そして扉が閉ざされた / 岡嶋二人
そして扉が閉ざされた
岡嶋 二人 / 講談社
ISBN : 406184816X

岡嶋二人は徳山諄一、井上泉の二人によるコンビ名。共著ってことですね。
昔「殺人者志願」かなんか読んだのですが、そつがなくまとまりのあるミステリーを書くなぁっと思っていて。「チョコレートゲーム」も非常に楽しくてね。

なんとなく、読みたい本がなかったので手にとってみました。

いやぁ、序盤からかなり飛ばしてますなぁ。

目が覚めた時には地下の核シェルターに閉じ込められていた大学生の4人。最後の記憶は咲子の母親に呼び出されて、ジュースを飲まされた事だ。どうやら睡眠薬が混入されていたらしい。戸惑う4人。しかし、トイレに書かれた文字を見て愕然とする。

「お前たちが殺した」

3ヶ月前。アルファロメオに乗った咲子は崖から落ちて亡くなった。警察の見解も事故ということになっていたが、咲子の母、雅代はそれに納得せず、3ヶ月前咲子と時間を共にしていた4人を所有する核シェルターに閉じ込めたのだ。
脱出を試みつつも、咲子の死について考え始める4人。自殺なのか、事故なのか、殺人なのか。

そして彼らは真相に辿り着く。

ってな感じですかね。
普通に読書をする方なら、これを読んでつまんないという人はいないと思います。

軽い気持ちで読むのもありですな。
[PR]
by shimo_G | 2008-06-21 03:35 | 漫画・小説
<< 金色のガッシュ!! / 雷句 誠 ZIP TUNE PARTY ... >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
hard drive d..
from hard drive data
Kizi Friv
from Kizi Friv
でんぱ組.inc 最新情..
from Nowpie (なうぴー) ..
ピアノ博士
from ピアノ博士
ボン・ジョヴィ 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
2016/03
2015/05
2014/10
検索
その他のジャンル
記事ランキング