<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふがいない僕は空を見た / 窪美澄

ふがいない僕は空を見た

窪 美澄 / 新潮社



本屋大賞のノミネートで知った本作。本屋大賞自体が最近"あれ"なので「どうしようかな?」という感じだったのですが、読んで正解でした。

とある高校生斉藤くんがアニオタコスプレ主婦のあんずとコスプレをして、彼女が書いた台本通りにセックスにふける「ミクマリ」から始まる連作短編の本作ですが、そういったインデックスはどうでもいいです。

読んだ方の中にも「ミクマリ」自体をあまり評価されていない人がいますが、あんずに別れを告げた斉藤くんが自分の中に芽生えた気持ちを実感するシーンが「うわぁ、めちゃめちゃ男心わかってるなぁ」っと自分は感心してしまいましたし、「ミクマリ」以降も登場人物の突拍子の無い行動や、読んでいるこっちが気が滅入るような話にもちゃんと葛藤や、心の変遷が記されていて、読ませます。

「ミクマリ」以降、あんずを中心にした話、斉藤くんに想いを寄せる同級生の話、斉藤くんの友人の話、斉藤くん母の話と物語は展開していきます。そして、皆が陰と陽を背負って生きています。

そして、序盤の性や愛の形から、悪意、貧困、家族と様々な話に繋がって行きます。
どの登場人物も唾棄するような汚さと、抱きしめたいような愛しさを持っています。

それは、そのまま僕らの世界です。

個人的に田岡の言葉がかなり印象に残っています。
「余計なオプションつけるよな神様って。」
「おれは本当にとんでもないやつだから、それ以外のところでは、とんでもなくいいやつにならないとだめなんだ。」
彼自身の葛藤を端的に表したこの言葉はかなり色々考えさせられます。


生まれながらにして、人間はなんでか知らないけど、ジグソーパズルのピースのようなものを持っていて、
これにぴったりはまるピースが見つかったら幸せなんだと思い込んでいて。
一生懸命、欠けたピースを探すんだけど、なかなかピースが見つからなくて。
生まれながら結構ピースが埋まってる奴もいるし。
欠けたピースがもうこの世の中に存在しない奴もいる。
合わないピースを無理やり合わせている奴もいる。
僕の持っているピースに君のピースがぴったり納まるのに、君はそれに気付いていなかったり。
まったくあってないピースを合っていると言われたり。


読んでいる間、そんな事をずっと考えていました。

好きな本です。
言いたい事いっぱいあるんですけど、言葉にするのが難しい本だなぁ。

山本周五郎賞の受賞、おめでとうございます。
[PR]
by shimo_g | 2011-05-19 01:13 | 漫画・小説

残念です。
上原美優さんが亡くなったニュース。

結構衝撃を受けました。

タレントとしてどうこうってのは置いといて。
楽しそうに貧乏話をする彼女は好きでした。
熱心に追っかける気もないけど、出てたら観ても良いなぁぐらい。

「生きたくとも生きられない人がいる」
「死ぬ気があれば何でも出来る」
そんなペラペラな言葉言う気もしません。

「生きてれば良い事もある」も気休めみたいなもの。

ただただ、残念です。

「誰か相談出来なかったのか」
「何かしらのサインがあったはず」
そうやって周りの人を追い詰めるの辞めましょうよ…「助けてあげれなかった」と一生背負ってくのに。

ご冥福を祈ります。
[PR]
by shimo_g | 2011-05-12 19:52 | 観察日記。

雅-miyavi- / LIVE IN LONDON 2011
【今、世界に一番近い男】

WHAT’S MY NAME?

雅-MIYAVI- / EMIミュージックジャパン


※配信限定ではないはずですが、画像がなかったので前作です。

個人的に2010年のベストは雅-miyavi-の「WHAT'S MY NAME?」でした。
超絶といえるギター奏法に、ドラムとギターのみシンプルな構成でありながら、ハードロック、コア、ファンク、ダンス、ブルースなどぶち込んだ本当に凄いアルバムでした。

多くのアーティストが彼をリスペクトしている状況も凄いですね。
布袋や椎名林檎も絶賛だし。グッドシャーロットのジョエルは「ベースプレイヤーに転向しようと思った」なんて言っちゃってます。
本作はヨーロッパツアーのロンドン公演のLIVEを音源化したものです。
スタジオアルバムも凄い内容だったのですが、LIVEアルバムはまたもの凄い事になってます。

観客の絶叫に被せるように鳴り響く、序盤から尋常じゃないフレーズのギターが楽しめる#1.WHAT'S MY NAMEっ!!!BOBOのスネアの抜け、バスドラの鳴動もとても気持ち良く、のっけからたまんないね。続く#2.UNIVERSEはイントロのギターがもう何やってんだw何弾いてるか全然わかんねぇwすげぇかっこいいしな。ココもBOBOさんのスネアから、一気にmiyaviのテンションがあがるとこが凄い。そしてそして、イントロだけで会場が一気にヒートアップする#3.SURVIVEっ!!!とにかくグルーブが尋常じゃないっ!2つの楽器でここまでのグルーブが作り出せる事に感動する。ギターを叩くように弾くmiyaviの姿が目に浮かぶよう。ラストは失禁レベル。

またもやたまんないギターフレーズから、最高のイントロの#4.CHILLIN' CHILLIN' MONEY BLUE$っ!クソかっこいい!BLUESという名前だけあって、速い曲じゃないのですが、随所に見られるテクのあるギター、ちょいとハスキーなmiyaviのボーカルが完全に科学反応を起こしている。最高。
そして#5.I LOVE YOU, I LOVE YOU, I LOVE YOU, AND I HATE YOU.っ!イントロから泣けるギター、そして絶妙なハイハットに絡みあうボーカル。疾走感と切なさを併せ持つ佳曲。そしてここで英語で長めのMC。内容は言わないが無音が続くのが、感動的。
幽玄的なギターアルペジオを爪弾く#6.GRAVITY。中盤からとてつもない破壊衝動にぶちまけるボーカル、ギター、ドラムに唖然。熱が凄い。
楽曲終わりにちょいと入れる遊びみたいなパートがめっちゃくちゃかっこよい。そしてここで「LIVEアルバム出すよ」ってMCで観客絶叫w
そこから入る#7.MOON。パーカッションとギターの絡みがホントたまんないね。スタジオアルバムとフレーズが違う部分もあって、面白いし。この曲でクラップするロンドンの観客も面白いなw日本だと静かに聴き入りそうな感じがする。
そしてとてもセクシーな#8.We love you~世界は君を愛してる~。またもやパーカッションとギターの絡みがたまんないんだけど、シンガロングが素晴らしいくて途中の「Sing for Japan!」で目頭が熱くなる。LIVE音源だから、どのぐらい日本人がいるかわからないんだけど、ロンドンの人達が日本語の曲をこれだけ力強く歌ってくれる事がうれしいな。
ここでBOBOのドラムソロ。これがまた圧倒的。タムがほとんどない構成なので、タム回しで楽しむ構成じゃないんだけど、1音1音がずしんっと来る。そしてmiyaviのギターソロ、もうなんじゃこりゃって感じwクソかっこいいっ!

そして、ラストへ向けて一気に加速するビートっ!#9.S.M.F.Bっ!!!!!!!!メインのギターリフの破壊力が尋常じゃない!ぶち切れのボーカルっ!明らかに手数が増えたドラムっ!本当に奇跡の3分だよ。
ラストは#10.FUTURISTIC LOVEで狂熱のダンスフロアへっ!ハウスのように4つ打ちのバスドラに、尋常じゃない切れ味のギターフレーズが縦横無尽に駆け巡るっ!15分という長尺でLIVEの熱狂ぶりがわかりますわ。

なんかもうゴチャゴチャ言いたくなくて、ホント、スタジオアルバムでも良いから聴いて欲しい。
マジで、これ嫌いなロック好きなんているはずがないって!
日本での過小評価がホント腹立たしいw

本当に、本当に、今、世界を魅了できる男だと確信しています。
今年はロックフェスに多数出演する彼、絶対多くのファンを獲得すると確信しています。

世界をひっくり返してくれっ!!!!!!!!!

最後に公式の「WHAT'S MY NAME」のPVを貼っておきます。



これ観てダメならしょうがない。
[PR]
by shimo_g | 2011-05-08 11:26 | 音楽

plenty / 人との距離のはかり方
【このバンド、魔法使えます。】

1st ep「人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり」

plenty / headphone music label



ブログをやってない間もそこそこ音楽は聴いてまして。
今年は特に1月~3月に邦楽の力作が揃っていたと思います。

んで、たぶん今年一番の聴いているのが、plentyというバンドのこのシングルです。
トリプルA面仕様で、3曲とも甲乙付けがたい傑作です。
自分の再生回数も3曲とも500回近いので、どうかしていると思います。

plenty(プレンティ)は茨城出身の3ピースバンドです。
メンバーは以下の3人。
Vocal/Guitar 江沼 郁弥
Bass 新田 紀彰
Drums 吉岡 紘希
皆、二十歳そこそこだったはず。

このシングルの前にアルバム2枚出してます。こちらも傑作なのですが、このシングルは彼らにとってはおそらく外に発信しようと言う気持ちが強かったのかな?っと勝手に思っていて、彼らの魅力と共にかなり聴きやすい楽曲になってます。んでは、曲紹介。

最初の江沼君のボーカルとギターで一気に彼らの世界に持っていかれる#1.人との距離のはかり方。「言葉にするだけ無駄かもな/でも、言葉にしなくちゃ駄目だよな」というサビの1文で完全にやられます。温かいリズム隊の演奏や、中盤からラストへ向けて鳴り続けるバックのフレーズが温かくて切なくて、涙を誘います。
続く#2.最近どうなの?。イントロのギターのストロークで感じる哀愁、そしてそれをブーストし続ける江沼君の子供のようなハイトーンのボーカルがとにかく秀逸。リズム隊も堅実。
ラストの#3.人間そっくり。イントロのギターの間が凄い。なんも特別な事をやってないのに、世界に引き込まれる。そういう間。中盤からラストに掛けて聴ける江沼君の心の絶叫のようなハイトーンのボーカルが圧巻。決して叫ぶわけじゃなにのに、胸をとにかく掻き毟り続ける。素晴らしい。

まず江沼君のボーカルは怖いぐらいに人の心にコミットする力がある。
ミスチルの桜井さんや、バンプの藤原君、ラッドの洋次郎君のようになんだかよくわかんないけど、1回聴いたら忘れられなくて、浸透圧が低いボーカルってあるじゃない?そういうタイプ。
しかも江沼君の場合、ボーカルが綺麗なハイトーンで、ファルセットじゃなくて地声が高いから、もの凄い個性になっている。この声聴くだけで、ちょっと切なくなるもの。

とはいえ、それだけじゃここまで褒めてなくて、なんと言っても曲自体の出来が尋常じゃない。
テクニカルなわけじゃないけど、コードを掻き鳴らした瞬間に世界が出来上がるような魔法があるんだよね。
weezerとかそういうレベル。

歌詞も良くて、
「悲しいニュースもリモコンで変わるよ/なんか他人事のよう 観客のよう」
「戯けることだけ上手くなる/それでも明るく生きてます」
など、ドキッとするような言葉があって、読めば読むほど伝わってくるものがあります。

今月発売の新曲も非常に楽しみです。

「人との距離のはかり方」は既に自分の人生の中でも大切な1曲になってます。
[PR]
by shimo_g | 2011-05-03 01:10 | 音楽

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング