ももいろクローバー / ももいろクリスマス in 日本青年館 ~脱皮:DAPPI~
【全力だからこそ、その涙に意味がある】

ももいろクリスマス in 日本青年館~脱皮:DAPPI~ [DVD]

ももいろクローバー / キングレコード



ある日のTBSラジオ。
竹内香苗アナが「ももクロ良いですよ。竹山さんも聴いてみて下さい」とのこと。

俺、竹山じゃないけど、あまりそういう主張をしない竹内アナが言うなら聴いてみようかと思い、youtubeで早速探します。

…絶句…でした。

なんて!なんて!熱いんだこの子達は!アイドルなんてジャンル簡単に飛び越えてんじゃねぇか!
リミッターを完全にぶちきったダンスに本当に感動。

んで、次の日仕事を早めに切り上げて、渋谷のタワレコへ。
音源よりもLIVEが観たいと思いこのDVDを購入。毎日家で観てます。

それでは曲紹介。

モノローグの映像から#1.ももいろクローバー参上!!で一気に上がるフロアのテンション、「オイ!オイ!」と野太い野郎の声w。そして#2.走れ!へ、オープニングで幕に投影される6人のシルエット。力強い6人の歌声で開ける幕に、ファンも狂乱。そして既に感極まっているのか、泣き声で歌えない"れにちゃん"にこちらも感動。間髪入れずに#3.Believe。玉置成美のカヴァーだけど、サビの6人のフォーメーションやキメが綺麗で、自分達の物にしているなぁ。畳み込むように#4.ピンキージョーンズっ!「逆境こそがチャンスだぜ」「一生一度の青春だぜ」「天下を獲りに行くぜ」などおそらく今の彼女達の姿勢や、スタッフの想いも強く現れた楽曲。これを全力でやるんだから応援したくなっちゃうわ。

んで、最初のMC。すでに堪え切れず泣いちゃう"しおりん"。かわいらしいw。
しかし、アイドルの自己紹介っていつもムズムズするw。うん、やっぱちょっとはずかしい。

MC終わりでmoveの#5.words of the mind -brand new journey-。これがまた、彼女達の楽曲かと錯覚するぐらいこなれてる。"あかりん"が務めるラップ部分も悪くないしね。ここまでガンガンに来たとこで初期曲らしい#6.ラフスタイルっ!とにかくメロがやばいし、自己主張が強過ぎないボーカルだからこそ切なさに繋がっているね。これ、化学反応なのかな?スタッフ狙ってるなら凄いな。続く#7.きみゆきは、わかりやすいアイドルソングの王道。彼女達って攻めた楽曲が多いので、こういうのが逆に新鮮に見えるね。でも、こういう曲はアルバムに1曲、2曲にして欲しいけど。

一旦メンバーが掃けて、衣装を変えリフトアップで登場する6人。音に合わせて、徐々にポーズを変え、掛けていたサングラスを投げての繋ぎ、あぁこういう演出をちょいちょい入れるのは大事だな。そして#8.全力少女#9.ももいろパンチと続くのですが、このあたりで"れにちゃん"が完全にリミッターを切りはじめる。人一倍大きく、力強くダンスする彼女は凄いわ。

カヴァー曲(誰だっけ?)#10.気分はSuper Girl!での、観客との掛け合いもなかなか見応えある。そして、オリエンタルなイントロから#11.未来へススメ!っ!全員で熱唱できるメロとアンバランスなほどの激しいダンスにゾクゾクする。彼女達のキラッキラの笑顔も素敵。

…おじさんは汚れちまったな…とか思っちゃう…

ここでMCから"あかりん"、"しおりん"のソロへ。ここはお楽しみとして、特に解説せず。

さて、怒涛の、怒涛の後半戦っ!
#14.ココ☆ナツっ!サビの歌詞がほとんど「コ」だけと攻めまくって、ヒステリックなキーボの音色も印象深いのですが、もう"あーりん"の「ずっきゅぅん♪」で完全にやられます。はい、やられます。そして#15.キミとセカイっ!!!0.1秒からぶち上げるテンションや、"しおりん"のBメロの泣きっぷり、サビでの"れにちゃん"の「首もげちゃうんじゃないの?」ぐらいの激しさも凄いっ!シンバルのキメの部分は振るえくるぐらいかっこいい!個人的にはこの曲が一番好きかも。
さらに彼女達の代表曲#16.行くぜっ!怪盗少女っ!!!サビの破壊力が尋常じゃないっ!そして完全に全員のリミッターが切れたダンスにホントに感動的。「がんばれ!」ってなるもん。そしてアイドルの歴史を塗り替える"カナコ"のエビ反り大ジャンプっと見所満載っすわ。
本編ラストは#17.オレンジノート。6人のユニゾンはやはり力強い。以外なほど低音のメリハリが効いていて、キレがいいね。メロも良くて青春感満載のラスト。

アンコールは#18.ミライボウル。ミュージカル調な序盤から、サビで一気にエレクトロへの転調が中毒性をあげる。ダンスもかわいらしさと、はっちゃけた感じが楽しいね。"カナコ"が歌うブリッジ部分の泣きメロっぷりも良い。
そして、カヴァーの#19.ツヨクツヨク。mihimaruG.Tの代表曲も、彼女達が歌う事で6人という声の強さ、全力感が青春ソングの切なさを際立たせる。
ラストの#20.あの空へ向かってで、ファンが皆白いサイリュームに持ち替えたのを観て、思わず声をあげて驚き涙を流す彼女達。キラッキラの笑顔とキラッキラの涙が印象に残るラストに思わずぐっと来る。

ももクロの魅力は多岐に渡る。いっその事QuickJapanの記事を読んで欲しい。
ももクロの魅力を非常にわかりやすく解説している。

かわいいだけならもっといるだろう。
歌だってめちゃめちゃうまいわけじゃない。
ダンスだってもっとクールにかっこよく決める人たちもいっぱいいる。

だけどそれだけじゃないだろう?
僕らが音楽に惚れるのはそれだけじゃないだろう?

いつか燃え尽きる命をどのぐらいの熱で燃やせるかって事じゃないか。

アイドルは予定調和の世界だと思う。

だけど、彼女達には"熱"がある。青春を燃やし尽くそうと全力を出している。

観ればわかる。

1曲終わる事に肩で息しつつも、笑顔絶やさず、さらに尋常じゃないダンスを繰り返す姿はプロ以外の何物でもない。

そんなん観たら、応援したくなるじゃないの。
泥臭くたって全力なのはかっこいいじゃないの。

どこまで熱く燃えるのか?本当に楽しみな人達だと思う。
いわゆるアイドルを好きになるのは本当に久しぶり。好きになり方はアイドルとは全然違うけど。

だけど、好きになって良かったと彼女達のキラッキラの笑顔を見る度に思うのです。

天下獲ってほしいなぁ。いや、獲れるはず!


とりあえず、youtubeを張ります。
これを観てピンと来たら、このDVD購入しても後悔しないはず。

ももいろクローバー / 行くぜっ!怪盗少女


俺?俺は"あーりん"が好き。

それにしてもライフログ並べると、ガンズの次にももクロなのか。
なんなんだ俺。
[PR]
# by shimo_g | 2011-04-30 00:02 | 音楽

再会の狼煙。
こんばんわ。

皆様お久しぶりでございます。shimo-gでございます。
といっても、粒さにチェックしている人などもういないでしょうがw

えっと、大分開きましたが、ブログ「そうずら。」再開致します。

一時、再開宣言をしたのですが、パソコン調子が結局悪くなってしまい
そのままフェードアウトでしたが、ようやくパソコンを購入しました。

更新頻度はあんま決めません。前はこっそり3日に1件でした。

ゆるゆるとお付き合い下さい。

音楽、読書、ゲームなんかについてぐだぐだまた書きます。
日記も書きます。

とりあえず、次回予告は"ももいろクローバー"のDVDのご紹介を。
えぇ、まさかまさかのアイドルですよ。

でも、彼女達はぬるいロックバンドを一蹴するようなパフォーマンスが出来ると思います。

多くの自称音楽好きの偏見を叩き壊しに行きますっ!
[PR]
# by shimo_g | 2011-04-27 23:48 | 観察日記。

私には影響力がないので。
こんにちわ。

まったく影響力ないけど、言わせてください。


がんばれっ!

超がんばれっ!


みんな、生きていてください。
[PR]
# by shimo_g | 2011-03-13 13:26 | 観察日記。

お久しぶり。
やっぱりパソコンの電源入らなくなりました。
んー早いとこ買わないとなぁ。

iPhoneに機種変更したので、今はiPhoneから書いてます。
現在の主戦場はtwitterですね。

興味がある方は@shimog777をフォローして下さい。
まぁ、いないと思うがw

なかなか更新出来ないですが、また何かかければ良いなぁ
[PR]
# by shimo_g | 2010-11-06 10:20 | 観察日記。

高橋 優 / 僕らの平成ロックンロール
【正義とは何か。】

僕らの平成ロックンロール

高橋優 / AITSURA LABEL



買いました。
最高ですわ。

そしてメッセージが熱いっ!ホント良いと思います。

軽快なアコーディオンの音色に絡むアコギと、雷鳴のようなドラム、そして社会の波に闘いを挑む男の哀愁がある歌詞も良い#1.鯱で幕を開けるこのアルバム。既視感がありつつも新しい音世界に期待が高まります。
そしてそして、現段階で彼の代表曲と言える#2.こどものうたっ!!!!!歌詞が痛くて痛くて胸を掻き毟りますわ。特に"母"と"子"の掛け合い部分の絶望感と、それでも愛すしかないという人間の描き方が衝撃的です。
さらに、もう14歳ぐらいの俺に聴かせたかった#3.16歳っ!!!ピアノの音色に乗る、彼の歌声のやさしさが、言葉には出来ないあの頃の焦燥感や、不満や、不安の傷跡を指でなぞっていくような感覚がする。
そして、「やられたままやり返すことでしか愛も憎しみも 広がっていかないんだとしたら 僕はせめて誰かを愛したい」というフレーズに目頭が熱く、熱くなります。
ワウで歪めたギターに乗せて、人の営みは孤独であっても皆誰かに愛されて、そしてまた愛していくだけじゃないかと歌う#4.風前の灯。ラストのピアノがたまんねぇ。
男の欲望を赤裸々に歌う#5.頭の中そればっかり。ベースラインが尋常じゃなくカッコいいし、途中で入るラテンな感じもたまらない。こういう歌も歌えるっていうか、作ってアルバムに入れるのがいいね。良いアクセントです。
そしてそして、もうイントロからメロメロになってしまう#6.駱駝っ!!!!なんというか、子供の頃一緒にイタズラしたような子が、ふっと言った言葉の反社会性がその時の僕らの勇気になるような確信を全体に感じる。「常識なんてクソだから」、「世間体なんてカスだから」っていいなぁ。
ラストは言葉で上手く言えなくとも、ずっと見守っているよと歌う#7.友へ。手垢のついたような言葉なのに、ここまでの彼の曲を聴いているとど真ん中にズドンっとくるよ。ラストの泣き笑い感もたまんねぇっす。

メロのセンスが独特というわけでもないのですが、彼の言葉や歌声はホントに自分のど真ん中に来ます。

なんというか、彼の中の"正義"みたいなもんが、自分と似ている感じがするのです。

犯罪者をとにかく見下して、誰からも批判されないような"正義"ばかり目に付く世の中。

そんなお手軽なストレス解消法より、

誰かの役に立ったり、
誰かのそばにいてあげたり、
誰かの背中を押してあげられる

そういう人間でありたいと、彼の曲を聴くたびに思うのです。
[PR]
# by shimo_G | 2010-08-20 22:51 | 音楽

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング