラマ仕立ての内容。
ただ、最後のオチがキッチリしていてね。
見たときに「ほほぅ~これはいいね~切ないね」って思いまして。
最近こういうストーリーのあるPVが多いですが、
こうしてちゃんとオチがあるやつって少ないような気がしてね。


アンジェラ・アキ / 手紙 ~拝啓 十五の君へ~

日本郵便のCM曲ですね。
今年の合唱コンクールの課題曲だったらしい。
合唱コンクールの内容はyoutubeなどにあがっているのですが、
これが素晴らしいね。
さすがに一般人がいっぱい写ってるのはここにあげる気はないので、
本人のPVで。

主食はロックの私ですが、
良い音楽に対してジャンルがどうこうぬかすような愚考はありませんよ。

めずらしく人の心に寄り添う歌だと思う。
良い曲だな。

前回の動画とはまったくジャンルが違うなw。

ラストは犬動画で。


うぎゃぁぁぁぁぁ!コーギー超かわいい!
短足だのう。
[PR]
by shimo_G | 2008-11-23 22:15 | 音楽

またまた、最近見ている動画。
今回は甘っちょろいの抜きで!
(いや、別にいつも甘いわけじゃないですが。)

激しいギターを楽しめるラインナップでお送りします。

DragonForce / Through the Fire and Flames

イギリスのハイスピードメロディックメタルバンド、ドラゴンフォース。
ピロピロピロピロ言わせてますな。
それにしても、このPV最高じゃね?
特にギターソロの部分で手の動きが抜かれてるの。
ってか、どうすりゃあんな風になるんだ?
凄いなぁ。

Sonata arctica / Wolf and Raven

フィンランドではメジャーなスピードメロディックメタルのソナタアークティカ。
日本でも一時期大人気でしたね。最近はどうだろ???
個人的にはこの曲が入った2ndのスピード感が好きだったなぁ。
今見てもカッコいい。

HELLOWEEN & GAMMA RAY / I Want Out(Live In Tokyo 2008)

ジャーマンメタルの雄ハロウィンとガンマレイ。
てかさっ!いつの間にカップリングツアーしてたの??
言ってよ!俺に言ってよ!
音も映像もいまいちだが、この2つのバンドが同じステージに立つというのは感慨深いものだなぁ。
興味が出たらキスクが歌ってるやつを探すよろし。

Children Of Bodom / Needled 24/7 and Hate me!

フィンランドのメロディックデスメタル、チルドレンオブボドム。
昔のテイストが好きな方も多いのでしょうが、自分はここら辺からの方が好きです。
4thの代表曲Needled 24/7は最高ですわな。
長い動画は嫌いなのですが、比較的音が良いので。
それにしても、アレキシってちょっとハゲかけ…。

Andrew W.K. / We Want Fun

最後はちょいと違う感じで。
アンドリューというと、1stのParty Hardが有名曲なのかもしれませんが、
個人的にはこの曲の方が好き。
そしてこのPV大好きです。
マジで楽しそうだもん。
明日も頑張ろうって気持ちになぜかなります。
クソ最高だべ!

今回は猫動画はなしよん。
[PR]
by shimo_G | 2008-11-20 00:20 | 音楽

zilch / 3・2・1
【見えない壁を叩き壊す】

3・2・1
zilch / カッティング・エッジ

hide名義とは別に、hideの死後に発売されたzilchのアルバム。
洋楽と邦楽の垣根がまだまだ根深かったころに、まさしく「洋楽と邦楽の垣根を叩き潰すため」に製作されたアルバム。
音源を聴いたかのマリリンマンソンが「とにかく一緒にツアーしたい」とか、
かの名ギタリスト、スラッシュが「クレイジーだ」と言ったとか、
色々逸話のあるアルバムですね。

まぁ、嘘かホントかはわかんないけど。

それでも、このアルバムを聴いたら全然信じたくなってしまう。
それぐらい素晴らしい完成度だし。
もし、hideが生きてホントにマリリンマンソンとツアーをしていたら、
確実に現在の音楽シーンは変わっていたと思ってしまう。

個人的には発売時期を考えればリンキンパークの1stあたりと全然タメを張れるアルバムだと思う。

一度手離しているのですが、再度購入しました。

それでは、曲紹介。

気だるい女性の声のSEで始まり、ニヤリとした後、顔を平手でバンと殴られてから愛撫されるような歪んだイントロギターリフで幕を開ける#1.ELECTRIC CUCUMBERっ!隙間を埋めるおびただしい数のSE(喘ぎ声いっぱい)から、破壊的なサビメロと組み合わさるメインリフ、どうかしてるが最高の褒め言葉だと思う。
宇宙空間から光の粒子が降り注ぐようなSEから、破裂する音像。心地良い歪みのギターメインリフに絡まるスペーシーなSEを操るINAのセンスがホントに抜群な#2.INSIDE THE PERVERT MOUNDっ!続く、#3.SOLD SOME ATTITUDEは印象的なベースフレーズを散りばめて下地を作って、とにかくギターとSEをこれでもか暴れさせていて、グルーヴの気持ちよさが前面に押し出されているね。ボーカルの遊び心も楽しい。
そしてそして、一撃必殺のスペースパンク#4.SPACE MONKEY PUNKS FROM JAPANっ!!!イントロのギターリフが鳴った瞬間「来た!!!」っと思えるほど、hideのど真ん中のナンバー。Bメロ裏のギターがかっこよすぎますっ!!!

ベースのスライドから、気持ち良い破裂。絶妙な歪みとグルーブのかっこ良さ、乾いたスネアの音がたまらない#5.SWAMPSNAKE。そしてXJapanの"DRAIN"を完全アレンジした#6.WHAT'S UP MR.JONES?っ!!!正直"DRAIN"より全然カッコいい。この曲も一聴すると、荒々しいロックに聴こえるが、ここって所に入るギターのちょっとしたフレーズが凄い計算されたタイミングで入ってるのに気付くと、ホント背筋がゾクゾクするね。
酩酊感があるようなループするイントロフレーズ、変態的なギターが入る中盤、引きずりこまれるようなサビと、聴き所満載の#7.HEY MAN SO LONGっ!。
軽やかな殺意ようなの"PSYCHE"のフレーズと、相反するような重い演奏で始まる#8.PSYCHEっ!またこれもギター音の配置が素晴らしいね。後半の盛り上げ方も好き。

息を殺して告げる女性の"FUCTRACK #6"のタイトルコールに、hideお得意のギターリフが重なって生み出される背徳感のような引っ掛かりが面白い#9.FUCTRACK #6っ!良い意味で変な曲っすね。ラストの女性の"FUCK ME!"がヤバイ。
そして、hideのソロ名義の代表曲の1つ#10.DOUBTっ!!!何度聴いてもこのギターリフかっちょいいなぁ。メンバーが日本語を空耳で意味のある英語に置き換えた歌詞も面白いね。相変らずラストのドラムタムが気持ち良い。さらにさらに今度はhideのソロ2ndの名曲の別バージョン#11.POSEっ!踊れますなw。ただし個人的にはオリジナルの方が好きかも、あの卓球のSEから始まるオープニングには度肝を抜かれたもん。
ラストはこのアルバムを象徴するような破壊的なギターリフを前面に押し出した#12.EASY JESUSっ!!!絶妙な揺れや、タメがホントたまんないし、途中JAZZっぽくなったりも面白い。最高だね。

まずとにかく凄いのが、楽曲のアレンジセンス。
特にhideの参謀としてINAのセンスが爆発してる。
なんてないところで鳴るギターのタイミングとかちょっと戦慄を感じるほどのタイミングっすわ。

少なくともロックバンドをやった事がある人なら、この凄さはわかると思う。

正直このアルバムが中途半端なセールスになった事が本当に悔しい。
10年も前にこんな場所に行っていた人間がいる事を知って欲しい。

これだけマニアックな事をしているのに、歌メロは一貫してポップな部分が多い事も凄いと思う。
それこそオナニーみたいな音楽になってないのです。

いまなら中古屋行けばかなり安価で買えるはず。
音質も全然悪くないので、是非手にとって欲しいです。

ヴィジュアル系というだけで、この音楽が評価されないのなら本当に残念なのです。
[PR]
by shimo_G | 2008-11-18 00:56 | 音楽

GUNS N' ROSES / LIVE ERA '87-'93
【あの時、俺にはガンズが必要だった。】

なんというか、その。

クソみてぇな世の中だわな。

排他的に音楽を聴くような人間ばっかりだし。

否定することを批判と間違えてるような人間ばかりだ。

二言目には金、金ってよ。

それを書いてるお前の顔はどんなに醜いかわかるかい。

変えたきゃ自分で変えてみりゃいい。

闘えよ。

「そんなできもしない事を言って意見を封じるのはおかしい」かい?

違うよ。

絶対的な怒りがたんねぇんだよ。

満足してんだよ。

そうやって他人を見下して、

わかってる感じに優越感を感じているんだろ。

自分以外の人間は全部バカだって思ってんだろ。

愚民思想なだけだよ。

何もできない自分に気付くのがこえぇだけだろ。

音楽業界は腐ってるか。

陳腐過ぎて反吐がでらぁ。

本当にそう思ってんならできんだろ。

怒りは純粋なエネルギーだ。


15の俺よ。


あの時ガンズに出会えて良かったな。


------------------------------------------------------------------------------------
ガンズのニューアルバム発売は11月22日ですね。
やはり自分にはとても思い入れがあるバンドです。
知った頃には"スパゲッティ"が発売されていて、バンドは既に空中分解状態でしたが。
時代の残り香を感じる事はできたと思っています。

表題のLIVE ERAは10年程前に出た公式ライブ盤です。
狂ったように毎日聴いていたのを思い出しますね。

今度のアルバムの出来は正直よくわかんねぇけど。
昔のアルバムも若い子には聴いてもらいたいなぁ。


GUN'S N' ROSESの作品
-------------------------------------------------------------------------------------
GUNS 'N ROSES / APPETITE FOR DESTRUCTION
[PR]
by shimo_G | 2008-11-12 21:52 | 音楽

俺の膝は椅子ではない。
先々週かな。
川崎で仕事関係の飲み会があったため、久々に川崎へ。

飲み放題のためウイスキーをぐびぐび飲んで、良い気分。

川崎から南武線で家に帰ります。

しっかり1本飛ばして、始発駅の強みを使い長椅子の端っこに着席。

しかし、それがその後俺の不運の始まりでした。

PSPで密着型ヘッドホンをしながら、Berry Rollなんぞ聴きながら。

武蔵小杉に着いたところ。

もの凄い人数の人が乗り込んできました。

ただまぁ、座っている自分にとっては関係ないところ。
傷ついた将兵もいないので、席を譲ることもないだろうっと思っていた矢先。
(まぁ正確には譲りたくても譲れないぐらいの人)

「降ります!」っと女性の声。

既にドアが閉まる寸前で、その女性に道を空けたら、
空けた人達が乗れなくなるようなタイミング。

結局ドアは無情にもしまったのですが、

なんと。

その女性諦めません。

ホーム側の椅子に座っていた俺の横の窓をガンガン叩きます。

そして手に持った荷物がガンガン俺の顔に当たります。

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ…

何それ?何でもありですか?

しかし、またタイミングが悪い事に、他の場所で乗り切れない人がいたのか、

ドアがちょっと開きます。

そしたら、その女性はちょっと半狂乱になりながら、

「降ります!降ります!」の連呼。
(当然この間も彼女が持っている紙袋やら、シャネルのバックは俺の顔にバシバシ当たる)

しかし、そんな叫びもお構いなしにドアは閉まります。

まぁ、降り遅れたのは本人の責任ですからしょうがないね。

すると、「なんだよっ!このヤロウ!」と罵倒しながら、

非常に残念な事に俺の目の前の手すりに捕まる女性。

…いや、あの、紙袋…俺の顔に引っ付いたままなんですが…。

さすがに、基本温厚で通している自分もカチン!っと来てね。

ガツンっと言ったろうと思ったその瞬間。

その女性…。

俺の膝に座りました。

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ…

意味分からん。

ってか、なんかもう怖いです。

俺の脚と脚の間にに脚を入れてきて、そのままちょこんと俺の方を見たまま。

なんか座っている事実なんてないような顔して、ずっしりくる重量感。

ってか、若くすげぇ美人やったら、まぁね。

グッドハプニングなんですがね。

もう、なんか残念な感じしかなかったです。

その上あの狂乱を見ていたら、もうね、怖いよね。

幸い次の駅で女性は降りていかれましたが…。

俺に出来るのは願う事だけです。

彼女が持っていた"シャネル"のバックが、

"チャンネル"あたりのバッタもんであることを。

こんなもん笑いに変えんと、正気じゃ生きていける気がしませんw。
[PR]
by shimo_G | 2008-11-09 23:29 | 観察日記。

【MHP2ndG】 そして地獄の一丁目へ。
ようやく、ここまで来ました!
ハンターランク9にっ!

いやぁ、長かったなぁ。
それにしても、本当に達成感があるね。
遂に片手剣で1人でここまで来たというのは本当に充実感がある。

久々に「やったぞ!」って感じだねw。
まぁ、ゲームで達成感得てるのが、また人生にまったくプラスじゃなくていいね。

しかし、G★3は地獄ですなぁ。
マジきついよ。キリンなんてハイガノスパイクで睡眠爆殺しようと思ったのに。
攻撃全部弾かれるし…。

1匹1匹しっかり準備をしなきゃしんどい見たいだね。
防具やスキルも全部見つめ直さなきゃ。

それにしても「G級は1人じゃ無理だ」とか、平気で言う人もいますがね。
何それ?って感じだね。

確かにアクションゲームが苦手なら辛いかもしれないけどね。
しっかり準備をすればなんとかなるもんですよ。

正直ブログを書く時間をモンハンに割いているのが事実ですが。

ちょっとずつこのゲームの面白さも書いていけたらいいなと思います。

あ、今日はもう1つ日記を書きますわ。
[PR]
by shimo_G | 2008-11-09 22:49 |  [MHP2ndG]

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング