<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

高橋 優 / 僕らの平成ロックンロール
【正義とは何か。】

僕らの平成ロックンロール

高橋優 / AITSURA LABEL



買いました。
最高ですわ。

そしてメッセージが熱いっ!ホント良いと思います。

軽快なアコーディオンの音色に絡むアコギと、雷鳴のようなドラム、そして社会の波に闘いを挑む男の哀愁がある歌詞も良い#1.鯱で幕を開けるこのアルバム。既視感がありつつも新しい音世界に期待が高まります。
そしてそして、現段階で彼の代表曲と言える#2.こどものうたっ!!!!!歌詞が痛くて痛くて胸を掻き毟りますわ。特に"母"と"子"の掛け合い部分の絶望感と、それでも愛すしかないという人間の描き方が衝撃的です。
さらに、もう14歳ぐらいの俺に聴かせたかった#3.16歳っ!!!ピアノの音色に乗る、彼の歌声のやさしさが、言葉には出来ないあの頃の焦燥感や、不満や、不安の傷跡を指でなぞっていくような感覚がする。
そして、「やられたままやり返すことでしか愛も憎しみも 広がっていかないんだとしたら 僕はせめて誰かを愛したい」というフレーズに目頭が熱く、熱くなります。
ワウで歪めたギターに乗せて、人の営みは孤独であっても皆誰かに愛されて、そしてまた愛していくだけじゃないかと歌う#4.風前の灯。ラストのピアノがたまんねぇ。
男の欲望を赤裸々に歌う#5.頭の中そればっかり。ベースラインが尋常じゃなくカッコいいし、途中で入るラテンな感じもたまらない。こういう歌も歌えるっていうか、作ってアルバムに入れるのがいいね。良いアクセントです。
そしてそして、もうイントロからメロメロになってしまう#6.駱駝っ!!!!なんというか、子供の頃一緒にイタズラしたような子が、ふっと言った言葉の反社会性がその時の僕らの勇気になるような確信を全体に感じる。「常識なんてクソだから」、「世間体なんてカスだから」っていいなぁ。
ラストは言葉で上手く言えなくとも、ずっと見守っているよと歌う#7.友へ。手垢のついたような言葉なのに、ここまでの彼の曲を聴いているとど真ん中にズドンっとくるよ。ラストの泣き笑い感もたまんねぇっす。

メロのセンスが独特というわけでもないのですが、彼の言葉や歌声はホントに自分のど真ん中に来ます。

なんというか、彼の中の"正義"みたいなもんが、自分と似ている感じがするのです。

犯罪者をとにかく見下して、誰からも批判されないような"正義"ばかり目に付く世の中。

そんなお手軽なストレス解消法より、

誰かの役に立ったり、
誰かのそばにいてあげたり、
誰かの背中を押してあげられる

そういう人間でありたいと、彼の曲を聴くたびに思うのです。
[PR]
by shimo_G | 2010-08-20 22:51 | 音楽

ONE OK ROCK / Nicheシンドローム
【現在、覚醒中。】

Nicheシンドローム

ONE OK ROCK / A-Sketch



いやはや、驚きです。
自分はこれまで、彼らの音楽にはあまり触れてきていないですし。
今回購入に到ったのも、たまたまCDショップで試聴したためなのですが。

もう、すごい状態ですね。このアルバム。
おそらく簡単に言えないほど、彼らには色々あったのでしょうし。かなり精神的にもきつかったと思います。
まぁ良く知らない人間ですので、色々言うのは辞めましょう。

はっきり言って、今のところ今年一番のアルバムですね。
そんぐらいぶっちぎってますわ。

アルバム全体のイントロ#1.Introductionを経て、強烈な熱量といわゆるThe Used的なアジテーション全開の#2.Never Let This Go0っ!!!ち、血が沸騰するようなこの感覚っ!一気に持ってかれますわ!中盤のギターソロ、めちゃめちゃ上手いというわけではないですが、ホントこの曲にあっていて"意味がある"ギターソロっすわ。こういうのホント大事。
一発でやられたところに、怖ろしい第2撃となる#2.完全感覚Dreamerっ!!!スルリと流れるようなギターイントロから、ロックの醍醐味を味あわせるボーカルが本当に素晴らしい。中盤のクラップ入るとこや、ラストの失禁級の終わり方もたまんない。名曲です!
そしてそして、破壊的でも哀愁漂うメロがたまんない#3.混雑コミュニケーションっ!!!ここでも効果的にはさまれるアジテーションが熱い。最高。
さらに、このまま所謂海外のスクリーモ、エモ路線を踏襲するのかと思いきや、最高の詞が楽しめる#4.Yes I amっ!!!最初のパートで思わず目頭が熱くなる。それにしてもバスドラこんなに叩いて疲れそうだなこの曲。
強烈なシャウトから鳴り響くのは、80年代メタルリフ!#6.Shake it downっ!!!ボーカルの実に引っかかりのある声質に非常に映える楽曲、コーラスもツボを押さえていて良いし、ギターソロもそうだそうだこの曲にはそれだと思えるね。ラストのシャウトでまた悶絶っ!
跳ねるベースと、スネア抜けの心地良さで入る#7.じぶんROCKっ!!!裏のギターフレーズが死ぬほどカッコいい。ドラムの溜めがあるタム捌きも心地良いし、またまたラストでカオスへ。ドラムの手数が凄いわ。最高。
そしてそして、ここで遅いながらも強烈なテンションの#8.Liarっ!!!!!!!纏わりつくようなギタープレイに、サビで爆発するドラム、ツボをしっかり押さえたベース、そして日本人離れしたボーカルっと聴き所多数。こういう曲をだれさずに聴かせるのって、ホントに難しいと思うのですが、凄いっすわ。
続いて、アコギの音色に癒されながら、狂おしいほど切ないボーカルにドキドキする#9.Wherever you are。中盤以降、ギターやドラムが結構ハードに入ってくるんですが、メインはボーカルという軸がぶれていないので、ホントに気持ち良く聴ける。軸がぶれるとホントにバックの音が邪魔でイライラするんですけどね。スタッフの仕事も良好。
またまた圧倒的なボーカルパワーと、心地良すぎる中低音の抜けがたまらない#10.Riot!!!。こういう曲って、ギターのキンキンしたとこをクローズアップすると台無しなんですが、そんな事なく中低音をしっかり拾っているので、ボーカルが凄く映えてますわ。とにかく聴いていて気持ちいいです。
お次は正直若干ピントがぶれてる感じがする#11.アダルトスーツ。いや、全然カッコいいんですけど、このアルバムにはちょっと色が違う気がするんだよなぁ。圧巻のドラムプレイや、小技の効いたギタープレイなど曲としては全然良いのですが、なんかいつもここでテンションが落ちるんだよなぁ。
アタックの強いドラムと、メタリックなギターのイントロがたまらない#12.未完成交響曲っ!!!溜めがホントに心地良く入っていて熱いし、随所で見せる各パートの悶絶プレイも最高ですっ!
ラストは「心から愛してるよありがとう」という歌詞に、今までの彼らの事を想像してしまい目頭が熱くなる#13.Nobody's Homeっ!!!素晴らしい決意表明だ。

いや、ホント捨て曲がないね。#11.アダルトスーツは、別に捨て曲ってわけじゃなくて、このアルバムだったら無くても良かったんじゃないか?というところです。

当初は、The Usedやマイケミあたりに相当影響受けてて、似てるなぁっと思っていたのですが、これ聴いた後にその2つのバンド聴き直してみたら、全然違うんですよ。モノマネではなくて、ちゃんと要素を抜き出して、彼らなりのアプローチをしているんですよね。それってなかなか出来てるバンドいなくて、ホントそれだけでも凄いと思います。

後は所謂、日本的なミキシングがされてないのも良い点です。ホント音が海外のバンドと差がない。マスターは外国の方みたいだし、ミキシングが平出悟!そうかそうか、だからかっと納得できます。平出悟と聴いてピンと来る人ならまず大丈夫。

それにしても、彼らのキャリアの中でおそらく燦然と輝くアルバムになったと思います。

もっともっと評価されてもいいはず!
[PR]
by shimo_G | 2010-08-09 23:53 | 音楽

けいおんの楽曲の凄さ。
まぁ、アニメ自体はあれですが。

アニメのけいおんの楽曲のレベルが凄い高いと思う。
Cutあたりでも特集していたが、最近はアニソンも面白いなぁ。

正直基本的にアニソンで物足りないのは、"くずし"てる部分が全然ない女性ボーカルが死ぬほどつまんないこと。だから楽曲自体のレベルがあがっても曲としての楽しさがまったくなくて、一辺倒のボーカルに一辺倒のメロディと世界観がまったく受け付けなかったのですが。

けいおんの第2期のオープニングとか、ともすればロックなんてジャンルでまったく映えないボーカルの声も、メロのセンスと、アレンジのパワーで見事に"くずし"てますね。そういう部分でホント評価できますね。

YouTubeあたりに死ぬほどあがっているので、興味のある人は聴いてみなっし。

音楽をやった事ある人間なら、あれがどれだけ変態的で、どこにもないロックだという事が如実にわかるはずです。

ほいでは。
[PR]
by shimo_G | 2010-08-07 04:52 | 観察日記。

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング